はじめてのふるさと納税で知っておくべき4つのポイントを簡単にまとめてみる。

ふるさと納税 4

ふるさと納税ポータルサイトの「ふるさとチョイス」の調査によると、約8割の方が「ふるさと納税は知っているけど、したことがない」ようですね。

昨年は、別の調査ですが9割の人が「制度は知っているけど、したことがない」だったので、少し浸透してきているのかもしれません。

友人も「ふるさと納税ってどうやってするの?お得なの?」聞いてきていたので、興味を持つ人が増えているのかもしれません。

ふるさと納税をしたことないと、色々不安です。

私も初めて寄付をした際には不安な気持ちでした。

当時の不安を思い起こして、簡単なポイントをまとめておこうと思います。


◎ふるさと納税が初めてで不安だけど、やってみたい方

◎ふるさと納税の押さえるべきポイントを知っておきたい方


に参考になれば幸いです。

あなたはちょっとラッキーです。

12月は、ほぼほぼ年収が分かるので、ふるさと納税をする良い時期でもあるからですね。

スポンサーリンク

ふるさと納税4つのポイント

ふるさと納税をするのは、とても簡単です。

◎あなたの年収から見る限度額を確認する

◎限度額の範囲内で好きな自治体(欲しい返礼品)を選ぶ

◎クレジットカードで寄付をする

◎確定申告またはワンストップ特例で税金控除の申請をする

この4つだけです。

確定申告は来年の話ですので、わずか3つのステップでふるさと納税をすることができます。10分もかかりません。

年収から見る限度額

ふるさと納税は、自治体への寄付です。東京一極集中の是正も兼ねて、地方へお金を回そうと始まった制度です。

寄付額から2,000円を除いた残りの金額の税金が控除されます。

ふるさと納税 上限額2

具体的に言うと、10,000円寄付すると2,000円は自己負担で8,000円は税金が控除されます。

この2,000円負担は限度額の範囲内であれば、いくつもの自治体に寄付をしても変わりません。

限度額(上限額)ってなに?

で、限度額ってなに?ってわけですが、年収に応じて納める税金が変わってきますよね?

住民税の所得割の2割までが限度として、税金を控除しますよということです。分かりづらいので、一覧表を見るとスッキリします。

次は総務省が目安として出している一覧表です。

ふるさと納税 年収上限

出典:総務省

例えば、年収600万円(独身又は夫婦共働き)の方であれば、限度額は77,000円となります。

77,000円寄付をすれば、75,000円の税金が控除されます。

77,000円を1回で使ってもいいし、10,000円×7自治体+7,000円×1自治体というような寄付の方法もできます。

2,000円の自己負担はどちらでも同じですね。1回の寄付ごとに2,000円の負担がいるわけではないのです。

限度額の確認の注意点

ふるさと納税のほかに、住宅ローン控除や医療費控除など税金を安くする制度を利用している場合は、限度額が下がることがあります。

当然といえば当然ですが、計算がややこしいですね。

そのため、私は年収で限度額を確認して、限度額から▲10,000円を寄付するようにしています。先の事例で言えば、77,000円が限度額だけど、寄付は67,000円にとどめておくわけです。

これならば、自己負担2,000円を超えて負担する可能性を減らすことができます。

具体的に計算してみたいという方は、「ふるさと納税は給料以外の収入があった場合にどうなるの?便利な計算ツールを使おう」をご参照ください。

今すぐ確認してみたい!という方は、

が分かりやすくて便利です。

住宅ローン控除などほかの税金控除を利用していても、ふるさと納税と併用できますので、安心してください。

限度額の範囲内で好きな返礼品を選ぶ

限度額が分かれば、あとは返礼品を選ぶだけです。

この4サイトあたりが王道です。

特に、楽天スーパーセール中は「楽天ふるさと納税」が楽天スーパーポイントもたくさん貯まって狙い目ですね。

また、キャンペーンをしているので、利用してみてください。我が家はふるなびグルメポイントを利用しました。

さとふるはキャンペーンコードを入力し忘れるという失態・・・。さとふる利用する際にはご注意ください。

12月限定キャンペーン

12月限定でキャンペーンを実施しているのでお得度が上がります。

≫ ふるさとチョイス:毎日プレゼントがもらえるキャンペーン実施中

≫ さとふる:ズワイガニが当たるキャンペーン キャンペーンコード「 KN12 」

≫ ふるなび:ふるなびグルメポイントふるなびトラベルで寄付額の10%のAmazonポイントがもらえます

返礼品選び中心で制度に好感が持てない・・・という方は、ふるりがおすすめです。自治体のプロジェクトを応援する形でふるさと納税をすることができます。

どんな返礼品がいい?

返礼品については、あなたの欲しい物を選ぶことが一番です。

還元率(寄付額に対する返礼品の割合)が高めの返礼品では、「ふるさと納税は何がいいの?初めての返礼品選びで迷ったときの厳選5選(還元率高め)」でご紹介しています。

また、ふるなびでは返礼品で『家電』を取り扱っている珍しいサイトです。「ふるさと納税・家電や電化製品おすすめ11選。実質2,000円と魅力」も参考にしてみてください。

すぐに返礼品を選ぶことができない・・・という方は、ポイント制の返礼品もあります。

ポイントの有効期限内であればゆっくりと返礼品を選ぶことができるので便利ですね。

≫ ふるさと納税で旅行に行ける!宿泊代が実質2,000円とお得すぎな返礼品

ふるさと納税は送り先住所も変えられる

ちなみに、ふるさと納税の返礼品の送り先を自宅以外も送ることができるので、プレゼントするのもいいですね。

下記はさとふるの画像キャプチャですが、年末に帰省するので実家に「お肉」を贈ることにしました。

ふるさと納税 さとふる 送り先を変える

こうした使い方もできるのでいいですね。

クレジットカードで寄付をしよう

dカード 解約2-min

最後、3つ目です。

寄付は必ずクレジットカードで寄付をしましょう。

支払い方法は、「納付書払い」や「コンビニ払い」もありますが、クレジットカード払いが断然お得です。

理由は2点。


◎年内の寄付に間に合う

◎クレカのポイントが貯まる


「納付書払い」などは手続きに時間がかかるので、面倒くさいですし、年内に寄付が完了しないと今年の分の枠を使えなくなってしまうという大きなデメリットがあります。

なので、クレカ払いを強くお奨めします。

家族カードでも税金控除できましたが、原則は寄付者の名義人のカードを利用しましょう。

税金控除を受ける方法

燕市ふるさと納税

これは来年することですが、最も大事なことです。

税金控除をするためには、確定申告またはワンストップ特例制度を利用する必要があります。

おすすめは確定申告です。ワンストップ特例は複数の自治体にすると、すべての自治体に申請書を出す手間があるので正直面倒くさいです。

確定申告のほうが楽ちんです。

確定申告 ふるさと納税

確定申告をすると、「所得税」の振込が4月から5月あたりに指定の銀行口座にあります。

「住民税」については、来年の6月から12か月にわたって安くなります。

≫ ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

ふるさと納税いつまでできる?

長くなりましたが、ふるさと納税のステップは3つです。


  1. あなたの年収に応じた限度額を確認する
  2. 限度額に応じて返礼品を選ぶ
  3. クレジットカードで寄付をする

とっても簡単です。

ふるさとチョイスをはじめ、会員登録は無料で3分程度でできます。

また、ふるさと納税はいつまでできるの?というは、多くの自治体が

12月31日23時59分まで

です。

クレカ払いは必須です。支払い完了が12月31日23:59までですよ(自治体によっては〆切が早い場合があるので、返礼品を選ぶ際にご確認ください)。

さとふるはキャンペーンコードの入力を忘れずに!私は忘れてました!

12月限定キャンペーン(再掲)

12月限定でキャンペーンを実施しているので、お得度アップですね。

≫ ふるさとチョイス毎日プレゼントがもらえるキャンペーン実施中

≫ さとふるズワイガニが当たるキャンペーン キャンペーンコード「 KN12 」

≫ ふるなびふるなびグルメポイント寄付額の10%のAmazonポイントがもらえます(ふるなびトラベルも同様です)

ではでは。