毎月+1万円アップも!貯金できない方ができるようになるシンプルで長続きする家計管理法

本 hana袋わけ 家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫婦共働きの家計管理の難しさは、収入がダブルであり、お互い支出するため、家計管理がバラバラになることです。

我が家もダブルインカムですが、支出管理が難しいと感じていました。

できるだけクレカ払いをしたほうがポイントも貯まるし、お得と思っていたのです。

家計管理をする夫としない妻との意識にズレがあり、家計管理をしないほうはいくら使ったのかも把握できない状態でした。

それでも、ダブルインカムだったので貯金はできていましたが、クレカのポイントを諦めて、現金で袋分け管理をするようになってから、どれだけ使っていいかが明確になり、妻の意識も変わりました。

袋分けでの家計管理は、とてもシンプルなものですが、効果は抜群です

家計管理で悩んでいる方は、袋分け管理出家計管理をしていきましょう。

スポンサーリンク

自然とお金を貯められる家計管理法

家計を管理できてれば、自然とお金が貯まっていきます。

貯まる仕組みができれば、貯金の多さに関わらず、精神的にはかなり安定してきます。
家計がしっかりとしているという証明が貯金というわけですから。

袋分け管理の具体的な方法は、

ブログ ずぼら節約主婦.com

の管理人であるhanaさんの本がおすすめ。

1年2ヶ月前に本を出されて、今回実践編として家計管理術を出版されています。

いま、貯金が思うようにできていない・・・という方は一読をおすすめします。

というのも、我が家もhanaさんのブログと本を読んでから、袋分け管理を始めて、効果が出たからです。

家計の予算は、過去の自分たちのお金の動きから

家計管理で大事なのは、予算です。

貯金はとてもシンプルで、

収入>支出

になっていれば100%貯金できます。

入ってくるお金より出て行くお金のほうが小さいわけですから。

そうした家計管理にしていくためには、あらかじめこのくらいのお金でやっていこうというのが予算。

予算立ての方法は、過去の家計簿が大事です。

家計簿をつけてない場合は、これから3ヶ月家計簿をつければ、自分たちの収支構造が把握できます。

誰かのマネをして項目を決めるのではなく、過去に使った自分のお金の記録を基に考えることが大切です。

引用:ずぼら主婦でもカンタン! 毎月+1万円貯まる家計術 hana式袋分けファイル家計簿 実践編

家計の予算の目安というのはありますが、自分たちの家計は自分たちしか分かりません。

他人が貯金率30%だから、我が家も‥‥と思っても無理かもしれないし、もっとできるかもしれません。

誰かのマネをして項目を決めないって大事ですね。

現状把握は大切とはいえ、毎日、家計簿を書いて、現状把握だけをしていても家計は改善しません。

「現状把握→原因を見つける→改善策を考える→解決案を実行」という流れがないと、意味がないのです。

引用:ずぼら主婦でもカンタン! 毎月+1万円貯まる家計術 hana式袋分けファイル家計簿 実践編

家計簿をつけていくと、いわゆるPDCAがしやすくなります。

もっと減らせるお金はないかな?ここはもっと使ってもいいかも?など、数字で見えてくるのが強みとなっていきますね。

スポンサーリンク

固定費を見直すと労力の割に効果絶大

保険を見直すポイント

自分の一生として保険料をこれだけ払っているのかと見極めるのが大切です。

本では具体的な年表の作成がされているので参考になります。

保険は入りやすいし、第三者から保険の必要性を言われたときには、不安心理から入ってしまうこともあります。

でも、実際に考えてみることが大切です。

特に、医療保険は健康保険に加入している私たちにとっては、その必要性は極めてて低いです。

我が家もがん保険に加入していましたが、解約し節約を実現しました。

スマホ代の節約も

統計_家計調査_スマホ代

総務省「家計調査」より作成 移動電話通信料

総務省が実施している「家計調査」によるとスマホ代は年々上がっています。

ドコモが値下げを発表しているので、2019年度からは少し景色が変わってくるかもしれません。

スマホ代はネックですが、携帯端末代と通信料金とあわせて考えるのが大事ですね。

格安SIMを利用することが携帯料金を下げることになりますが、iPhoneを使うのであれば、キャリアで端末割引を受けているほうが結果として同じくらいか安いかもしれません。

定期的に通信料金の見直しについて考えておくことが吉です。

スポンサーリンク

家計管理は自分の判断の連続!

結局、家計の結果は、自分の小さな判断の連続が作っています。

引用:ずぼら主婦でもカンタン! 毎月+1万円貯まる家計術 hana式袋分けファイル家計簿 実践編

まさにこれ!

ちょっとがんばったちょっとご褒美が多かったら、それだけお金は思ったより出ていっています。

試しにコンビニの支払いを全てクレカにしてみると、想像以上に使っているというのがわかると思います。

貯金を作っていくことで自信にもなる

貯金がすべてではないですが、貯金がないとなんともならないのも事実です。

特に、子どもができれば、否応無く学費がかかってきますからね。

袋分け管理を実行すれば、自然と家計の見える化を実行でき、お金を貯めやすくなります。

袋分け管理するべき項目は、

  • 現金やりくり
  • 積み立て
  • お小遣い
  • 予備費

と、本のなかでもhanaさんも謳われています。

現金で動くものは、『袋わけ管理をする』だけで随分と変わってきます。

固定費であるスマホ代、電気料金、ガス代、新聞代などはクレカ払いができるのですべてクレカ払いにしておきましょう。

これで自動的にポイントが貯まっていきますからね。

無意識に節約につなげることができます。

袋分け管理をする項目は、どれだけ使ったかを誰でも把握できるようになるので、使い過ぎにも対応することができます。

どうやって貯金をしていけばいいのかわからない。

貯金を増やしていきたい。

そんな悩みをわかりやすく解説してくれるのが、袋分け管理を実践されているhanaさんの本だとも思います。

一読をおすすめします。そして、実践しやすい方法がまとめられていますよ。

前回の本と合わせて読むとなお効果が高いです。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家計簿オススメ書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
Apple watchシリーズ4(福岡県行橋市)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

福岡県行橋市(iPadなど家電)(福岡県行橋市)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

ふるさと納税認知度・利用度No.1のふるさと納税サイト。
ランキング別で返礼品を探すことができるので探しやすい。
また、定期便利用の自治体を多くそろえているので、一度の手続きで複数の返礼品ももらうこともできる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おさいふプラス

コメント