税金が10万円超なのでクレジットカードで払ってみることに。ちょっぴり節約、ちょっぴり節税。

クレジットカード
photo credit: rubenerd via photopin cc

マイホーム返済は住宅ローンだけではない。固定資産税はボディブローのように来るぞ。」でも書いたのですが、固定資産税が来たので、クレジットカードを使って納税をしようと思います。

今までのように今年もnanacoを利用して節税をしようと考えていたのですが、いざnanacoにチャージをしようと思ったときに、ふと手が止まってしまいました。

税金の支払いは、口座振替が一番楽ちんではありますが、一番お得ではありませんね。そもそも税金を支払うというだけで、お得かどうかってあんまり考えないところかもしれませんが・・・。

普段の買い物でも、クレジットカードを使うとポイントが貯まるので、その分お得になるのと一緒で、税金を支払うことにもそれは当てはまります。

スポンサーリンク

nanacoで税金を払うのがお得はお得

リクルートカード nanaco

セブンイレブンで利用できるnanacoカード。

nanacoで税金や公共料金を払うことができるんです。

仕組みは簡単です。

このnanacoカードはいわゆるチャージ型の電子マネーです。

チャージをする方法は、


  1. 現金でチャージをする
  2. クレジットカードでチャージをする

このどちらかを選べるわけですが、当然ながら現金でチャージをしても全然お得じゃありません(普段の買い物は、nanacoで支払うとnanacoポイントが貯まるので、それはお得。今回は税金支払いという観点からお得じゃないという意味です)。

クレジットカードでチャージをすることで初めてお得になります。

nanacoにクレカチャージすることで、クレカのポイントが貯まるので、その分お得ってワケです。

ちなみに、すべてのクレカがnanacoチャージでポイントが貯まるわけではないので注意が必要です。

詳細はこちらの記事を読んで頂ければと思います。

Pickup! 1枚のnanacoで5万円以上の税金を支払って節税する方法とは?

クレジットカードでも納税ができる

固定資産税

国税でもクレジットカードで納付ができるようになっていますが、地方自治体(※一部)への納税でもクレジットカード納付をすることができるんです。

ただし、注意点は納税金額によって手数料がかかることです。

nanacoの場合は、クレカチャージをするのに手数料はかかりません。

この手数料をどう考えるかが悩ましいところです。

ちなみに、支払回数も1回払いだけでなく、複数回を選ぶこともできます。

Pickup! 便利だけど損する可能性も!税金をクレジットカード納付する際の注意点とは?

クレカ還元率によっては手数料損

このクレカ納税の手数料は、そこそこ高いです。

もちろん、クレカ納税でクレカのポイントが貯まるわけですが、

納税額によっては、手数料負担が重くなる

ことがあるんですよ。

ちょっと、試算してみました。

千葉市・京都市・神戸市が同じ手数料でしたので、こちらの手数料を参考にしてみます。

神戸市 税金 クレジットカード払い

クレカの還元率1.5%と1.0%と比較的還元率の高いクレカで試算してみたのがこれ。

クレジットカード納付サイト

概ね手数料が納税額の1%くらいになっています。

納税額22万円を超えると、手数料負担が重くなるので、手数料損ということになりますね。損というか、手数料を払って納税をしたということですが。

nanacoと比較してみた

nanacoへのチャージで最もポイントが貯まるのが、リクルートカードです。年会費無料で還元率1.2%を誇る素敵なカード。

我が家も使っています。

このカードを利用した場合と納税サイトを利用した場合の比較です。

クレジットカード納付サイトnanaco ナナコ

nanaco圧倒的勝利!!

このグラフを見るだけでは、nanacoで払うのが普通の心情だと思います。

私もこのグラフを見て、やっぱりnanaco払いにしようかと心がグラグラですw

クレジットカード納付サイトを利用してみようと思った理由

さて、冒頭にnanacoにチャージしようとして、手が止まったことを言いました。

nanacoも万能ではありません。


●コンビニ支払いのできる30万円以下の納税に対応

●nanaco1枚あたり10万円までの支払いができる


という制限があります。

今回は、十分支払うことができるんですが、

●nanaco1枚に10万円チャージするのに手間がかかる

5万円入金した段階で、セブンイレブンに行って「残高確認」をする必要があるんです。

nanaco セブン銀行3残高確認-min

これ、何気に面倒くさいですね。

うん、納税額によっては何度かチャージしてはセブンイレブンに足を運ばなければなりません。ちと、面倒くさいんですよね。

セブンイレブンの店員が知らない

一番、nanaco支払いで若干ですが、ストレスが溜まるのが、

店員がnanaco支払いで税金が払えることを知らないこと

です。

言い切るには語弊がありますが、知らない店員が多いんです。私は過去、何度かこの方法で税金を払ってきましたが、何も説明せずに支払えたことは一度もありません

店員の対応にイラッと来て、お店を変えたこともあります。

これを思い出して、nanacoで払うのにストレス溜まるのが嫌だな・・って思い、チャージする手が止まってしまったんですね。

クレジットカード納付サイトなら一発

クレジットカード納付サイトを利用すると、手数料負担というデメリットはありますが、


●納税額による縛りはない(nanacoはコンビニ支払いできる30万円以下が対応)

●一度の支払いで手間いらず


というメリットがあります。

また、クレカによっては年間の利用金額によっては、ボーナスポイントがもらえますね(エポスカード 漢方スタイルクラブカードなど)。

そうしたカードを持っている場合、まとまった金額を支払えるチャンスとも言えますね。

現状では、nanacoで税金を支払うのが最強です。ぜひ、試してもらいたい方法です。

しかし、私は今回は、クレジットカード納付サイトを利用してみようと思います。面倒くさくないというのも、大きなメリットですよね。

いずれにせよ、税金はただ払うだけではもったいないですよ。

固定資産税、自動車の税金、コンビニで払える税金やインターネットで払えるのであれば、

クレジットカードを利用して、ちょっぴりですが節税してやりましょう。

やっぱり税金を払うのはnanacoが最強ですね。nanacoチャージはリクルートカードが一番ポイント貯まります。楽天カードも対象外になったので、リクルートカードが一番です。

リクルートカードに申し込んでみる

ではでは。

Pickup! マイホーム返済は住宅ローンだけではない。固定資産税はボディブローのように来るぞ。

Pickup! 固定資産税とは?nanaco(ナナコ)で支払って税金を安くする方法を解説

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly