iPhone6とApple Watch Series3でSuicaを利用する方法を画像付きで解説

Apple watch suica 電子マネー

Apple watch(series3)を購入して、念願のApple payを利用することができるようになりました。

持っているiphoneは”6”であるため、Apple payを利用することができません。

Apple payが使えるのは、iphone7以降ですね。

mineo(マイネオ)を利用しているので、しばらくはiphone6を使い続ける予定です。

Apple watchのApple payでSuicaを利用しようとちょっとしたエラーが出てしまいました。その解決方法を画像付きで解説したいと思います。

Apple watchでSuicaを使う方法

Apple watch suica

SuicaはJR東日本管内ではもちろんのこと、交通電子マネーは相互利用できるので、JR西日本であったり、私鉄路線であっても利用できますね。

スゴイ便利なものです。

Apple payを利用する場合は、iphoneのアプリ「Wallet」を起動して、利用するクレジットカードをスキャンするだけでApple payが利用できるようになるんです。

iphone6だとカード追加できない

しかし、Apple watchで使いたいだけなのに、iphone6ではそもそもWalletにカード追加できません。

Apple watch suica

iphone6だとApple watchでSuicaを使えないのか・・!?

不安になりましたが、使える方法があります。

Suicaアプリを起動

Wallet経由では、iphone6の場合、Suicaを登録できませんが、Suicaアプリ経由で登録ができます。

まずは、Suicaアプリを起動させましょう(まだダウンロードしていなければダウンロードを)。

Apple watch suica

新規Suica発行ボタン(画面右上のボタン)を押します。

Apple watch suica

My Suica(記名式)

My Suica(記名式)で発行手続きを行います。

Apple watch suica

JR東日本の会員規約に同意します。

Apple watch suica

このあとは、年齢などSuica会員となるための情報を入力していきます。

もし、別のモバイルSuicaの登録をしている場合、同じメールアドレスは利用できません。

パスワード等はメモしておきましょう。

クレジットカードを登録する

会員登録が終わると、クレジットカードの登録です。

手持ちのSuica(ビックカメラSuicaカード)にチャージするクレジットカードを登録します。

初回のチャージは1,000円から1,000円単位で10,000円まですることができます。

自動でApple watchのWalletで利用可に

この時点で、Apple watchのWalletに自動でSuicaが登録され、利用することができるようになりました!

Apple watch suica

iphone6だと、Walletに登録すらできないので焦りましたが、Suicaアプリ経由で無事Apple watchでSuicaが使えるようになりましたね!

Apple watch suica

チャージ式はいくら入っているかがすぐ分からないのがあまり好みでなかったのですが、Apple watchだと残高が一目で分かるのがうれしいですね。

Apple watch suica

利用履歴は、iphoneでマイウォッチから見ることもできるので重宝します。

自動でエクスプレスカードに登録

Apple watchは、Apple payを利用する際には、サイドボタンのダブルクリックが必要です。

エクスプレスカードに登録しているカードは、このダブルクリックの作業を必要とせずに、Apple watchをかざすだけで利用できます。

Apple watch suica

改札を通る際にイチイチダブルクリックなんてしてられないので、この仕組みのおかげでストレスフリーに改札を通ることができます。

なお、Apple watchの盤面をかざさなくても改札を通れます。

すぐに連携しない場合

すぐにSuicaがApple watchのWalletと連携しない場合は、マイウォッチから簡単に登録できます。

Apple watch suica

カードを追加して、Suicaを登録すればOKです。

Apple watch suica

(上記キャプチャは自動でMy Suicaの登録ができているので、すでにSuicaマークが入っている状態です)

Apple watchは最高に便利

Apple watch suica

改札やコンビニなどの支払いの際に、iphoneやクレジットカードを出すことなく、Apple watchで支払えるのは想像以上に楽ちんです。

財布や定期入れを出す手間を省けるだけでなく、支払い履歴が残るので家計簿にもなりますね。

赤ちゃんを抱っこしたり、荷物が多いときなどにもさっと支払えるのも魅力です。

ではでは。

電子マネーApple
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント