副業アフィリエイトの消費税の疑問を税務署に確認してみた。

税金ネタ
スポンサーリンク

副業をしている人が増えているなか、その一つの選択肢にアフィリエイト(広告)をしている人もいらっしゃいますね。

収入から経費を差し引いた所得が年間20万円を超える場合は、確定申告が必要になりますが、そういえば消費税ってどうなるんだろう?

Pickup! アフィリエイトの確定申告の書き方。副業で20万円を超えた場合にはどうしたらいい?

アフィリエイト収入は、ASPから税込みで振り込まれるわけですが、消費税について深く勉強することもなかったので、ちょうどいい機会ですので、税務署にどう扱うのか聞いてみることにしました。

税務署、あるいは、担当者によって見解が異なる場合も考えられるので、2か所に税務相談をしました。

この記事では、

○副業あるいは個人事業主(フリーランス)

○アフィリエイト(広告収入)がある

○年間売上高が1,000万円を超えている(超えそう)

という方に読んでもらえればと思います。

細かい内容等は必ずご自身で税務署に確認するようにしてもらえればと思います。

税務署の相談窓口でどこでもいいので、電話をすると自動音声が流れます。

プッシュボタン「1」⇒「5」と押すと消費税の相談ができます。

「1」は税務相談、「5」は消費税に関することです。 

photo credit: Lucas (Back to the roots) via photopin cc

スポンサーリンク

課税売上高1,000万円を超えると消費税納税義務が発生する

まず、サラリーマンは消費税納税義務はないんですが、副業収入がある場合で、課税売上高が1,000万円を超える場合は、納税義務が発生します。

開業届を出して個人事業主となっている場合、なっていない場合にかかわらず納税義務が発生します。

事業所得で確定申告をしていようが、雑所得で確定申告していても、一緒です。

納税義務は2年後になるんです。ずいぶんと先ですね。

例えば、個人事業者の場合は、暦年(1月1日から12月31日)で判断するので、この期間で1,000万円超えているかを判断します。

平成29年 課税売上高1,000万円超え

平成30年 消費税課税事業者届出書(基準期間用)を税務署に届け出(多くは確定申告と一緒に出すケースが多いようです)

平成31年 消費税納税

国税庁 消費税の納税義務

1,000万円と途方もない金額ですので、それ以下であれば、広告主からの税込みで振り込まれる広告収入はありがたく収入として良いですね。

消費税課税事業届出書(基準期間)吹き出しあり

≫ 消費税課税事業者届出書(基準期間) 国税庁

freeeのスタンダードプランだと、自動で計算もしてくれます。

総売上高には、不課税取引であるGoogleアドセンスは含みません。

総売上高には非課税売上高を含みますが、不課税取引、支払手段の譲渡、特定の金銭債権の譲渡及び国債等の現先取引債券(売現先)等の譲渡に係る売上高は含みません
 ただし、現先取引債券(買現先)等の取引のうち売戻価額と買収価額との差額に相当する金額は、総売上高に含みます。なお、その差額が差損となる場合には、総売上高から控除します。

国税庁 No.6405 課税売上割合の計算方法

特定期間とは

課税売上高1,000万円超えになっているかは、1月1日から12月31日までの1年間で判断するわけですが、例外があります。

上半期(1月1日から6月30日)までの間に、課税売上高が1,000万円を超える場合は、翌年に消費税納税義務が発生するんです。

個人事業者の特定期間は、その年の前年1月1日から6月30日までの期間ですので、例えば、事業を行っていない個人の方が3月1日に開業した場合には、3月1日から6月30日までの期間の課税売上高(又は給与等支払額)で判定することとなります。
 また、その前年7月1日から12月31日までの間に開業した場合には、特定期間の課税売上高(又は給与等支払額)がないため判定不要です。

国税庁 特定期間の判定

税務署に問い合わせ

税務署と電話相談をしていると、

「個人の方であれば、特定期間は該当しないので、課税売上高が1,000万円を超えるかどうかは暦年で考えてください」

ほっ?なぜ?

それを聞いてみると、

「課税売上高と給与等支払額の両方が1,000万円を超える場合は、特定期間(1.1~6.30)

で判定しますが、給与の支払いはないでしょうから、特定期間で判定しません」とのことです。

税務署のサイトや消費税の本を読むと「特定期間の課税売上高が1,000万円を超えるかどうかの判定については、課税売上高に代えて、特定期間中に支払った給与等の金額により判定することもできます」とあるんです。

課税売上高か給与支払額のどちらかが該当する場合が対象かと思いきや、違うんですね。2か所の税務署に問い合わせても同じ答えだったので、そのようです。

読むだけではわからない点ですね。

給与が年収1,000万円を超えないサラリーマン副業の場合は、特定期間は関係ないと思ってよさそうです。

まとめると、

特定期間だけで課税売上高1,000万円を超え、なおかつ、この期間の給与等の支払い金額も1,000万円を超えた場合、翌年に課税事業者となり、消費税を納める必要があります。

消費税課税事業届出書(特定期間)吹き出しあり

≫ 消費税課税事業者届出書(特定期間) 国税庁

いつ消費税を納めればいいのか?

2年前の課税売上高が1,000万円を超えていると、消費税納税義務者になりますので、2年後に収めればいいってことですね。

例えば、


平成29年 課税売上高1,000万円超え


平成30年12月31日までに届け出をして、平成31年3月31日までに納税という運びですね。

国税庁 No.6601 申告と納税

課税売上高が1,000万円以下になった場合は?

消費税は課税売上高1,000万円以下の場合は、納税義務が発生せず、免税事業者となります。

例えば、

平成29年に1,000万円超えで課税事業者になっていても、平成30年で1,000万円以下で免税事業者になれば、届け出をすれば、平成32年の納税義務がなくなるわけですね。

国税庁 No.6501 納税義務の免除

国税庁 [手続名]消費税の納税義務者でなくなった旨の届出手続

簡易課税の区分はどうなるの?

消費税の納税手続きは、仕入れなどがあると結構複雑です。そこで、みなし仕入れ率を利用することで、税負担を軽減できる制度があります。

アフィリエイトは、レンタルサーバーやドメイン代程度で経費が小さく、利益率が高いので、少しでも経費があると助かりますね。

みなし仕入率

  • 第一種事業(卸売業)90%
  • 第二種事業(小売業)80%
  • 第三種事業(製造業等)70%
  • 第四種事業(その他の事業)60%
  • 第五種事業(サービス業等)50%
  • 第六種事業(不動産業)40%

国税庁 No.6505 簡易課税制度

税務署に確認すると、アフィリエイトの場合は、「第五種事業(サービス業等)50%」になるとのこと。

50%差し引けるので、かなり大きいですね。

ちなみに、Googleアドセンスは不課税取引なので、消費税の対象外。消費税の納付は必要ないんですね。

≫ 副業アフィリエイトの消費税の申告の仕方。課税売上高にGoogleアドセンスは含まれるの?

消費税簡易課税制度選択届出書 吹き出しあり

≫ 消費税簡易課税制度選択届出書 国税庁

消費税の仕分けはどうする?

消費税の仕分けについては、

▼売り上げがある場合▼

借方 現金 324,000円

貸方 売上 300,000円

仮受消費税 32,400円

ですればいいですね。

消費税は経費になるの?

ちなみに、個人事業税、消費税の両方とも、その納税額の全額が翌年の経費になります。

この点も踏まえると、翌年の税引き後のキャッシュフローにプラスに働きますね。

スポンサーリンク

まとめ

2年前の課税売上高が1,000万円を超えている場合は、消費税納税義務が発生します。

超えなければ消費税納税義務がないので、収入としていいんですね

仮に超えると2年後に納税となるので、その分きちんと現金を用意しておく必要がありますね。

アフィリエイトなどで確定申告をする必要がある場合、決算資料など作成が結構手間ですね。とくに、経費の計算とか面倒くさい・・・・。そんなときには、クラウド会計が便利です。

MFクラウド確定申告を使っていますが、無料だと月に15件までしか仕訳ができません。

そこで、無料プランでも仕訳数に上限のないfreeeを使ってみたのですが、めちゃ便利。

おすすめです。簿記知識がなくても使いやすい設計となっています。

いずれか使いやすいほうを利用すれば、一番かと思います。

消費税について、いろいろ税務署に聞いて勉強することができました。本やサイトだけではわからないこともあったので聞いてよかったです。

なにより税務署職員の対応の良さにびっくりしました。

とっても丁寧に教えてくれるので、疑問点があったら問い合わせして疑問を解消しておきましょう。

ではでは。

税務署の相談窓口はこちら

あと、この本がコンパクトにまとめられてて読みやすかったですよ。

本 消費税IMG_5134-min

税金ネタ
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント