ふるさと納税でもらえるベビーカー(エアバギー、サイベックス)や抱っこひもまで。

スポンサーリンク
エアバギー pexels-photo-1007773

ふるさと納税の醍醐味のひとつは、少ない負担でお得な返礼品をもらえることです。

自治体への寄付(ふるさと納税)をすることで、一時的にお金は出て行きますが、翌年の確定申告で税金控除をしてくれるので、実質的な負担は小さく済みます(2,000円の負担のみ)。

子どもが生まれると必ず必要になってくるベビーカー。

これも、ふるさと納税でもらうことができてしまうのです。

スポンサーリンク

エアバギーがもらえる

ふるさと納税 エアバギー noma-style2

ベビーカーの中でも人気が高いエアバギー。

そのタイヤが秘訣ですね。我が家もエアバギーを使っていますが、でこぼこ道でもスイスイ進んでいくことができます。

また、安定性が抜群なので、子どもが寝ているときにその効果を発揮してくれます。

ちょっとしたことで赤ちゃんは起きてしますので、「あーせっかく寝たのに・・・」と親なら誰しも思うところです。

そうしたときに、エアバギーはあまりガタガタしないので、安心です。

買い物エアバギーIMG_5488-min

noma-styleは、南相馬市のふるさと納税です。

そのnoma-styleでは、いろんなベビー用品も返礼品として取り扱っていますが、エアバギーを準備しています。

寄付額は13万円台から24万円までと、幅広くそろえていますね。

≫ 今すぐnoma-styleのふるさと納税を見てみる

我が家で利用しているベビーカーは3輪駆動の「エアバギー」です。 赤ちゃんが生まれると、抱っこひも→ベビーカーという順でめちゃくちゃ利用価値の高いアイテムのひとつです。 そのため...

cybex(サイベックス)のベビーカー

ふるさと納税 サイベックス noma-style2

エアバギーだけかと思いきや、もう一つベビーカーを取り揃えています。

海外でも人気の高いcybex。

ワンタッチで素早く折り畳めるので、電車の中や車への積み込みなども楽ちんです。

エアバギーは折り畳むときは、両手を使う必要があることと大きな分幅を取るのがネックです。

その点、cybexでは小柄なベビーカーなので、2台目ベビーカーとして考えています。

実際にお店に行って、触らせてもらうと、とにかく軽い。

小回りも効きますし、ワンタッチでの折り畳みは想像以上に簡単でした。

定価は3万円ほどですが、かなりコストパフォーマンスのいいベビーカーだと感じます。

車の荷台にも楽々に乗せることができるのも、ポイントが高いですね。

イージーsツイストなので、生後1か月から使うことができます。

≫ noma-styleのふるさと納税を見てみる

ベビー用品ならnoma-styleがおすすめ

ふるさと納税 エルゴベビー noma-style2

noma-styleは、ファッションに注目したふるさと納税の返礼品がメインですが、ベビー用品も豊富です。

人気のエルゴベビーの抱っこひももあります。

寄付額はベビーカーよりも安いので、ふるさと納税をしやすいですね。

このほか、

サイベックスのベビーチェア 寄付額80,000円

プレイマット(ダッドウェイセレクト) 寄付額45,000円

ガーゼふとん7点セット(ダッドウェイセレクト) 寄付額92,000円

などがありますね。

ベビーカーと合わせて、noma-styleを覗いてみてください。

ふるさと納税の手順と注意点

まずは限度額を確認しておこう

ふるさと納税は、年収に応じて限度額が決まってきます。

返礼品を受け取って、かつ、寄付額から2,000円を除いた残りの金額は税金控除してくれます。そのため、めっちゃお得!というわけです。

ふるさと納税 上限額2

まずは、あなたの限度額を確認しておきましょう。

限度額は、控除上限額シミュレーションをすることで、簡単に確認できます。3分もかからないので、まずしておきましょう。

ただし、住宅ローン控除やiDeCoの利用があると、限度額が下がることになるので、注意してくださいね。

参考  ふるさと納税で損しないための年収によって変わる限度額の確認ポイント

副業収入(不動産所得、配当、雑所得、事業所得など)がある場合は、逆に限度額が上がるので、より多くのふるさと納税をすることができます。

不動産収入や株式投資で利益を得た場合も、一緒に計算してみましょう。

参考  ふるさと納税は給料以外の収入があった場合にどうなるの?便利な計算ツールを使おう

税金控除はどうやって受ける?

基本的には、ふるさと納税をした翌年に確定申告をすることで、税金控除を受けることができます。

確定申告もとても簡単なので、恐れる必要はありません。

会社員であれば、年間5つの自治体までという制限はありますが、確定申告をすることなく、税金控除を受けられる「ワンストップ特例」というサービスを受けることもできます。

仮に5つの自治体にした場合は、5つの自治体に書類を出す必要があるので、個人的には手間であり、一度の手続きで済む確定申告のほうが楽ちんです(電子化の予定があるようですが)。

税金控除は、「所得税の還付」と「住民税の減税」という2種類の税金が安くなります。

参考  ≫ ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

このほかお得な返礼品では、この夏休みの旅行にも使える旅行券もおすすめの返礼品です。

≫ ふるさと納税「旅行券」のおすすめ!自由に使えて使い勝手は最高でお得度も高い!

≫ ふるさと納税で旅行。H.I.Sギフトカード寄付額50%分、有効期限なしと最強

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly