結婚を機に20代の普通の会社員が「初めて」投資をするなら何をすべきか。

投資 20代 初めての投資 積立投資 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

部下から結婚するにあたり、資産運用をすべきかという相談です。

なぜ資産運用をしたいのか?と聞くと、

「将来の年金が心配なので」

20代の若者が老後の年金の心配をするなんて、世も末だなと思いながら、

20代の若いうちから資産運用をすることは「時間」を味方につけた複利運用が可能なので、大賛成です。

早く始めれば始めるほど最強なので、するべきですが、

では、初めての資産運用では何をすべきか?

皆さんも一緒に考えてみてください。

スポンサーリンク

20代の普通のサラリーマンが初めての資産運用では何をしていくか

部下の相談を受けて私が話したことは、概ね次のようなことです。

  • 資産運用ありきではなく、まずは資産運用を続ける体制づくりが大切
  • つまり、きちんと毎年貯金ができるようにしておく
  • 生活防衛資金を作る(生活費×6か月以上)
  • 生活防衛資金は手元に置いておき手をつけない
  • 夫婦でお金の価値観を合わせておくこと

いきなり資産運用という「攻め」のことを考えるのではなく、お金を貯め続けられる「守り」を固めましょうということです。

資産運用は短期で結果は出ず、長期戦です。

そのため、長期戦を戦うための準備が必要ということですね。

長期戦を戦える条件が揃っているならば

話を聞いてみると、すでにしっかりとした貯金体質ができているようだったので、資産運用にも興味を持ち始めているようです。

長期戦に望んでいける気持ちと貯金ができる仕組みが作られていれば、資産運用に手を出していきましょう。

もし月に3万円の積立貯金ができているならば、3万円のうち1万円を積立投資に回していくという方法で始めてみます。

3割を投資です。

貯金額の増加と投資の慣れが出てくれば、徐々に上げていけばいいでしょう。

具体的な投資先は、インデックスファンドでいいでしょう。

そして、インデックスファンドへの積立投資を継続することが大切で、途中で寄り道せずにその積立投資はなかったものとして、淡々と積み上げるべきということを伝えています。

いくら投資をすればいいか?というのは、

現金と投資資産の割合は、

◎現金比率=年齢

がシンプルです。

 現金比率投資比率
20歳20%80%
30歳30%70%
40歳40%60%
50歳50%50%
60歳60%40%

30歳であれば、7割は投資に回していくという発想です。

何に投資すべきか

具体的な積立先の商品は、自身で考えるべきことですが、

王道は、

から選ぶのが無難な選択肢です。

売買手数料はゼロで購入でき、信託報酬もわずかです。

もし月に1万円積立を10年続ければいくらになるのか

10年淡々と積立しておけば、過去の傾向では、元本割れリスクは小さいと考えられます。

楽天証券のシミュレーションツールで試算してみます。

利回り5%で運用できれば、

楽天証券 月1万円 10年積立 利回り5%

楽天証券のシミュレーションツールを利用

120万円の元本に対して、35万円も増える計算です。

インデックスファンドによる積立投資で複利運用ができますので、ただすべきことは淡々と積み立てることです。

資産配分も分散する場合は、バランスファンドを一本購入することだけでも、リスク分散が可能です。

が候補になってきます。

大きく儲からないが市場の平均点を取れる

資産運用というと大きく稼げるイメージはありますが、とくにインデックス投資の場合は、10年では大きく儲かることはありません。

先の例では、月1万円積立を10年続けて、5%運用で35万円ほど増える計算です。

ただ、銀行預金に預けておくよりは、はるかに良いパフォーマンスを得られますし、20年、30年と続けていけば、大きな資産となっていきます。

市場平均と同じリターンを得ることができます。

楽天証券を利用した資産シミュレーションです。

20年積立をした場合、利回り5%であれば、約400万円にもなり、積立金額のほぼ2倍となります。

結婚当初からわずか1万円を愚直に続ければ、子どもの教育費に十分なってきます。

楽天証券 月1万円 20年積立 利回り5%

楽天証券のシミュレーションツールを利用

30年と投資期間を伸ばした場合は、360万円の積立に対して、830万円にも増える計算です。

楽天証券 月1万円 30年積立 利回り5%

楽天証券のシミュレーションツールを利用

老後資金の一助になることは間違いありません。

複利運用がどれだけすごいか実感できますね。

スポンサーリンク

20代からの資産運用は条件付きで大賛成

実際に部下が私の話を聞いて、資産運用をするかはわかりません(なぜ、私が資産運用をしているのを知っているのかのほうが気になりましたがw、多分、いつかの飲み会の席で言ってた気がする)。

この記事を読んでくれているあなたも、もし20代であれば、資産運用はすぐに始めることで複利運用が大きな力となって味方になってくれるでしょう。

資産運用を始めるにあたっては、

  • 毎月入金できる貯金体制を作る(守りをしっかり!)
  • 生活防衛資金を用意し手をつけない
  • 生活防衛資金の目安は月の生活費×6ヶ月以上
  • 夫婦の場合は、相方の同意を得ておく

これさえクリアしておけば、今すぐにでも資産運用を始めることで、「時間」を味方にした複利運用の効果が大きくなっていきます。

また、20年も積立続けられるか分からないけど、手元に余裕資金が200万円あるという場合には、

200万円を20年で割って、年10万円ずつ積立していくというのも良い方法です。

確実に20年間積立できるわけですから。

給料からの余剰があれば、スポットで追加投資すれば、資産を大きくしていけます。

  • 毎月積立投資をする
  • 余剰資金を投資期間を設定し、分割して投資(スポット買いも織り交ぜる)

がいいですね。

また、譲渡所得税20%が20年間非課税となる「つみたてNISA」を利用するのがいいでしょう。

余談ですが、対面対応のある銀行に相談に行こうとしていましたが、全くお勧めしませんでした。

SBI証券 楽天証券のほうがコストも安く、投資先の乗り換え案内もないので、気長に投資できます。

複利運用をしていくことを知ったうえで、投資をしていくことが資産形成につながりますね。

若いうちから資産運用に興味を持つことはとてもいいことですね。

あとは、愚直に続けるだけです。

特にインデックスファンドへの投資は、続けることで成果が出ます。

私は10以上の証券口座を開設しましたが、安定して使いやすいのはSBI証券 楽天証券です。

米国株など海外の株にも投資を考えているならばSBI証券 、楽天スーパーポイントも貯めるなら楽天証券を持っておきましょう。

2つ口座を持っておけば、使い分けでもできるので便利です。

楽天証券は残高が30万円を越えれば、日経テレコンを利用できるという隠れたメリットもあります。

この機会に証券口座を作っておきましょう。

読んでおきたい本は、こちら。

created by Rinker
¥1,620(2019/02/20 22:43:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,296(2019/02/20 17:20:52時点 Amazon調べ-詳細)

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
福岡県行橋市(iPadなど家電)(福岡県行橋市)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

Apple watchシリーズ4(福岡県行橋市)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

ふるさと納税認知度・利用度No.1のふるさと納税サイト。
ランキング別で返礼品を探すことができるので探しやすい。
また、定期便利用の自治体を多くそろえているので、一度の手続きで複数の返礼品ももらうこともできる。

おさいふプラス

コメント