家計の味方!イオン銀行で住宅ローンを借りると家計の節約になる

イオン銀行
スポンサーリンク

「イオン銀行」は住宅ローンも取り扱っているってご存知ですか。

イオンを日ごろから利用されている方は、イオン銀行やイオンカードを持っている方も多いとは思いますが、住宅ローンもあります。

店舗相談ができる住宅ローンでは最強クラス

ネット銀行並みの変動金利を実現していることや、特典がすごいですよね。10年固定金利についても、驚くほどの安い金利を提示している銀行です。

事前審査は、webから申し込みができますのでそれほど手間がかかりません。

日銀のマイナス金利が導入され、事前審査の申し込みは1万件と過去最高に膨らんでいるようです。

ネット経由で申し込みが殺到している状況は、みなイオン銀行の良さを知っているからなんですね。イオン系列で買い物をしている人は、生活コストを下げてくれる銀行とも言えそうです。

イオンユーザーでマイホームを購入を考えている方には、イオン銀行の住宅ローンは検討の価値大いにありですよ。

出典:イオン

スポンサーリンク

イオン銀行の住宅ローンは魅力がいっぱい!

イオン銀行・住宅ローンは調べれば調べるほど、メリットの多い住宅ローンです。

変動金利はネット銀行クラス!

イオン銀行の変動金利は、店舗相談ができるのにもかかわらず、ネット銀行並み、あるいはそれ以上の低金利を実現しています。

変動金利は0.49%(借換、新規は0.57%)で、住信SBIネット銀行0.428%(0.65%から引き下げ!)、楽天銀行0.658%などよりも更に低い金利です。2018年9月適用金利

これはかなり安いですね。

3,000万円・35年借入・ボーナス払いでシミュレーションすると、月々78,807円で済みます。

イオン銀行

0.5%台の金利ってめちゃくちゃ安いですね。変動金利はしばらく動いていないので、このまま続くとなると利息負担がかなり低いです。

当初10年固定も低い!

また、当初10年固定では0.69%(2018年9月適用金利)と、これまた低い金利です。

日銀のマイナス金利導入により、長期金利が一時初のマイナス(▲0.035%)となり、初めて0.0%を下回っています。これにより、長期金利と連動する固定金利もさらに下がる可能性がありますね。

イオン銀行の10年固定はさらに魅力になるかもしれません。

三菱UFJ銀行が1.05%(4月は0.9%、三井住友0.55%・みずほは0.9%)、住信SBIネット銀行0.79%、となっていますね。当初10年固定であればイオン銀行に軍配ですね。

イオン銀行は2015年まで年1.1%でしたので、思い切って下げてきましたね。

住宅ローンを借りる私たちとしては選択肢が増えましたね。マイナス金利でメガバンクもネット銀行並みに下げてきています。イオン銀行も今後、さらに下げる可能性がありますね。

変動金利・当初10年固定の金利

※いずれも手数料料率タイプ(借入金額×2.16%税込)、手数料定額型の場合は金利+0.2%(手数料は108,000円税込)

公式 イオン銀行

8大疾病保証も付けることができます

イオン銀行4

また、死亡や高度障害に加えて、ガン、脳卒中、急性心筋梗塞などの8大疾病保障をつけることができます。該当すれば住宅ローンはゼロ円になるというもの。

金利は0.3%上乗せになりますが、住宅ローンを借りる際に心配なのは何かあった時に住宅ローンが残ること。こうしたサービスを選ぶことができるのはいいですね。

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンであればこのサービスが、金利上乗せなしで利用できるので、当初10年固定と8大疾病保障については、住信SBIネット銀行が有利ですね。

住宅ローンのがん特約をつけるべき?2人に1人はがんの時代への備え
今や日本人の2人に1人はがんにかかるそうです。 住宅ローンを組む際に、がん特約をつけることができる銀行がありますが、つけるかどうか迷いますね。 父ががんとなり、義母ががんとなり、我が家もがん家系なのかなと思います。がんは身近な病気。ただ

保証料も無料で助かる!

イオン銀行2

住宅ローンを借りる場合に手数料で一番高額なのが保証料です。保証は銀行がもしものときのために、保証会社から返済してもらえるためにあるものですが、その保証料の負担は住宅ローンを借りるわたしたちが負担しなければなりません。

それが、イオン銀行の場合は、保証料が無料!です。これは嬉しいですね。

また、一部繰り上げ返済手数料も0円ですし、団体信用保険も0円でついています。これはネット銀行並みのサービス水準ですね。

公式 イオン銀行

イオンで相談ができる

ネット銀行の不安なところが対面相談ができない点にあると思いますが、ネット銀行並みの金利を実現しているイオン銀行は、全国のイオンで相談することができます。イオン銀行の口座を持っていない方でも相談は可能。

イオンなので、もちろんのこと土・日・祝の相談もできます。ほかの銀行だとなかなか休みの日に相談はできませんからね。平日に休めない家庭にとっては魅力的ですね。

スポンサーリンク

住宅ローン限定の特典が魅力的

イオンで住宅ローンを借りると、そのほかのプラス特典が多いのも魅力的です。ここまで特典の多い銀行はほかにはないのではないでしょうか。

毎日イオンでの買い物が5%OFF

イオン銀行3

一番の魅力は、イオンでの買い物が「毎日5%OFF」になるということです。これはすごいサービスですね。イオンは今でも20日・30日は5%OFFになりますが、それがいつでも5%OFFになるので普段の買い物代を節約することができますね。

我が家は、近くにイオンがなくイオンでの買い物をすることがほとんどありませんので、一番の魅力とも言えるこの特典を活用することができません。なのでイオン銀行で借りることはしませんでしたが、イオンユーザーにとってはかなり魅力的ですね。

もし、あなたがイオンユーザーであれば、住宅ローンの検討の第一候補に入れておきたい銀行です。

イオンゴールドカードが発行

このほか、イオンカードの特典に加えて、イオンカードゴールドカードを作ることができます。イオンカードは電子マネーWAONへのチャージが可能ですよね。そのイオンのゴールドカードの発行もできます。ゴールドカードを持っていれば、全国のイオンラウンジが無料で利用できるんですって。

そのほか海外補償保険が付帯するなど色々と特典があるカードですね。

⇒ イオンカード

スポンサーリンク

変動金利で借りるなら選択肢の一つに

AlexanderStein / Pixabay

住宅ローンを借りるのは、もうめちゃくちゃ頭を悩ましますよね。分かります。

どんな住宅ローンを選んだらいいんよ・・。ってそこに正解はありません。

100%の条件はありませんが、有利な住宅ローンはあります。

新築を買う場合は、戸建てでもマンションでも提携住宅ローンを提示されると思います。

でも、実は提携住宅ローン以外に良い商品があったりします。

そのひとつがイオン銀行であることは間違いなく言えますね。

窓口でも相談できるイオン銀行

イオン銀行はイオンでも相談できますし、WEBからでも事前審査(仮審査)を受けることができます。借り換えの方を考えている方も新規で借りようと思っている方も、検討する住宅ローンのひとつに是非してみてください。。

変動金利0.49%(借換、新規は0.57%)はすごい魅力的だなぁ(2018年9月適用金利)。今振り返るとイオンを利用しなくても、もっと検討しておけばよかったのかも!?

金利はローンの総返済額にも影響があるので、慎重に。でも、いつか決断を。

そして、日銀のマイナス金利政策により、10年固定金利も魅力です。借り換えの検討にもぜひいれるべきですね。

イオングループでの買い物が5%OFFに

また、繰り返しになりますが、イオン銀行で借りることで「イオンセレクトクラブ」を利用できるのメリット。

住宅ローンを借りることに加え、クレジットカードの「イオンカードセレクト」を利用することで、イオングループでの買い物が毎日5%安くなります。

カードを使って買い物をすると代金が5%割引されるわけです。

借入金額が1,000万円以上2,000万円未満であれば年間45万円、2,000万円以上の借入だと年間90万円までこの優待を受けることができます。

イオングループで買い物をする世帯にとって人気が高いのです。

公式 イオン銀行

イオン銀行で事前審査を受けておこう

家を買おうと考えているあなたにとってイオン銀行は選択肢として良い選択肢です。イオン銀行で住宅ローンを借りることで、イオンでの買い物が安くなるなど、日々の家計を強くしてくれる存在でもあります。(イオン銀行の)定期預金の金利もアップしますしね。

また、がん保障は、わずかな金利負担でつけられるのは、安心ですね。がん保険は不要かと。

まずは、事前審査を受けておきましょう

住宅ローンの審査に通るためにも早めにしておくといいですね。借りるときに、私も早めに事前審査を受けていましたが、時間的余裕を作ることができたのでよかったです。借りることができるかどうか、まずはその判断材料になりますからね。

受けるのは無料です。

イオン銀行住宅ローンのポイント
  • イオングループで毎日5%OFF
  • がん診断時に住宅ローンがゼロになる特典がわずか金利0.1%上乗せでできる
  • イオンゴールドが発行できる
  • イオン銀行の預金が上がる

【いますぐイオン銀行の事前審査の申し込みをしておこう】

公式 イオン銀行

住宅ローンは迷って当たり前です。イオン銀行はそんな悩みを解決してくれる頼もしい存在だと言えますね。

では。

イオン銀行変動金利ローン
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント