SBIネオモバイル証券でTポイントを使って株を買いたい!ヤフーカードを作って株式投資

SBIネオモバイル証券 Tポイント 株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)というのができまして、通常100株(1000円の株価であれば10万円が必要)から購入できるのが、1株から買えるという魅力的な証券会社です。

公式はこちら→SBIネオモバイル証券

私も早速口座を開設してみました。わずか3分ほどでできるので、ぜひしておきましょう。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントが毎月200ポイントもらえ、Tポイントでも株を買えるという魅力的なサービスまであります。

類似サービスでは、楽天スーパーポイントを使って投資信託を買えるサービスがありますが、投資信託以外は買えません。

現状、我が家は大きなイベント(マイホームを買う、子どもが大学を行くなど)を控えていないので、生活防衛資金以外は原則として投資資金に振り向けていこうと考えています。

一般サラリーマンですので、潤沢な資金があるわけではないので、株を買いたくても買えないというのがありましたが、ネオモバの登場でグッとハードルが下がりました。

たとえ1株でも購入することで、株主としての意識が芽生えます。

決算情報はもちろんのこと、その企業の業界の動向、その他周辺の動きなどに無意識に意識が行くようになるので、これも株を保有するメリットの一つだと思っています。

そのネオモバですが、Tポイントでも購入できるとあれば、Tポイントを貯めるのが現金支出を抑えて株を持てるので魅力度が更に増しますね。

Tポイントが貯まるヤフーカードを作ってみます!

スポンサーリンク

SBIネオモバイル証券とヤフーカードの魅力

SBIネオモバイル証券とヤフーカードの魅力を簡単に解説します。

SBIネオモバイル証券の魅力

SBIネオモバイル証券は、SBI証券とTSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)(CCC)の子会社CCCマーケティングによって設立された会社です。

特徴といっては、なんといっても、Tポイントで投資できることです。

現金支出なしで株を買えちゃいます。

  • Tポイントで投資できる
  • 1株から購入できる
  • 取引手数料は定額制でローコスト

株式を買おうと思うと100株単位なので、安いものもありますが、数十万円します。

たくさん買おうと思ってもなかなか買えないですよね。

SBIネオモバイル証券では、わずか1株から買えるため、資金的には100分の1で済みます。

もちろん、リターンや配当金も少なくなりますが、株式を持つメリットを享受できますね。

例えば、日本たばこ産業(JT)の株は約25万円で買え、年間配当金は15,400円です(2019年12月期予想)。

これが1株であれば、2,500円で買えることになり、154円の配当金をもらうことができます。

銀行預金であれば、100万円預けても1,000円程度。

JT株であれば10株(2万5,000円程度)買えば、1,540円の配当金ですので、銀行預金に預けているよりよっぽどいいですね。

※いずれも税引前

単元未満株で手軽に購入できるというメリットが最大の特徴と言っていいでしょう。

ヤフーカードの魅力

我が家はTポイントを貯めていませんでしたが、これを機にヤフーカードを作ってみようと思います。

ヤフーカードの魅力を簡単に羅列してみると、

  • 年会費永年無料
  • 家族カードも作成可能(年会費無料)
  • 還元率1.0%(100円税込ごとに1ポイント)
  • Apple pay対応(QUIC Pay)
  • Tポイントが貯まる(Tポイント加盟店は+0.5%)
  • Tカード機能が付帯
  • VISA、Mastercard、JCBのブランドから選べる
  • Yahoo!ショッピングLOHACOで常時ポイント3倍(通常ポイント2pt+期間限定ポイント1pt)
  • 5のつく日はポイント5倍
  • ふるさと納税がお得(ふるなびなどYahoo!公共料金ではTポイントで払える)
  • nanacoチャージでポイント付与(0.5%)
  • Mastercardブランドはau Walletにチャージ可能
  • Mastercardブランドは、コストコで利用できる
  • VISA、Mastercardブランドはkyashへのひも付け可能
  • ヤフーカード作成で最大10,000分のTポイントがもらえる
  • ドラッグストア「ウエルシア」では1.5%還元(毎月20日)
  • ショッピングカード保険補償額100万円
  • Apple payのSuicaにチャージ可能(JCB、Mastercard)
  • SuicaアプリでのチャージならVISAも可能
  • モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでもポイント付与
  • PayPayでのクレジットカードチャージができる(ヤフーカードのみ)

PayPayを利用するとPayPay残高が貯まるので、買い物に使えるのも魅力ですね。

デメリットは、ETCカードの年会費(500円)がかかることくらいでしょうか。

ふるなびはメインで利用しますし、LOHACOも利用するので、今までなぜTポイントを貯めてなかったのかと若干の後悔の念を覚えるくらいです。

ヤフーカードってこんなにメリットがあったんですね。

Tポイントを侮っていましたわ。

ヤフーカードを作るなら、Mastercardブランドが良さそうですね。

スポンサーリンク

1株でもいいから株式投資を始めて資産形成につなげる

1株買ったくらいでは、たかがしれています。

それは分かっています。

しかし、それでも、株式投資をすることで、

  • 株主のメリット(配当金の受領など)
  • 投資先や業界のニュースに敏感になる
  • 経済に強くなる

メリットがあります。

わずかな投資資金でも、銀行預金に預けるより数倍マシなリターンも可能です。

人生100年時代と言われるなか、いかに自分たちの資産寿命を延ばしていくかを考えていかなければならないのが私たちの世代です。

長く働く、倹約、そして、資産運用は3本柱となっていくでしょう。

その第一歩として、投資先によっては500円も使わずに投資できるSBIネオモバイル証券は、魅力的な証券会社ですね。

ヤフーカードで貯まるTポイントで株式を買えるので、相性もいいですね。

SBI証券 を持っていれば、SBIポイントをTポイントに交換することもできるので、証券会社同士の相性も良いです。

少額から始められるSBIネオモバイル証券は、これから資産運用、株式投資を始める方にとって最適ですね!

メールアドレスがあれば3分ほどで、スマホから簡単に申し込みできましたので、この機会に作っておきましょう。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント