改めて、複利の力を知っておこう。大きな欲を持たずに投資を継続する道を選ぶ。

株式投資 ひふみ投信/セゾン投信
スポンサーリンク

複利のチカラを意識されていますでしょうか。

えっと、私は明確に意識してきませんでした。複利のチカラを使って、資産運用をして、お金を増やそうというのは、株式投資を始めた28歳のときに勉強しました。

その当時は、複利のチカラを使って、お金をちょっとずつ増やしていこうと始めた資産運用は、いつしかショートカット(早くお金を増やしたい)したくなって、インカムゲインに頼るようになってしまいました。

その思惑はあっけなく、崩れたわけです。

そこで、最近は「のんびり投資・じっくり増やす」をモットーに、極力リスクを減らして、このブログのテーマであるように「お金を減らさない」ことに重きを置いた投資を心掛けています。

私がめざすのは、10年後、20年後にお金が増えていることです。短期でお金を増やしたい気持ちは満開ですが、うまくいきません。お金を失うよりは、お金を増やしたいんです。

複利の力を改めて、見てみましょう。

スポンサーリンク

複利のチカラは脅威の破壊力!

「単利」と「複利」では、大きな違いがありますね。

複利は、次の利息を生むときに、元本から生まれる利息も合わせて、利息を生んでくれますので、単利よりも効果が高いのです。

例えば、

【事例】

●毎月積立額 30,000円(ボーナス月加算額100,000円)

●積立期間 20年間

20年間積み立てると、元本は1,120万円にもなります。無理のない範囲で積立を20年間続けるだけで、元本だけでもすごい金額となります。

積立貯金がいかに大事か、この数字を見るだけでもよくわかりますね。積立貯金で資産を築いた本多氏の財産目録を読んだ感想記事です。

Pickup! 収入の25%貯金が人生を変える!本多 静六の財産目録読んだ感想と貯金率の推移公開

利率ごとに見てみる複利のチカラ

利率ごとに計算をしてみましょう。

改め見ると、複利のチカラって本当にすごい。机上の計算とはいえ、年利7%で試算が増えていけば、倍近い資産が築けるわけです。

【元本 11,200,000円】

●利率1% 12,120,434円(+920,434円)

●利率3% 14,167,309円(+2,967,309円)

●利率5% 16,539,089円(+5,339,089円)

●利率7% 19,309,437円(+8,109,437円)

  ※  しるぽるとのシミュレーションツールを用いて計算 

こちらのシミュレーションツールでも、簡単に計算できて、自動でグラフ化してくれるので、視覚的にも分かりやすいです。

こうした複利のチカラは、資産運用を始めるにあたって基本の「キ」だと思います。

でも、私はこのことをすっかり忘れていた時期があり、インカムゲインに目を向けすぎてしまっていたのです。

複利の力を使うための基本は積立

複利のチカラを最大限活かしていくためには、一番はやっぱり毎月の積立です。長く遠回りをしたこともありますが、積み立てをコツコツ続けることが大事なんです。

裏を返せば、コツコツ少額でもいいので続けていくための収入力支出コントロール力が必要なんです。

積立額は一定でなくてもいいと思っています。

ライフスタイルの変化で、お金の使い方は変わります。必要な金額も変わります。

その時々に応じて、積立額を変える、減らす、増やすことをしていけばいいんですよね。避けたいことは、やめてしまって投資から遠ざかってしまうこと。

私は、現在、ひふみ投信セゾン投信に毎月積立を実行しています。

この投信が正解かは誰にもわかりませんが、投資方針に共感し、パフォーマンスにも優れいている二つの投信で歯車を回していきます。

Pickup! 長期投資の極意をカリスマに学ぶ。デイトレせずにこれからものんびり投資を続けてお金を増やす。

スポンサーリンク

のんびり投資で増やしていこう

株式投資

株式投資や投資信託への投資は、お金が減る可能性もあります。値動きのある資産ですから。

でも、長期で見れば、現金で保有するよりもずっと効果の高い資産運用方法であることは、これまでの投資結果がもたらしてくれています。

大きな欲を持たずに、のんびりとお金を増やしていく。

投資で途中で止めずに、継続していきたいんです。大きなダメージを出して、投資をストップしてしまう事態は今後も避けたいです。

ガツガツした気持ちを持たずに、私は私なりに合った投資を続けていきたい。たまに、短期間でガツンと儲けている人を見ると、真似したくなりますし、心も動きます。

でも、自分にはそうした投資はハラハラドキドキで、きっとうまくいきません。

なので、のんびり投資を選択したいと思います。

まずは始めて見ることも大事です。それで見えてくるものもありますからね。

ではでは。

≫ ひふみ投信の口座を開設してみる

≫ セゾン投信に資料請求してみる

ひふみ投信/セゾン投信資産運用
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント