​dカーシェアとタイムズカーシェアの違い。カーシェアのメリットがある人とは。

カーシェア

​公共交通が発達している都市部に住んでいる場合、家計の節約にもつながるため、車を保有せずに、カーシェアリングを利用するのがおすすめです。

車は便利なものですが、車体費、購入の際のローン費用、買ったあとの税金、保険料、ガソリン代などが家計を圧迫します。

購入の際に頭金を支払えば、他に回せば得られた収益の機会損失も招くことにもなりかねません。

この記事では、初めてカーシェアを利用したいと検討している方に向け、カーシェア歴7年の私が実際に利用した点を踏まえて、まとめています。

スポンサーリンク

 カーシェアリングとは

カーシェアリングとは、その名の通り、1台の車を複数の方が利用し合うことができるサービスです。

駐車場運営のタイムズやオリックスなどがサービスを提供しています。

この1台の車というのは、指定された1台というのではなく、空いている車があれば、いつでも利用することができます。

ゴールデンウィークなど大型連休のときを除けば、極端な話、5分後に車を使いたいから予約して利用するというのもできます。

すごい便利です。

予約も、予約の取り消しもスマホからできます。

カーシェアリングの特徴

カーシェアリングの特徴としては、次のようなことが挙げられます。

◎料金は使った分だけ(15分200円など)税別

◎ガソリン代金不要 ◎保険料は不要

◎予約はネットで

◎予約取消料金不要

◎5分前の予約、予約取消が可能

となっています。

とにかく維持費がかからないので、とりあえず登録しておくというだけでもいいわけです。実際に使ってみるとその便利さが分かります。

最大手はタイムズカーシェアです。サービス名はタイムズカープラスで、私も利用していますが、月額基本料金1030円がかかります。

ドコモがはじめたdカーシェア月額料金が不要なので、とにかく利用してみたいという方にはdカーシェアがいいですね。

ただ、タイムズカーシェアは毎月1,030円かかりますが、1,030円分は無料で利用できるので実質無料といえますね。

dカーシェアに登録するとオリックスカーシェアの車を利用することができます。

タイムズカーシェアとdカーシェアの比較

タイムズとdカーシェアの比較です。

  タイムズカープラス dカーシェア
月額基本料金 1,030円(1,030円無料利用付) 無料
利用料金 206円/15分
一部車種は412円/15円
220円/15分
一部車種は320円/15円
6時間パック(距離料金) 4,020円(なし) 4,200円(なし)
一部車種は4,800円(なし)
12時間パック(距離料金) 6,690円(16円/1km) 6,500円(15円/1km)
一部車種は7,800円(15円/1km)
24時間パック(距離料金) 8,230円(16円/1km) 8,000円(15円/1km)
一部車種は9,400円(15円/1km)
36時間パック(距離料金) 11,000円(16円/1km) なし
48時間パック(距離料金) 13,000円(16円/1km) なし
60時間パック(距離料金) 18,000円(16円/1km) なし
18時~24時(距離料金) 2,060円(16円/1km)

20時~翌9時 2,500円(15円/1km) 

一部車種は2,500円(15円/1km)

24時~翌9時(距離料金) 2,060円(16円/1km)
18時~翌9時(距離料金) 2,580円(16円/1km)
パックに追加できる時間 6時間 6時間
補償サービス 309円 無料
予約取消料金 無料 無料
ポイント タイムズポイント dポイント

パック料金は税込です。

パック料金の豊富さでは、タイムズカープラスに軍配です。

2泊3日の旅行などにも使えます。2泊3日であれば、ガソリン代が不要という強みもあり、レンタカーよりも安く利用することもできますね。

参考  1万円以上節約に成功!2泊3日だとレンタカーよりカーシェアがお得【タイムズ】

使わない月もあるのであれば、dカーシェアのほうが余計な料金を負担しなくて済みます。

dポイント dカーシェア

カーシェアのメリット

繰り返しになりますが、カーシェアは基本的に利用しなければ料金負担がないので、使いたいときに使う。
 
そのときにお金をクレジットカードで支払うというのが手軽でいいですね。
 
特に車にこだわりがなければ、カーシェアを利用することによって、車を保有するよりも家計改善をすることができます。
 
私は、そのときによって乗る車を変えたりして、いろんな車を楽しめるのも気に入っています。
 
また、レンタカーも安く利用できるので、長距離や旅行の際にも節約につながりますね。

カーシェアを使うとメリットがある場合

タイムズカープラス

どんな人もカーシェアが便利で家計節約につながるというわけではありません。
 
地方など車が必須の場合には、カーシェアで毎回利用するよりも保有したほうが安くなるでしょう。
また、カーシェアは、時間貸し駐車場があるなど、利用できる場所が限られていますので、そうした駐車場が少ないなど、カーシェアが利用できなければメリットはありません
 
一方で、公共交通が発達していて、
  • 普段は仕事や大学の授業などで車を利用する機会に乏しい
  • 子どもが巣立ったので車を乗る機会が減った
  • マンションの駐車場代が高いのでコストカットしたい
 
という方にはカーシェアはうってつけのサービスです。
 
我が家もカーシェアを使いたいときに使えなかった経験はなく、家の近くに必ずどこか空いているので使うことができています。
 
何より利用しなければ、毎月ほとんどお金がかかることがありませんし、利用したとしても月に1回程度なので、毎月の料金は5,000円程で済みます。
 
駐車場代だけでも20,000円はするので、車を持つよりもずっと安いですね。
車を所有したい欲求は満たされませんが、家計を節約したい方は車を持たない選択肢も検討してみましょう。
 
周りにタイムズ駐車場が多く、毎月利用する方は、タイムズカープラスがおすすめです。
 
利用しない月もありそうだったら、dカーシェアがおすすめ。毎月、基本料金は不要なのが魅力ですね。dカードで決済すると、dポイントも効率よく貯めることができて、なおよしです。

”所有”への憧れが減っている

「若者は車を買いたくない」というような調査が出ています。

車を保有していない人の54%の人が購入する意向がないようです(n=800)。

我が家は30代後半ですが、マイカーを一度も保有したことがありません。

マイカーへの憧れはありますが、その所有コストの高さと利用頻度の低さを考えると、コスパが悪いので敬遠しています。

私が就職活動をした2000年代前半は、就職超氷河期とも揶揄された時代です。

そのころから、私たちの心にはデフレマインドが身に沁みつき、お金を使わない世代とも言われますね。

上司からは「車くらい持っていたけどなぁ」とも言われることもありますが、私も車を買ったことがありません。

  • 車=単なる移動手段

だと思っていました。

車は、車両購入費、維持費、税金、保険など利便性も上がりますが、お金もバカになりません。

ましてや、交通網が発達している三大都市圏をはじめ、都市部では公共交通機関で済むので、「車を買ってまで所有する」というのは少ないんでしょうね。

カーシェアを利用すれば、車もいつでも使えますし、所有コストも負担しなくていいので、快適なサービスと言えますね。

≫ タイムズカープラス

≫ dカーシェア

不思議なもので、カーシェアを利用していろんな車を乗っていると自分のクルマが欲しくなりますね。車は思い出を作ってくれます。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク