フラット35の団信が制度変更。別払い不要や介護保障もつくので使いやすく

フラット35 団信

住宅ローンを選ぶときには、悩む固定金利と変動金利。

固定金利は、金利変動の心配をしなくいいので、資金計画がたてやすいのが特徴です。

その固定金利の代表格が、フラット35です。

CMでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

フラット35は、住宅金融支援機構(独立行政法人)が提供している住宅ローンで、各銀行が仲介して販売しています。

住宅ローンを組む場合、借りる人に万が一のことがあった場合の備えて、「団体信用生命保険」(通常、「団信」)に加入が義務付けられています。

フラット35の場合には、この団信が任意加入です。

我が家もフラット35で借りましたが、団信は未加入で民間生命保険で対応しています。

この団信の制度変更があるので、これからフラット35を検討している方は知っておくといいですよ。

スポンサーリンク

フラット35の団信が安くなる

フラット35は、団信は任意加入なので、加入する人は「別払い」をする必要がありました。

これが、団信を加入せずに生命保険を利用することができ、なおかつ、生命保険なので「生命保険料控除」を利用することができました。

団信は、別払いなので余計に払っているような感覚になりますが、入っておいた方がいいですね。過去に試算したときには、民間生命保険よりも団信加入のほうがメリットが大きかったです。

参考  フラット35の団体信用生命保険は必要?加入時の年齢で判断しよう。

別払いが金利込みに変わる

2017年10月1日以降は、この別払いがなくなるんです。

フラット35 団信 変更

出典:住宅金融支援機構

団信により加入しやすくなったと言えますね。

2017年9月30日までにフラット35を申し込んでいる場合は、10月1日以降に改めて申し込みが必要(審査も再度行われる)。
ちなみに、新団信の場合は、借入額にもよりますが、総支払額が安くなる場合があります。
別払いが不要になる代わりに、借入金利+0.28%が加算されます。
フラット35 団信 変更
 
3,000万円借入の場合、総支払額では約35万円安くなります。(借入金利により変動します)

9月末までと10月以降の違い

民間住宅ローンの場合は、保証料が必要な銀行もありますが、フラット35は保証料が不要です。

住信SBIネット銀行などは民間銀行ですが、保証料が不要ですね。

【違い】

~2017年9月末

○フラット35:返済額+団信保険料(任意)

○銀行:返済額+保証料(または事務手数料)

2017年10月~

○フラット35:返済額(団信は金利込み:借入金利+0.28%
○銀行:返済額+保証料(または事務手数料)
 
別払いのときには、住宅ローンをシミュレーション比較が手間でしたが、金利込みなので比較がしやすくなりましたね。

引き続き、団信の加入は任意。団信に加入しない場合は、「借入金利▲0.2%」です。 ※2017年10月1日以降の申し込みの場合

中身もリニューアル

 通常、団信は死亡時または高度障害のときに、住宅ローンの返済が免除される仕組みです。

それに加えて、3大疾病保障(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)に「介護保障」がプラスされることになりました。(借入金利+0.24%

フラット35 団信 変更

出典:住宅金融支援機構

ちなみに、介護保障は、次の場合です。

次のどちらか一方に該当するとき
・保障開始日以後の傷害または疾病を原因として公的介護保険制度による要介護 2 から要介護 5 に該当していると認定されたこと。
・保障開始日以後の傷害または疾病を原因として引受保険会社の定める所定の要件を満たすことが、医師による診断で確定されたこと

要介護2は、下から4番目のときで、食事や排せつに何らかの介助を必要となることがある場合などです。

団信 住宅ローン フラット35-min

フラット35の団信を利用する場合、「別払い不要」となることで使いやすくなりそうですね。これまでと同様に、「加入しない」という選択肢も取ることができます。

フラット35借入時に、団信加入しない場合はあとから加入はできません。

固定金利は資金計画が立てやすい

フラット35は、住宅金融支援機構という独立行政法人、いわば国が支援しているため、長期の固定金利を実現しています。

また、指標である10年物国債利回りが低金利で推移しているので、金利もかなり下がっていますね。

フラット35推移 201704

2017年10月適用金利フラット35フラット35S
返済期間/融資比率9割以下の場合
()内は9割超の場合
15年以上~20年以下1.09%(団信なし)0.84%(団信なし)
1.29%(団信込み)1.04%(団信込み)
(返済比率9割超)(1.53%)(団信なし)(1.28%)(団信なし)
(1.73%)(団信込み)(1.48%)(団信込み)
21年以上~35年以下1.16%(団信なし)0.91%(団信なし)
1.36%(団信込み)1.11%(団信込み)
(返済比率9割超)(1.60%)(団信なし)(1.35%)(団信なし)
(1.80%)(団信込み)(1.55%)(団信込み)

多くの方が、フラット35S(当初5年または10年間は更に金利が下がるプラン)を利用しています。

フラット35S ・Aプランの場合、10年間は▲0.25%、Bプランは5年間は▲025%となりますね。

変動金利並ですね。

フラット35S 金利

出典:住宅金融支援機構

参考  住宅ローン「フラット35s」が人気!手数料を抑えて賢く借りよう

2017年10月1日以降の申し込みは、金利引き下げ幅が▲0.25%になります。
フラット35Sは、借り換えの場合にはりようできません。

子育て支援型・地域活性化型はさらに▲0.25%

自治体の住宅取得支援制度がある地域では、さらに金利が下がるプランがあるんです。

子育て支援型・地域活性化型と新しくできた制度なんです。

しかも、

フラット35S と併用ができる

ため、最大0.5%の金利が下がります!

ARUHI フラット35 住宅ローン

出典:ARUHI(一部追記)

利用できる自治体はこちらから見ることができます。

フラット35は、変動金利よりも高いです。

しかし、その分、金利が固定されるため、資金計画が立てやすく、金利上昇の不安もありません。

変動金利との差は、安心料とも言えますね。

住宅ローンを借りるときには、まずは事前審査が必要です。予定している方は、時間があるときに受けておきましょう。

以上、フラット35の団信の制度変更は2017年10月1日申込受付分以降です。それまでは今と同じですが、金利優遇幅が大きいので、事前にシミュレーションをしておきましょう。

ではでは。

≫  ARUHIで事前審査を受けてみる(頭金2割以上でずっと0.1%金利優遇(1割の場合は0.05%)

≫ 住信SBIネット銀行で事前審査を受けてみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly