WordPressテーマ「Simplicity」のカスタマイズは子テーマでするといいらしい

photo credit: whiteafrican via photopin cc

WordPressのテーマに「Simplicity」を使わせて頂いていますが、結構頻繁にバージョンアップされます。どんどんパワーアップされるのでうれしいことです!色々とカスタマイズをしていきたくなるのがWordPressですが(私は記事を書くのが精いっぱいで今はデフォルトのままです)、親テーマにカスタマイズすると親テーマがバージョンアップすると全部上書きされるので、カスタマイズがパーになるようです。

なので、「Simplicity」のように子テーマを用意してくれているととても助かりますね。

【参考】Simplicityの子テーマをインストールする方法

スポンサーリンク

子テーマを確認しておこう

子テーマを作っても親テーマをきちんと引き継いでいなければ、意味がないようですので、子テーマに親テーマを反映されるようになっているか確認する必要があります。「Simplicity」の場合は心配ないですけどね。丁寧に作られていますね、ほんと。

141012-6 子テーマ

子テーマのスタイルシートに親テーマのことがきちんと書かれていればいいようです。あとは、カスタマイズしたいことだけ子テーマに書くだけ。親テーマ全部をコピペして変えたいところだけ変更、なんて手間なことをしなくても変えたいところだけ書けば反映されます。書いてないことは全部親テーマが反映されました。

子テーマを有効にすることを忘れずに

子テーマにカスタマイズをせっせと書いても、親テーマを有効にしておくと全然反映されません。今のところ、私は見出しのみカスタマイズしたわけですが、何回やっても変更されないなーーーと頭を抱えていましたが、

子テーマを有効にしてなかった!

ので反映されなかったようです。なるほど、子テーマを有効にしておくんですね。

141012-7 子テーマ

FFFTPで親テーマと子テーマが同じファイルにあることも確認しておくことですね。

141012-8 子テーマ

これから勉強していろいろとカスタマイズしていきたいと思っています。まずは記事を毎日書くこと、のほうを優先ですね。

参考記事。これがめっちゃ分かりやすいです

後悔するその前に!WordPressで子テーマをカスタマイズする前にやるべきテンプレコピーの話 by Room9

これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。 by わかったブログ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. […] ・WordPressテーマ「Simplicity」のカスタマイズは子テーマでするといいらしいーおサイフプラスー […]