格安SIM対抗の格安プラン「auピタットプラン」が本当に安いか試算。ちょいがっかり

auピタッとプラン スマホ42-min スマホ・格安スマホ
スポンサーリンク

auから新料金プランが発表になっていますね。

我が家もauを利用しているので気になっているところ。格安SIMにしたほうが料金は安くなりますが、家族の抵抗感を払しょくできていないのが現状です。

そんななか、auの新料金プラン発表後、auを使っている友人や同僚もプラン変更したって声を聞いて、気になったので調べてみました。

我が家は、iPhone6でLTEフラットプラン(月7GB)を利用しています。2年更新を迎えますが、機種変更はせずにこのままiPhone6を使いますので、その場合の料金シミュレーションです。

スポンサーリンク

au新料金「ピタットプラン」と「フラットプラン」

au新料金は、2種類あります。

ピタットプランフラットプランですが、特徴的なのはピタットプランですね。

使った容量に応じて、毎月料金が変わるというものです。今までは、定額でいくらってのが決まっていましたが、通話料のようにインターネットも使った分だけお金がかかるというプランです。

と言っても、内容は決まっており、~1GB、~2GB、~3GB、~5GB、5GB~20GBの5プランです。

月によっては、3GBまでしか使わなかった月は4,480円になるし、5GBを超えた場合は6,480円になるという感じですね。

auピタッとプラン2

出典:au

もうひとつのauフラットプランは、20GB、30GBのプランが用意されています。

毎月割を受けている人は、新プランに加入すると毎月割が受けられなくなります。また、新規あるいは機種変更でiPhoneを選んだ場合も新プランを利用できません。

我が家の現状(スマホ1台あたり)

まずは、現状の我が家のスマホ代がどのようになるのか。

その前に、今いくらになっているのかを調べました。

au料金比較 2017

今は月3,000円ほどとなっています。7GBまで使えるので、それで3,000円ほどでキャリアを持てるのだから、迷わずキャリアを選びますね。

iPhoneの機種代も無料でしたので、安くすることができました。端末代無料なのに毎月割を受けることができているからです。

≫ docomoからauにMNP一括でお得!?スマートフォン代の節約につながるか。

2年経過すると料金が上がる

auは更新月になる前にメールで連絡をしてくれるので、解約手数料がかからない月がいつかを調べずに分かるので助かりました。

今は、解約手数料がかからないのが1か月から2か月に伸びているので、ちょっと余裕が持てます。

2年を経過すると、毎月割▲2,445円 → 0円になり、auスマートバリューが▲1,410円 → ▲934円に縮小した結果、こうなりました。

au料金比較 2017

1台あたり、約6,000円となりました。これに、通話料が使った分だけかかってきますが、ほとんど電話することがなく、通話料は300円程度が多いですね。

スポンサーリンク

auピタットプランにした場合はどうなる?

auピタッとプラン スマホ42-min

auピタットプランを使う場合は、毎月変動するので、料金を抑えることができるかもしれません。イメージはこんな感じです。

auピタッとプラン スマホ42-min

出典:au

また、電話料金も5分以内であればカケホーダイであるスーパーカケホを利用した場合のシミュレーションをまとめました。

au料金比較 2017

私はいままで3GB程度で抑えらえれていましたが、最近は息子にユーチューブを見せたり、iPhoneで利用できるfacetimeを多用することもあって、6GB前後利用しています。

5GBを超えると、8,440円となってしまい、今よりも高くなってしまいますね。

なにより、驚きだったのが、毎月5GBを超えるのが確実な人にとっては、auピタットプランの20GBまでよりも、

auフラットプランの20GBまでのプランのほうが1,000円もお得

だということです。

5GBを超える人は、auフラットプラン(20GB)を選ぶ方がいいですね。

1年間だけはビッグニュース割引で、毎月▲1,000円となります。

au料金比較 2017

 

スポンサーリンク

au新プラン料金との比較結果

結局、auの新料金プランがお得かどうかを考えてみると、毎月5GB前後使っている我が家からすると、

今のままのプラン(LTEフラット・7GB)のほうがお得ということが分かりました。

au料金比較 2017

もう少しピタットプランの料金が下がると使いやすいようにも思いますが、

auさんもうちょっとがんばって!!

ってのが、正直なところです。

それでも、使う量に応じて料金が変わるというのを導入したのはいいですね。使わないのにもったいない!と思っていた人も多いので、無駄のない料金設定を選ぶことができます。

キャリアプランを使い続けるのは、キャリアはなにかあったときにすぐ聞けるってことですね。と言っても利用したことがないですけどw

auだと格安SIMを利用するとなると、

になりますね。

6GBを使おうと考えると、IIJmioは、iPhone6に対応しておらず、UQモバイルは3GB以上は速度の遅いプランしかありません。

このため、mineoのほうがいいですね。3GBまでだとUQ mobileに軍配ですが、それ以上は速度が遅いのでイライラしてしまいそう。

マイネオを利用すると、2,000円+オプションを付けて、3,000円~4,000円くらいになりそうです。キャリアを使い続けるより、月2,000円~3,000円くらい節約できそうですね。

以上、auピタットプランの料金比較をした結果でした。

ではでは。

スマホ・格安スマホ
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント