ポイントやもらったお金は出ていくもの。それを抑えるためにやっておきたいこと。

家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

うちの会社は福利厚生の一環で毎年自由に使えるポイントがあります。福利厚生代行企業に委託している(らしい)ので、そこのサービスを一定ポイント使えるわけです。導入している企業も多いですね。

普段から使うものでもなく、使えるのも限られているので、結局使うのを忘れて、ギリギリになって使うってのが多いです。

クレジットカードのポイントもそうですが、ポイントというのは使って初めてその効果が生まれることになりますよね。でも、ポイントを使うために余分な消費することってありませんか?

スポンサーリンク

お金がもらえると返って消費しちゃうことはない?

ポイントがもらえる。お金がもらえる。政府もバラマキとかしますが、思っていない時にお金がもらえるこの心理ってなんなんでしょう。

いわゆるあぶく銭は、もらった以上の消費を生み出すことになることもしばしばです。家計的にいうと、普段だったら買わないものをポイントがあるから買ってしまう。というような状態ですね。

例えば、20,000ポイント(=2万円分)あるからと言って、普段だったら買わないような3万円の商品を買ってします。

2万円得したからいいか~という考えも成り立つし、普段なら買わない3万円の商品を1万円出して買っているわけなので、1万円余計な出費をしているという考えも成り立ちますね。

ホントに不思議で、この行動ってよくあるんですよ。

人の欲求は果てしない

私もこの福利厚生のポイントはもう早々に使ったと思っていたのですが、まだ全く使っていなかったようで、そのことを家族に話すと、旅行だ!と言い始めました。

いやいや、ポイント以上に旅行代かかりますから・・・。この前、旅行に行ったときの領収書をどこかにやってしまい、お互いの会社の福利厚生を受けられないというもったいない行動をしてしまったところなので、ちょっと緊縮したい。

でも、目の前にあるポイントは使わないと損・・・

この福利厚生ポイントを使うのに旅行に行けば、財布から出ていくお金はいつも以上・・・

でも、目の前にあるポイントは使わないと損・・・ループ・・・ぐるぐるぐる。。。

思考はぐるぐるしちゃってしまいます。

リクルートカードdカードなど無料でも高還元率のクレジットカードを使うとポイントも貯まりやすいです。でも、そのポイントを使わなければ意味がないですよね。

使わないと損。商品2品以上で割引などは冷静に

結局、ポイントを無理やり使うための消費は新たな消費が生まれるので、世の中の経済的には良いのだろうけど、我が家の家計というスポットを充てると、お金が出ていく可能性を高めてしまうんですよね。

正直なところ、今年はお金の流出が大きい年なので、年末だからと言ってお金はあんまり使いたくない。

人の欲望はすごいもので、お金をつかう習慣ができるとなかなか抜け出せません。

よく服屋さんで見かけるのが、「商品を2つ以上買うと10%割引!」「今なら2品目以上は3割引き!」と言われると、2品以上買わないと損だな(と勘違い)って思う例のあれです。

実際には勘違いで、例えば、5,000円の予算のつもりが2つ以上買った結果、5,000円を超える買い物をすることもあるわけです。でも、10%割引なったから「まっいいか」って終わらせてしまうのはよくないですね。10%という単位ではなく、実際にいくら節約になって、いくら余分にお金が出ていったのか。

これは見直ししておかないと、制限に歯止めが利かなくなってきます。

スポンサーリンク

それを抑えるためにやること3つ

無駄なお金を使わない。これは将来の選択肢を増やすための「貯金」を生み出す源泉です。ま、無駄なものにお金を使ってしまうことも多々あるものですが、「いつも」ではなく「たまに」くらいにしておけば問題は全然ないです。

余計なお金を使わないためにやっていることです。

給料が入ったらまずは貯金口座に入金

給料が入ったら、まずは貯金口座に入金しています。余ったら貯金しようでは、余ることがないんです。ついつい使ってしまうんですね。

我が家は、銀行別にお金を管理しています。これは経験から自分の意思が弱いので、1つの銀行だけだと貯金した分も使ってしまうことがあったためです。

そのため、貯金専用口座を設けています。基本ここからの支出はありません。入金のみ。

じぶん銀行ジャパンネット銀行などネット銀行を利用しています。また、資金の移動には、通常、振込手数料がかかってきますが、いろいろと無料のサービスで資金移動させています。

関連記事 えっ?これが全部無料?お金の移動を無料にする方法【まとめ】

じぶん銀行だと、スマホで「ATMロック」や「インターネットバンキング」の利用制限を設定することができます。

じぶん銀行-min

これは実は大事で、お金を引き出すとき面倒くさいんですよ。

貯金口座は引き出すのに面倒くさい銀行に

振り込んだり、ATMから引き出すのに面倒くさい銀行にしておくのは、実は倹約につながります。じぶん銀行の場合は、ちょっとした手間なんです。スマホで解除するだけ。でも、その手間が面倒くさいので、実際には触りません。

すると、貯金口座に手を付けることはありません。基本、増える一方なわけです。今みたいに低金利の今は定期預金に預けても微々たるもの。

でも、面倒だからお金が貯まる。変だけど、これが一番です。

関連記事 じぶん銀行はお金が貯まる銀行!特にauユーザーにはメリット大!特典が満載の銀行です。

また、じぶん銀行はその手間がないと何もできないのでセキュリティ面では安心できます。また、ジャパンネット銀行は、ワンタイムパスワードをサービス導入しているので、ネットバンキングでも安心して利用できますね。



公式 じぶん銀行

何ならたまに暗証番号忘れるくらいで

「暗証番号を忘れろ」ってわけではなく、暗証番号を忘れるくらいお金を引き出したり、振り込んだりすることをしない銀行に預けること。

普段使っている銀行は、暗証番号もインプットしていますが、それ以外の銀行って普段滅多に使わないので、暗証番号を忘れて、お金を動かせないってこともあります。

例えね。

面倒くさいと思うひと手間。

これは、お金の節約できる環境を作ることだと思います。

スポンサーリンク

あなたも意思が弱いと思ったら実践してみよう

私はとても意思が弱いです。

なので、一つの銀行でお金を管理していたときに、貯金が思ったより貯まって行かないという経験をしました。ついつい使ってしまっていたんですね。

だから、今は口座別に管理をしています。面倒くさいって印象を持たれた方もいるかもしれません。でも、我が家にはこれが一番です。

貯金をするには、強制的な意思が必要ですね。

今回のようにもらえるポイントがあることが分かったのは嬉しいことですが、必要以上の消費をしないこともお金を増やしていくために大切なことだと思います。

さて、ポイントは何に使おうかな。

あなたも、ポイントと貯金の関係、ちょっと考えてみてはどうでしょう。ポイントを使うために、無駄な消費はしていませんか。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント