クレジットカードは使い方次第で家計にプラス!どんなカードを選べばいいんだろう?

楽天カード

もう生活にはクレジットカードは欠かせない存在です。現金で払うことがほとんどないです。

でも、クレジットカードってしょっちゅうポイント還元率とか変わったりしますよね。漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージを改悪したと思えば、REXカードも還元率が1.75%から1.5%に改悪になります。

結局これがお得!って思っていても、改定という名の改悪にあったりするとなんだか損をした気分になります。

で、結局どんなクレジットカードがおすすめなわけ?

クレジットカードの使い方はどれが一番だと思いますか?

スポンサーリンク

クレジットカードの使い方はこれが一番

クレジットカードは便利なんですが、買ったときは「お金が出て行かない」というのが、なんだか打ち出の小づちみたいな感覚でどんどん買ってしまう危険性もあります。

幸いにして、私の周りにはクレジットカードの使い過ぎで破たんした人はいませんが、テレビでクレジットカードの使い過ぎで自己破産してしまったってのも見たことがあります。

1回払いを絶対にしよう!

支払い方法は、何回払いか選ぶことができますが、1回払いにしておきましょう。私は1回払いしか利用したことがないのですが、回数が多ければ多いほど、1回の支払い額は減りますが、トータルでは損をします。手数料もとられますしね。

一番、複数回払いで問題だと思うのがお金の管理が複雑化するってことだと考えています。

いつ、何を買ったものの支払いなのか?複数回払いが多いと、それがよくわからなくなってしまいます。お金の流れがシンプルなほうが当然管理もしやすいのが、わざわざ損をしてまで複雑にして管理できなくなると・・・どうなの?って感じです。

クレジットカードを使うなら

「1回払い」は必須で守るべきこと。

そう思います。

高還元率がいいのか?

クレジットカードの還元率って0.5%が一般的なんですよね。それが年会費を払うとREXカードのように1.5%になったり、リクルートカードプラスのように年会費2.0%と3倍も4倍も還元率が違うわけです。

でも、今回REXカードや漢方スタイルクラブカードの還元率改悪で思ったのが、還元率が高ければ高いほどカード会社は利益が出しにくいんですよね。だから、ある程度の会員数が増えると改悪する流れになるんだろうな、と。

悲しいお知らせです。高還元率のクレジットカードである「漢方スタイルクラブカード」と「REXカード」の還元率が揃って下がります。 2015年12月から還元率は1.75%から1.5%...

結局、そうなると年会費無料のカードのほうが気分的にもいいです。年会費無料ではあんまりポイント改悪とか聞きません。

年間のカード支払額にもよりますが、還元率が高いってだけでわざわざ年会費を払ってまでクレジットカードを持つってのはナンセンスだと思う。

生活に合ったカード選びを

結局のところ、生活スタイルに合わせたカード選びが大事ですよね。我が家は、固定的に出ていくお金(光熱費とか)は、漢方スタイルクラブカードを利用していますが、それ以外はリクルートカードを利用しています。年会費無料だし。

結局、何の支払いをクレジットカード払いするか?ってことを考えればいいんですよね。

例えば、ANA VISA Suicaカードだと、ANAマイルが貯まるからお得なカードなわけですが、うちの場合はANA乗ったことないし、飛行機ほとんど乗らないので選択肢から外れるわけです。

dカードは年会費実質無料・1.0%還元

dカード3-min

おサイフケータイ時代から利用勝手の高さから愛用していた「iD」。DCMXというドコモが発行しているクレジットカードでしたが、これがdカードとして生まれ変わりました。

1回の利用で年会費が次年度無料になるので実質無料です。

還元率は1.0%。これまではドコモユーザーしか利用できなかったクレジットカードですが、dカードはドコモユーザーに限らず利用することができます。

iD利用店舗では、dポイント1%貯まるので、クレカ利用と合わせて合計2%還元です。※2016年3月31日までは要キャンペーンエントリーで2%還元(つまり、合計3%還元)

dカードは、ポイント交換先も幅広く、還元率も高いのでかなり便利なクレジットカードです。しかも、電子マネー「iD」がdカードに搭載されているので、おサイフケータイを利用できないiPhoneユーザーにとっても貴重なクレジットカードです。

早速申し込んで見ました。dカードを。

関連記事 Pontaとの交換もできる「ドコモのdポイント」が始まるよ。DCMXもdカードと生まれ変わってより便利に。

楽天カード・無料で1.0%還元

楽天カードも楽天市場でポイントを使えますし、持っておきたいクレジットカードです。

こちらも楽天edyへのチャージでもポイントが貯まります。リクルートカード(VISA)と同様、楽天カードの場合はJCBブランドを選ぶとnanacoチャージでもポイントが付与されますよ。

しかも期間限定で1ポイント1円で使える楽天スーパーポイントがもらえます。楽天ポイントカード機能も追加されてますますポイントが貯めやすくなっているのが楽天カードです。

家計の手助けという美名の消費はやめておこう

ポイントが貯まるから買うって心境になるのも分かりますが、それはやめておきましょう。

クレジットカードはあくまで手段

家計にちょっとでも貢献してもらうための方法です。クレジットカードを使うとちょっと気が大きくなって、高い買い物をしちゃうときもあります。

だから、クレジットカード払いは、固定費を払うことに専念させるのが一番です。慣れてきたら、普段の買い物にも使っていきましょう。

クレジットカードの使い方で大事なのは、使った日と現金支出を近づけることです。基本的にカード払いすると、カード引き落とし口座に入金するなど支払日を待たずして、清算しておくことが大事ですね。

こうすることでお金の流れがシンプルになりますよ。

クレジットカード払いは、家計にお得!

そして、カード選びで迷ったら、年会費無料で還元率が1.0%以上のdカード/dカード GOLD楽天カードが持っておきたいカードだと思います。

生活スタイルにあったクレジットカード選びに成功すると、家計の足しになりますよ。

では。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly