【ポイントで株式投資】楽天証券とSBIネオモバイル証券のメリット比較

楽天証券 ポイント 株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天証券楽天スーパーポイントを使った国内株投資ができるサービスが始まりますね。

10月28日(月)からサービス開始の予定

今では、楽天証券は投資信託をポイントで買うことができるので、国内株も投資できるのはメリットがさらに増幅しますね。

楽天経済圏を利用しているとポイントが貯まるので、投資デビューに最適な証券会社と言えますね。

まだ、私も楽天証券で毎月楽天カードによって積立投資をしていますし、楽天ポイントのメリットを感じています。

国内株では、SBIネオモバイル証券が先行して、Tポイントで国内株を購入できる仕組みを取り入れていますので、これから始める方はどっちがいいかをまとめてみました。

スポンサーリンク

ポイント投資のメリット

楽天証券 楽天スーパーポイント 

ポイントで投資するサービスは増えており、大きく2つに分けると、

【ポイント投資とは】

  • ポイントを運用してポイントを増やす
  • ポイントを利用して投資信託や株式投資をする

というものです。

楽天証券は、どちらも対応しています。

私もdカードの利用で貯まったdポイントを投資しているんですが、それはそれでいいんですが、投資信託や個別株を投資できるほうが所有の喜びもあって、メリットを感じますね。

詳細はこちら ≫≫ dカード

楽天証券とSBIネオモバイル証券の違い

それでは、楽天証券とSBIネオモバイル証券の違いを見ておきましょう。

項目楽天証券SBIネオモバイル証券
ポイント楽天スーパーポイントTポイント
※期間限定ポイント不可※期間限定ポイント不可
上限50万pt/1日,1か月
口座維持手数料無料無料
取引手数料(税抜)50円~月200円(50万円までの約定の場合)
1%ポイントバック
NISA口座対応非対応
※ジュニアNISAは対象外
IPO対応非対応
単元未満株非対応対応
その他SPU対象外

楽天証券は、国内株式を買う際の株の購入資金でも、手数料でもどちらにでも充当することができます。

楽天証券は、株価によって取引手数料が変わり、その1%分が楽天スーパーポイントをもらうことができます。

取引手数料

取引手数料の違いを見ておきます。

\楽天証券の取引手数料/

取引金額新手数料
5万円まで50円+消費税
10万円まで90円+消費税
20万円まで105円+消費税
50万円まで250円+消費税
100万円まで487円+消費税
150万円まで582円+消費税

一方、SBIネオモバイル証券の場合、50万円以内での約定代金であれば、200円(税抜)と一定です。

しかも、Tポイントが毎月200ポイントもらうことができるので、実質の手数料は無料です。

SBIネオモバイル証券の手数料

月間の国内株式約定代金合計額サービス利用料(月額)
0円~50万円200円+消費税
300万円1,000円+消費税
500万円3,000円+消費税
1,000万円5,000円+消費税

約定代金の範囲内であれば、一定額というのは手数料が低くメリットがありますね。

メリットの違い

大きな違いを見てみると、

ポイントを使う点での、楽天証券のメリットは、大きく2つですね。

【楽天証券のメリット】

  • 国内株式であれば、NISA、IPOに対応
  • 投資信託も購入可

一方、SBIネオモバイル証券のメリットは、

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 国内株式であれば、1株から購入可能
  • 500円など金額単位でも購入可能

楽天スーパーポイントを利用することで持ち出しを小さくして株を購入できるメリットがあります。

一方、デメリットは、単元未満株の購入に対応していないこと。

個別株を購入する場合は、投資資金が必要になってくるので、楽天スーパーポイントが10万、20万とないとポイントだけで買うのは難しいですね。

その点、SBIネオモバイル証券は、「金額単位」でも「1株」単位でも購入することができるので、少額投資資金で分散投資も可能というメリットがあります。

楽天証券は、楽天カードで投資信託を買うことができる

楽天証券のもう一つのメリットは、楽天カードで投資信託を購入することができるんです。

私も毎月利用しています。

ポイントを見ておくと、4つあります。

メリット① ポイントで投信購入

楽天スーパーポイントを使って、投資信託の購入ができる

【楽天スーパーポイントの利用可能上限】

  • 30,000ポイント/1注文
  • 100,000ポイント/1ヶ月
メリット② ポイントで積立投資

投信積立の購入代金の一部または全てにポイントを利用できます

【楽天ポイントの利用可能上限】

  • 500,000ポイント/1注文
  • 500,000ポイント/1ヶ月
メリット③ 楽天カード決済

楽天カード決済で積立投資ができるようになります

  • 毎月50,000円まで
  • 購入額の1%の楽天スーパーポイントが貯まる
メリット④ SPU対象

楽天スーパーポイントプログラム(SPU)の対象

  • 楽天証券で500ポイント以上の投資
  • 楽天市場でのポイントアップ(+1倍)
楽天カード楽天証券を持っていると、かなり最強の積立投資ができるのではないでしょうか。

貯まったポイントで、投資信託を買うのも良し、国内株式を買うのも良しという選択を持つことができますね。

投資信託と国内株式どっちが優先?

ポイントを利用し、同日に投資信託と国内株式を取引した場合、ポイントは投資信託への買い付けに優先して利用されます。

スポンサーリンク

コツコツと投資をしていこう

ポイントで国内株式への投資ができるようになり、楽天証券のメリットがググッと上がってきましたね。

ポイントで投資することができて、もちろん、単元株であれば、配当ももらえ、株主優待だってもらうことができます。

楽天経済圏を利用している方の投資デビューには最適ですね。

【楽天証券に向いている方】

  • 楽天スーパーポイントを貯めている
  • 国内株式の投資にチャレンジしてみたい
  • 投資信託にも興味がある
\今すぐチェック/

一方、SBIネオモバイル証券もメリットがあります。

【SBIネオモバイル証券に向いている方】

  • Tポイントを貯めている方
  • 少額投資で分散投資をしたい方(1株から購入可能、金額単位で購入可能)
\今すぐ口座申込/

ポイントで株が買えるなんて、いい時代が来ましたね。

ちなみに、どっちか迷うくらいなら両方の口座を持つのがいいですよ。

楽天証券は、アプリも見やすく、残高30万円以上で日経新聞が読めるサービスがあるなど、充実しています。

コツコツと投資にお金を振り向けて、資産を増やしたり、配当金などキャッシュフローを作っていきたいものですね。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント