円高になると株価も下がる。為替と株価の関係を備忘録しておこう。

株式投資 株式投資
スポンサーリンク

英国のEU離脱の国民投票の結果が出た後は、いったん株価も上がっていたんですが、再びリスクオフモードになっていますね。下げ相場になると資金の逃げ足は速いです。いつも逃げ遅れます(逃げようともしてませんが)。

円高が進んでいて、対ドルでは100円近辺になっていますね。今年の初めは、120円だったんでめちゃくちゃ円高が進んでいます。

参考  米ドル対円相場

よく為替と株価は関係するって言うけど、一体株価の底値はどこなの?

スポンサーリンク

株価と為替の関係

日経新聞5月16日の特集記事で、「株価と為替」に関する記事がありました。

株価を予測するのは難しいですが、こうした関係性を見て投資の判断とすることもできますね。

例えば、日経平均株価に採用されている企業のPER13倍で見ると、対ドルで100円であれば、株価の目安は14,040円です。PER13倍までにはなっていませんが、このあたりは一つの底値として考えられそうです。

円相場(対ドル)90円95円100円105円110円120円
予想1株利益・日経225(’16年度)949円1,015円1,080円1,146円1,211円1,343円

日経平均株価の目安/PER16倍

15,184円16,240円17,280円18,336円19,376円21,488円
PER15倍14,235円15,225円16,200円17,190円18,165円20,145円
PER14倍13,286円14,210円15,210円16,044円16,954円18,802円
PER13倍12,337円13,195円14,040円14,898円15,743円17,459円

ただこの表を備忘録として残しておきたかっただけなんですけどね。

PER15倍であれば、日経平均株価の水準は16,200円ですが、現状ではかなり下回っていますね。

スポンサーリンク

下がった時こそチャンス

dollar-bill-100-euro-money-banknote-52541

株価が下がったときこそは、買うチャンスです。

欲しい服がセールになれば買うように、株式投資も割安な時期に投資できればそのあとの値上がり益を期待しやすいですね。

落ちるナイフを拾うのは恐いものですが、利益が順調に出ている企業、みんなが売っているから売られている企業などは、投資するのも恐さがなくなります。恐いのは株価だけ見て投資をすることです。

それさえしなければ、投資は健全なお金を増やす方法だと思います。

うちのブログに、「ゆうちょ銀行 底値 いつ?」って検索で訪れる方もいてくれるんですが、すいません。分かりません。

ただ、底値付近にはいるだろうと思い、ボチボチ追加投資をしている状況です。

こうしたときには、配当を安定して出す企業へ投資するようにしています。今では、マイナス金利で定期預金も雀の涙にもならないくらいです。0.1%以下なんてざらです。

100万円預けても1,000円の利息です。でも、三井住友フィナンシャルグループのように配当利回り5%の企業に投資すれば、50,000円の配当がもらえます。

50倍も差があるわけです。

※税引き前

スポンサーリンク

始めないと何も経験できない

私は株式投資を通じて、新聞が劇的におもしろくなりましたし、商品を買うときにも販売する企業のことを見るようになって、すごくおもしろいなと株式投資に対して思っています。

はじめてよかったもの。

それは株式投資です。マーケットから学ぶことは実に多い。

100冊の投資本を読むより、1回の株式投資が経験になる。」でもご紹介しましたが、

マネックス証券の調査によると、若いときから投資を始めたかったと思っている人が7割近くいます。

マネックス証券アンケート

出典 マネックス証券※PDF

投資を経験した多くの人がそう思っていることは、やっぱり早く始めたほうがいい理由がそこにはあるわけです。

私が投資を初めてしたのは28歳のときでしたが、大学を卒業してからの6年間。とてももったいない期間だったと思います。

実際に少額でもいいから投資をする、体験をするというのはとても必要なことです。お金を失うこともあれば、増やすこともあるでしょう。そうした経験がひとつひとつ血となり肉となるわけです。

退職して再任用で職場に来ている人で、退職金を株に突っ込んで失敗されている人はたくさん見てきましたが、そうならないためにも若いうちから、少額でもいいから一度はやってみるべきだと思います。

手数料が安かったり、IPOの際にちょっと有利な証券会社もあります。

いまはマイナンバーも必要になって若干口座開設は面倒くさいですが、一度開設してしまえば、あとは投資の準備は完了です。

何に投資すればいいか?

私は配当の多い企業や、将来の成長が期待できる企業に投資することが多いですが、一番身近な企業への投資がいいと思います。

コンビニに行ったときに、好きな商品を作っているメーカー。あるいは、自動車好きならトヨタなど自動車メーカー、自動車部品を製造しているメーカーなど投資先を身近に感じる機会はなにげに多いです。気づいていないだけ。

為替と株価と言う話でしたが、円高に振れています。企業業績悪化で株価も下がっていますが、今はそういう意味で良い機会かもしれません。

※投資は自己責任でお願いしますね。

株式投資
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント