会社員としてがたまに息苦しい。40代はセミリタイアも意識した準備をしたい

スポンサーリンク
セミリタイア

会社で働いていると、たまに息苦しく感じることがあります。

そんなときないですか。ないですか。それはとてもいい職場です。

”会社で働いている”ときもありますが、通勤時間などでもあります。

こう精神的にしんどいとかではなくて、

もっと自由にしたい!!

ということですね。

社内のやる前からできない言い訳軍団、前例踏襲軍団に遭遇すると、あーもう面倒くさいわ!って思っちゃいます。

ふと会社員のまま60歳、あるいは、再雇用をされると65歳まで働く・・・って思うと、ゾッとしちゃうわけです。

生きていくためには、お金が必要ですし、サラリーが必要なんですが、セミリタイアというのも意識して40代を迎えたい。

スポンサーリンク

自分の人生、自分の時間、家族の時間

人生40年近く生きてきて思うことは、時間が過ぎるのは早いなぁってこと。

1年1年、毎年(少しずつだけど)レベルアップして、充実度も上がっています。

けれども、人生の時間を考えたとき、会社の時間ってあまりにも長いですね。

通勤時間を含めると、1日11時間。

20日勤務で220時間。

1年で240日働いているとして、2,640時間にもなります。

年間を時間で見ると、8,760時間あります。

2,190時間(約6時間睡眠)は睡眠と考えれば、稼働時間は6,570時間です。

年間2,640時間という時間は、30%にも及びます。

1年間の時間

すごい数字ですね。

時間は有限です。

平均寿命が80歳なので、折り返し地点が近づいています。

たまに会社が辛い

4年前もちょうど会社の人間関係で辛い時期でしたが、4年周期なのか、また、やってきました。

出世欲ゼロの私は、仕事の成果を持っていかれようがなんだっていいんですが、ことごとくそうされると疎外感や仕事していない感を持ってしまいます。

微妙なこのフィーリングは誰かに相談できるものでもないのですが、こういうときって会社のいる時間ってホント辛くなりますね。

今はほかにやりたいこともあるので、抜け出したい気持ちも出てきます(かといって、サラリーがないと生活できない小心者です)。

4年前にも経験しているので、ちょっと慣れっこ。自分の心を支える方法も身に付けたので、今は大丈夫。

こうしたときには、「会社にいる時=無駄」なんて安直に考えてしまうわけですが、これからの時代、やはり”自分でも稼げる”環境を作っておくのが大事だと考えます。

収入源を複数持っておくと、選択肢が劇的に増えますので、ひとつに依存しなくて済むというのは精神的にもいいですね。

収入源を作る時間を創出

時短 子ども 時間

アラフォーになるわけですが、アラフォーとしての個人的な目標は、収入源を作る、です。

アラフィフになったときに、新たな選択を選びたくなるかもしれません。

そのためには、家族を養い、2人の子どもの教育費を払える収入があるのは最低限必要だと考えています。

1日の自由な時間は、1~2時間程度です。

2時間と考えると、月に60時間ほどあります。年間720時間ありますね。

720時間あれば何ができるだろう。

できることは限られていますが、まさにエッセンシャル思考を持って取り組んでいきます。

≫ 「断る」勇気を持つこと。それが自分の100点を出すための近道。

積立投資は時間も手間もかからないので、これからも続けます。

配当金収入も管理の手間はほぼゼロです。定期的に保有株の業績や株価のチェックは必要ですが、株価はそれほど気にせず、配当金を得て、再投資する方針

不動産投資は、まだ全然進めることができていませんが、この4年の間には、一歩を進めたい。

会社が辛いと思うときは逃げることも大事です

私のまわりで、うつになった人もいます(弟ですが)。

会社にもいます。

仕事仕事・・・・辛くても、真面目で、がんばり過ぎる人ほど「逃げる」選択肢を持っておくことが大事だと思います。

「逃げる」という表現は適切ではないかもしれませんが、自分の心を守るためですから、何も恥ずかしいことはありません。

私も逃げ道は持っています。

頑張り過ぎて、イライラして、子どもや家族に当たってしまうのは最悪なので、自分の逃げ道を作ることって大事です。

マクドナルドで10分間、100円コーヒー飲みながらぼーっとするだけでも全然気持ちが変わる」と言う同僚がいましたが、まさにこうした場所や場面を作るのが大事なんだと思います。

と、何が書きたいか分からなくなりましたが、

  • 自分の時間を創出する!(収入源を作る時間にする)
  • 会社がちと辛くても、心の逃げどころを活用して、がんばる!

です。

人生、良い周期と悪い周期が巡ってくるものですな。

こういう時の気持ちをエネルギー源にもして、目標に向かって進んでいきたい。

ではでは。

≫ 50歳になったときの目標をまとめてみる(ただし、妄想)。リタイアも夢

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly