出世に興味はないはうそか。自分の気持ちの奥底は不明だけどやることをやるだけ。

仕事
スポンサーリンク

明日から新年度ですね。

3月期決算の会社も多いと思います。年度末は人事異動が発表される時期です。

この時期はいつもふわふわな感じです。

人事の話は、誰もが興味を持っており、ま、酒の肴にもなるわけです。ということで、今週はいろんな人からいろいろと駆り出されて、もうしばらくお酒はいりません。

昇進(出世)する人、そのままの人、部署が変わる人、いろいろあるわけですが、出世すると思っていた人がそのままで、出世しないと思っていた人が出世することもありますね。

会社の人事は摩訶不思議でございます。

飲み会の先では、「将来、幹部職員になるんだから」と言っていただけるわけですが、当の本人は出世にはほとんど興味はないんですよね。

あなたは、出世に興味はありますか。

スポンサーリンク

出世はしたいのか

仕事 出世alvin-mahmudov-181255

私の現在の役職は、係長クラスで、出世はそこそこ早かったほうです。そんなことはどうでもいいんですが、私自身、出世には興味がありません。

出世によって得るものが何か。

これがイマイチ肌で感じ取ることができていないからです。むしろ、マイナスな点は良く見えてくるんですけどね。

年齢を重ねていくと、まだ係長クラスかという周りの冷ややかな目に晒されることを思うと、そのときはまた違った思いがでてくるかもしれません(そのときには、時すでに遅しで、昇進する見込みはありませんが)。

管理職が魅力的に見えない

マイナスな点は良く見えると先ほど言いましたが、管理職になると「上からのプレッシャー、下からの突き上げ」がかなり大変な印象です。

それなりの報酬がもらえるのであれば、まだ耐えられるかもしれない。

課長や部長という限られた人しかなることができない役職になったとしても、年収1,000万円に届くかどうかというところ。

それより上を目指すとなれば、「仕事の成果」「タイミング」などがピタッと合わないと、上に上がることはない。学歴なども加味されているかもしれない、そこは不明だが、同窓の部下が可愛いのはどこの会社も同じでしょう。

”上”のステージに行くまでに、中間管理職であり続ける可能性は十分高く、むしろ、そっちの方が高いわけです。そして、そのまま会社員生活を終わる人のほうが多いんですよね。

報酬もそれなりで、仕事は激務。うーむ。

年収1,000万円(税込)と言ったら、夫婦二人で働いた方が楽に届きそうですし、生活水準はいまと対して変わらないのかなと。

出世をする人はどんな人か

興味がなかったので、あまりその辺は、観察してこなかったのですが、


●仕事ができる人(これは必須)

●調整力がある人

●社内政治もできる人

●上役の評価が高いこと


と言ったところでしょうか。

媚びることで、上に上がる人もまれにいますが、すこぶる部下からの評価は悪いんです。でも、当の本人には鋼の心があるのか、そうした声は本人は届かないようです。

そんな話はさておき、私は上に媚びることもありませんので、そうした気持ちは理解しがたい(そういうのが嫌いなので)。

社内政治という言葉もありますが、社内政治にも興味はありません。不得意ではありませんが、積極的に使うことはありません。

なんか、カッコ悪い気がして。

一つの上の役職をイメージして仕事をしている

出世に興味はない私ですが、普段心掛けているのは、一つ上の役職の仕事をイメージしていることです。

「平社員であれば、主任や係長の仕事を」、「係長であれば、主幹や課長補佐クラスの仕事を」イメージして仕事をすることです。

「いま、何が求められているのか」

を考えることは、仕事を進めていくうえで結構大事です。

社外の人との仕事をスムーズにしていくにも、まず社内の関係がよくないとまずもってうまくいきません。

自分の好き勝手に仕事をしていた若いときと比べて、「上司が今何を求めて、会社がどんなことを必要としているか」は考えるようになりました。年の功ですかね。

自社に利益になる仕事を考えるのは、年齢を重ねると自然とそうなるのかもしれません。

スポンサーリンク

出世は希望するか

仕事 出世StockSnap_A9VVL0GZ09

多くの企業が取り入れているであろう、人事評価。

自己評価と上司からの評価とあると思います。出世するためには、昇任試験を受けたりする必要もありますが、出世を希望するかどうかは、やはり本人次第のところも大きいのではないでしょうか

出世をするには、自分の意志だけではどうしようもないものもあります。

「運やタイミング」も影響します。

出世するための環境づくりは、やはり自分次第のところがあります。

普段、どこを目指して、仕事をしているのかは上には伝わります。目の前の仕事だけをこなすのか、もう少し先を見据えて仕事をするのか。

出世することによって、見えるモノもあるかもしれません。登った山の景色は登らないと分からないですし、もしかしたらキレイな景色が見えるのかもしれませんね。

ただ、今のところというか性格上、出世には興味がありません。

ただ、楽しく働ければそれで十分。

明日から新年度。

また、ともに汗をかいた仲間が去り、新しい仲間が入ってきます。

気持ちを新たに新年度を迎えよう。

良い仕事を心掛けることは、本人にとってプラスをもたらす。ただそれだけでいい。

同僚から見たら優秀な人でも、人事異動で飛ばされることもある。人事は恐い。そう思う時期でもあります。

ではでは。

仕事
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント