クックパッドへの投資は一時2倍値上がりから50%下落と痛い銘柄に【2017年決算】

クックパッド2017-04-02_18h17_41

保有しているクックパッドが2017年期の決算を発表しました。

中間決算では、成長路線が鈍化しているような印象でしたが、内容は良かったように一瞬思いましたが、そうだったのでしょうか。

株価も決算発表を受けて、大幅反発していましたが、その翌日からは再び株価は下落基調となっています。一時期2倍くらいまであがっていましたが、そのあとは下落を続けて、完全に売り時を逃してしまっている銘柄となっています。

ビジネスモデルとしても有用なクックパッドでしたが、それだけで投資するのはよくなかったですね。

スポンサーリンク

クックパッド復活の兆し?

2017年12月期の決算の発表を受けて、クックパッド株は前日比+10%と暴騰しました。

クックパッド 2017年12月株価

出典:Kabutan

決算発表の翌日は暴騰しましたが、そのあとは暴落して年初来安値更新です。

クックパッド 2017年12月株価2

クックパッドといえば、レシピサイト最大手で超優良企業ですが、2016年の人事のごたごた以降は、株価は全く冴えません。

2,500円くらいで推移していた株価はとうとう500円台になるくらいまで下がっていました。

そのあと、今回の決算直後で株価は663円(2018年2月9日終値)となっています。

ただ、残念なことに、ふたたび下落し562円(同年2月16日終値)まで下がりました。

≫ クックパッドへの投資で損出たよ。人材流出でもう危機的状況

四半期決算でも、営業利益率は38.7%といまだにかなり高い数値を誇っていますが、売上、利益ともに減少しています。

過去に比べると、利益率もまだ物足りないですね。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

検索アルゴリズムの影響で、クックパッドが検索上位に出る件数が減ったことから利用者数も減っていますが、第4四半期ですこし盛り返しました。

決算発表の際に、まだまだGoogle検索に依存した集客であるという発言もありましたね。

それでも、月間6,000万人近い人が利用していることはすごいことです。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

この積み上げでは分かりづらい部分もあるので、前四半期との差を追ってみます。

スマホファーストの時代ですので、スマホの集客はこうしたネット事業者にとっては生命線です。

クックパッドは、2017年に入って、PC、スマホともに利用者数が減っていましたが、スマホ利用者が持ち直していますね。

スマホの利用者を増やすことで、収益にもつなげやすいと思うので良い傾向です。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料より作成

ただ、質疑のなかでは、構造的に解決したわけではなく、季節要因との認識のようです。確かに、4Qは増える傾向ですね。

【Q5】
国内月間利用者数は 2017 年第4四半期において増加に転じたように見えますが、季節性が要因でしょうか。それとも、料理動画事業の影響等で状況が改善したと考えてよいでしょうか。
【A5】
2017 年第3四半期と比べると好転していますが、構造的な要因による改善があったとは認識しておらず、季節性によるものだと考えています。

引用 2017 年 12 月期通期決算説明会 主な質疑応答の要約

プレミアム会員数も持ち直し

中間決算では、プレミアム会員数が前四半期より初の減少でした。

クックパッドのビジネスモデルは、「フリーミアムモデル」。無料サービスを提供して、一部を有料化する事業です。この有料化にはかなり苦労したようですが(Evernoteなどもそうですね。)。

クックパッド

その柱のプレミアム会員数が減少傾向でしたが、持ち直し始めました。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

前四半期の増減で見ていくと、急減していましたが、再び上昇に転じています。

それでも、これまで毎四半期コンスタントに3万人程度の有料会員を獲得していたのが、2万人程度の増加なので、成長ぶりはやや落ちていると見ていいのではないでしょうか。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料より作成

クックパッドは普段利用していますが、使いやすいのはやはり使いやすいんですけどね。

クックパッドの収益事業

会員事業は前四半期▲3.5% 20.8億円

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

収入の柱である会員事業のうち、有料会員の売上、レベニューシェアの売上ともに減少しています。

レベニューシェアとは、提携手段のひとつで、株式会社NTTドコモが運営する「dグルメ®」等のレベニューシェアを含む通信キャリアからの売上収益が減少しています。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料より作成

有料会員は増加しているのにもかかわらず、収益が下がっているのはなぜなんだろう。

会員事業はクックパッドの生命線なだけに、この収益が落ちていることは見逃せませんね。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

会員事業は、売上の60%を超えるクックパッド最大の事業です。

クックパッドのエンジン部分なので、会員数が増えても収益につなげることができていないのは問題かもしれません。

広告事業は持ち直し 10.5億円 +30.5%

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

広告事業も売り上げは、昨年度と比較すると大幅に下がっていますが、前四半期と比べると回復傾向です。

レシピ動画のマネタイズについての質問に対しては、広告事業を考えているとの答えも出ていました。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料より作成

広告事業は、タイアップ広告も好調です。

海外事業も上昇へ

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

クックパッドは、海外企業を買収し、海外展開もしています。

スペイン語圏で多くの利用者がいるんですが、2017年に入ってから利用者数が急減していました。

季節要因もあるかもしれませんが、大幅に増加しており、海外事業は過去最高の利用者数となっています。

クックパッド 2017年12月決算説明資料 2018-02-10_23h32_01

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料より作成

スペイン語圏や人口が増えているインドネシア語圏などの利用者が増え、収益につながりはじめれば大きな柱となりそうです。

レシピ動画事業 クックパッドTV

レシピ動画では、クラシルが有名ですね。私も大好きです。

クックパッドはFacebookを通じて料理動画を提供していますが、Facebookを使っていないのでその良さが分かりません。

クックパッドTVと料理動画サービスに本格参入し、ライバルを追いかけています。

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

出典:クックパッド2017年12月期決算説明資料

また、カメラの機械学習で「料理きろく」というサービスも始めています。カメラとの連携は結構ニーズがあるんじゃないかと思います。

料理ってハマると記録したくなりますしね。

あとは、個人的にはふるさと納税との連携も面白いんではないかなと思っています。ふるさと納税ではいろんな食材が返礼品でもらえますが、料理の使い方って全くないんですよね。

そのあたりをクックパッド辺りが手掛けてくれると面白いんだけどなぁ。

クックパッドへの投資はどうする

会員数が増えても、会員事業の収益が改善していないことは、あまり良くないメッセージです。市場もそれを見透かしてか、株価は下落の一途をたどっています。

料理動画事業もマネタイズはまだ考えてなさそうですし、短期的にはコスト増要因(先行するクラシルは使いやすいし、先を走っていますしね)。

財務的には盤石ですが、料理一本足打法に戻ったのは、完全に失敗だったんだなと思います。

とはいえ、クックパッドのサービスがなくなるほど使われていないかというとそうでもなく、使いやすいのはやはり使いやすいので、あとは収益にどうつながっていくか、ですね。

クックパッドには、国内だけで毎月6,000万人近い利用者がいるわけです。これは、お金では換算できないクックパッドの価値でもあり、ほかの料理レシピサイトの追随を許さない圧倒的な強さです。

この得られるビッグデータを活用していければ、さらに伸びる余地はあると思います。

投資は見送りしていますが、そろそろ上がってくれないかなぁと遠い目で見ております。少し買い増ししてもいいかもという気持ちもありますが。

業績のみならず、チャートも見ながら、投資はしないといけないなぁと改めて感じます。いまのところ、クックパッドへの投資は失敗だったので、この教訓を活かしていきたい。

ではでは。

≫ 2017年第二四半期のときの記事「決算悪化で10%の大暴落。クックパッド株への投資は吉か凶か。

≫ クックパッドへの投資で損出たよ。人材流出でもう危機的状況

≫ クックパッド「つくれぽ」が最高!株主優待でプレミアム会員になってみた

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク