家族カードを持っている人は4割!正しい家族カードの使い方とは?

マイホーム,マンション,戸建て アンケート
スポンサーリンク

先日公開した「4人の家計簿比較で見えた!子育て30代のリアルなお金事情が明らかに!」で2つのアンケートを取っていたんですが、その一つが「外食は月に何回しますか?」というもので、そちらをまとめました。

もう一つが今回の記事です。「家族カードを持っていますか。

こちらは、144人もの方がアンケートにご協力いただけました。ありがとうございます。

4人の家計簿比較記事では、我が家以外は家族カードを持っていなかったので、少ないかな?と思ったら意外と持っている方は多いんですね。

お聞きしていると、「家族カードを持っていると管理が大変」などの意見もあったんですが、持たれている方はどんな管理方法をされているのか興味があるところです。

我が家は、家族カードの管理を振り返ってみました。

スポンサーリンク

家族カードを持っていない人のほうが多い

アンケート結果のキャプチャがこちらです。

「家族カードを持っていない47.92%)」と答えた方のほうが、「持っている(40.28%)」よりも多かったですね

クレジットカード、家族カード

気になるのが家族カードを持っているけど使っていない方が若干いること。理由もさまざまでしょうけど、どうして使わないのか聞いてみたいところですね。

スポンサーリンク

家族カードを持ってよかったこと

我が家は家族カード歴2年ほど。

それまでは、家族カードは持たずに、夫婦別々でクレジットカードを持っていました。今でも、そのようなカードはありますが、基本的に家族カードに一本化しています。

我が家が家族カードを作った理由は2つあります。

理由1)家計管理が大変だった

クレジットカード、家族カード

結婚前の経緯もあったので、ものすごい複雑な家計管理をしていました。

例えば、

  • 電気代は夫のクレカ
  • 電話代は妻のクレカ
  • ガス代は妻のクレカ
  • 水道代は夫のクレカ
  • 普段の買い物は、その時々で使い分け

結婚当初にあまり深く考えていなかったので、要は電気の契約をしている人、電話の契約をしている人、ガスの契約をしている人別に支払いを分けていたんですね。

後で聞くと、契約者じゃなくても、家族が支払えばいいんで、こんなぶちくそ面倒くさいことはしなくて済んだんですが。。。

要は、めっちゃ面倒くさいわ!!

ってことです。

クレカが別々だと、当然引き落とし口座が違いますよね?それぞれに毎月、入金するんですが、超面倒くさいです。こんなんやってられるかぁ!と思い、家族カードを作って一本化にしました。

ポイントが一元化

クレジットカードの魅力の一つが、貯まるポイントですね。特に、電気代など毎月引き落とされる支払いについては、クレカ払いが断然おすすめです。

普段の買い物は、現金払いのほうが管理がしやすいので、クレカ支払いが苦にならない人はクレカ払いがいいですね。

家族カードを作ることで、ポイントがグンと貯まりやすくなった!

ということです。パートナーが使っている百貨店のクレカのポイントが全然貯まらない・・という嘆きは受けていますが、今まで分散化されていたポイントが集約されるので、メリットは大きいですね。

クレジットカード、家族カード

貯まったポイントは、もちろん家族還元(というかパートナーのお買い物)に使っております。

ふるさと納税は家族カードで支払えるの?

家族カードでの支払いはオッケーです。

家族カードの場合、


夫が本人カード:カードの名義は夫、明細は夫

妻が家族カード:カードの名義は妻、明細は夫 


ということになりますね。

妻がするふるさと納税を家族カード(メインは夫)で利用しても、妻の税金は控除されました。実践済です。

寄附金受領証明書が、税金控除をするあなたの名義であれば、だれが支払ったかは関係ないですね。確定申告のときに、クレカの明細は提出しませんからね。

税金が安くなるふるさと納税も家族カードで支払ってポイントを一元化しておこう。

スポンサーリンク

家族カードにしてダメだったこと

十分な検証はできていません。

ただ、家族カードにしたことで、支出が増えたんじゃないか?ということ。家族カードが原因かどうかはわかりませんが。

家族カードを持つと、「普段使ってもいいカード」という認識が我が家にあったのかもしれません。支出が一本化され、ポイントが一本化されても、それ以上にクレカによって支出が増えてしまっては意味がありませんからね。

ここで、我が家は家族会議を重ねました。

本当に家族カードを使うべきなのか。

クレジットカード、家族カード

普段の生活においては、現金払いにしています。我が家は一週間袋わけ管理による現金支払いにしていますが、日用品が増えるときなどやしょうゆなどの調味料(あれって切れるときは重なるんですよね)が増えるときは、足りない場合があります。

そんなときに、いちいちATMに行くのも面倒くさいということで、やはり家族カードがあるほうが時間的節約につながり、ストレスも少ないという意見もあって、使い続けています。

突発的な買い物は即座に把握

今まで、家族カードを使っていても、自分が知らないところで使っている場合は、家計管理に支障が出てしまいます。

いざ、クレカの支払い代金を入金する際に「あれ、こんなにもあったのか」というのが続きました。

そこで、突発的な買い物の場合は、レシート管理により、すぐに把握することで防げるようになりました。

スポンサーリンク

家族カードを持つことは一長一短

家族カードを持つことで、家計管理が楽になり、ポイントも貯まります。それは確実なことですが、メリットばかりではないこともあります。我が家で言えば、家族カードをもつことで、支出が緩んでしまったのではないか、ということです。

それぞれの家庭において、クレジットカードの使い方・マイルールを持っておくことが必要ですね。それは、家族カードを持つことにも共通してきます。

家族カードを持つなら、できるだけポイント還元率が高く、使いやすいものがいいですね。

➡ 楽天カード :楽天市場など

➡ Yahoo!JAPANカード(Tポイント):納税やロハコなど

➡ リクルートカード:じゃらんやホットペッパーなど

➡ dカードdカード GOLD:ローソンやドコモなど

など、4大ポイントあたりが良さそうです。我が家は電子マネーiDを使っているので、dカードを保有しています。

また、持っておくと海外旅行保険が付与されたり、優待店舗も多いエポスカードは人気ですね。

公式 エポスカード 

家族カードを持つべきか?は、クレジットカードを持つべきか?に共通します。クレカの支払いによって支出が増えてしまっては元も子もありません。

使い方を肌で学んでいくことが大事なんじゃないかな。

我が家も、よりよいカード管理ができるよう実践を重ねていきます。

ではでは。

アンケートクレジットカード
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント