アメリカ株で配当をもらい続ける!米国株の取引のおすすめ証券会社は?

アメリカ 米国株(配当)
geralt / Pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英国のEU離脱で加速度的に円高が進んでいますね。私も円をドルに替えていたんですが、残留と予想して円安に振れると思って国民投票前に替えていました・・・。運無しトホホ。

さて、円高にも触れているところ、海の向こうアメリカの株式投資の勉強をしています。過去にもしたことがあったのですが、今年、参戦してみようと思っています。

アメリカ株は、日本でもブランド力のある企業がずらりと並んでいますが、利益率や配当利回りなど指標を見ると、日本株とは比べものにならないほどすごい企業が多いです。

1点注意点としては、日本株と比べて、為替の影響があること。当然、円高になればそれだけ資産は目減りすることになります。そのリスクを踏まえても魅力ある米国株。

どんな証券会社で取引をしたらいいの?

スポンサーリンク

アメリカ株の魅力とは?

50年以上増配を続けている会社も多い、アメリカ市場。ほんと、これはすごい。日本では花王が20年以上増配をしていますが、20年選手は花王だけ。

アメリカ株は、40年を超える企業も多いため、配当が資産を増やす仕組みづくりがしやすいですね。

例えば、P&Gやコカ・コーラ、ペプシなどはアメリカを代表する超優良企業です。ビザ(VISA)やマスターカードなども知らない人はいないのではないかな、というくらい強いブランド力を持っていますね。

こうしたグローバルに展開し、ブランド力のある企業に投資できるのも魅力です。

スポンサーリンク

マネックス証券がおすすめな理由

マネックス証券のスマートフォンアプリでの売買は、買付か売却かわかりづらいので(それで発注ミスして損したこともありますし)、あまり好きではないのですが、アメリカ株の投資を考えている場合は、グンを抜いて、マネックス証券がおすすめです。

理由は簡単です。マネックス証券と同じく、米国株を取り扱っているSBI証券と楽天証券とを比べると、手数料が断然安い!です。

マネックス証券4

SBI証券楽天証券は、最低25米ドルの手数料が必要。1ドル=100円としても、最低2,500円もの手数料が必要です。日本株を売買するときには、考えられない手数料の高さですね。もし、日本株でこの手数料提示している証券会社だったら、絶対に口座の開設しないわ、って感じです。

【追記】SBI証券は手数料値下げにより、マネックス証券と同じ手数料体系となります!SBI証券も使いやすくなりますね!

参考  SBI証券の発表

米国株の場合は、どうしても手数料が高くなってしまいますが、マネックス証券は最低5米ドルと5分の1程度で済みます。これは、目に見えて大きな違い。この理由だけでも、マネックス証券がおすすめです。

証券会社マネックス証券楽天証券SBI証券
売買手数料約定代金×0.45%約定代金×0.45%約定代金×0.45%
売買手数料②5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル5米ドル~上限20米ドル
30万円の場合11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)
取扱銘柄数約3,300約1,300約1,400
注文方法成行・指値・逆指値・ツイン指値成行・指値成行・指値
注文有効期限最大90日間当日中のみ最大15日米国営業日
発注可能時間24時間15時~翌日5時10時30分~19時
19時30分~翌5時
為替手数料(米ドル)25銭25銭25銭
住信SBIネット銀行利用で2銭
公式HP≫ マネックス証券≫ 楽天証券≫ SBI証券

特定口座での取引が可能

取扱銘柄数がダントツ多いマネックス証券ですが、特定口座での取引も可能です。つまり、原則として、確定申告は不要なわけです。これはかなりありがたいですね。

マネックス証券でのアメリカ株の取引き方法を簡単に解説します。

まず、外国株の口座を開設(無料)しておき、米国株取引を選択します。

マネックス証券

そのあとは、日本円をまず米ドルに替える必要があります。返還後20日以内であれば、米国株の売買手数料を還元するキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、タイミングを見ていました(上限あり)。

マネックス証券 アメリカ株

為替振替を選択すれば、米ドルへの返還ができます。

マネックス証券 為替

あとは、事前に入金している日本円を米ドルに替えるだけです。

マネックス証券 アメリカ株ログイン

とりあえず、夏のボーナスもありますし30万円ほど替えてみました。

マネックス証券 外貨

英国の国民投票後だったらかなりの円高で米ドルに替えることができていたので、悔やまれるところですが、為替は読めませんので仕方ないと思っています。

今回はiPhoneで有名なAppleの株を購入することにしました。Appleは誰もが知っている世界的な企業ですし、あのバフェットが購入していますね。

莫大な利益を生み出し、そして、配当も魅力的です。

マネックス証券 Apple マネックス証券 Apple

このところは、iPhoneの売れ行きにも天井が見えてきていますが、Appleはさらなる手を打ってくるでしょうし、培われた技術力、財務力はまさに魅力的ですしね。

ほかにも、投資情報を見れば、さまざまな銘柄の情報を見ることができるのもマネックス証券の魅力です。

マネックス証券 為替変更

スポンサーリンク

配当を回していく

株式投資のひとつの魅力としては、配当を得ることです。そして、安定して配当を出せる財務が優良な企業で、本業できちんとキャッシュを生み出せる企業というのは株を保有していてもありますね。

参考  ゆうちょ銀行の配当が入った!株主になるってどういうこと?

買った直後にあの英国・EU離脱の国民投票で離脱派決定だったので、すぐに含み損になりましたがまったく気にしていません。また、ボーナスあるいは毎月の貯金で余裕が出ればドルに替えて買い増しを検討していきたいと思います。

気になるアメリカ株は

気になっているアメリカ株です。かっこ内はティッカーシンボルです。

  • Apple(AAPL)
  • Amazonドットコム(AMZN)
  • P&G(PG)
  • ウォルマート・ストアーズ(WMT)
  • アルファベット(GOOGL)

厳選していきたいですね。

私はまずは、Apple株を買いました。

あのバフェットが追加投資したとニュースを見て、買ってて良かった!って思えましたね。

参考  ジョブズ亡き後のアップル株をバフェットが“爆買い”した12の理由

株式投資の魅力のひとつ、配当は家計を助けてくれる手段です。すぐに必要な資金でなければ、安定して配当を出せる企業に投資することが資産運用として家計の防衛力を高めてくれます。

※来年マイホームを買う予定のお金!など現金が必要な場合は、株式投資など値動きのある資産で運用するのは良くないのでご注意を。

アメリカ株を投資するならば、手数料の面からマネックス証券が一番おすすめです。

➡ マネックス証券の口座を開設してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
米国株(配当)株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
福岡県行橋市(iPadなど家電)(福岡県行橋市)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

Apple watchシリーズ4(福岡県行橋市)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

ふるさと納税認知度・利用度No.1のふるさと納税サイト。
ランキング別で返礼品を探すことができるので探しやすい。
また、定期便利用の自治体を多くそろえているので、一度の手続きで複数の返礼品ももらうこともできる。

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント

  1. アバター マッキー より:

    ジンさん、明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願い申し上げます。

    いくつか記事を読ませて頂いた感想ですが、正直なところ···

    「この人スゲェーな」

    という感じです。私の30代なかばなんて、働いてれば老後もなんとかナンじゃね?という実にお気楽な思考停止状態でした。給料もほとんどキャバクラと映画と本代に消えて、貯金はなきにひとしく、投資機会を損失しまくっていました。部屋にテレビもパソコンも無く、あるものは本と生活用品、衣服はユニクロばっかり、
    今も十分変わったオッサンですが、当時はもっと輪を掛けて変なオッサンでしたd=(^o^)=b←嬉しがってどうする←自分ツッコミ
    おかげでITバブルもリーマンショックもスルーできたとも言えますが···。

    本題に戻りましょう。
    「含み損を気にしない」

    これ、投資家にとって非常に重要な資質だと思います。以前紹介したももさんのような米国株式配当金再投資をされる方には特に重要だと思います。コモディティはちょっと違いますが、株、投資信託、債権、不動産、どれをとっても含み損に耐えられる分だけリターンも大きくなる面があると思います。

    あと、いつも丁寧なリコメントを頂いておりますが、面倒な時は放置、削除で全然構いませんので。

    • アバター ジン より:

      マッキ―様

      あけましておめでとうございます!
      こちらこそいつもありがとうございます。
      いえいえ、お褒めの言葉を頂きとても恐縮です。まだまだ実績が伴っていませんが、コツコツ実践していきたいと考えています。
      「含み損は気にしない」というより「気になるけど、だからといってファンドマネージャーのように決算がないので気にしない」
      が正直なところでしょうか。
      損切りもしていく必要があるかと思いますが、含み損を気にしないような銘柄に投資をしていくというのが大事かと思っています。

      コメントの返信は遅くなることもありますので、ご了承くださいませ。
      すべて目を通させていただいております。

      本年もどうぞよろしくお願い致します。

      ジン