ふるさと納税は、サラリーマンの節税方法として絶対にやるべきお得な制度

気がつけば2016年も3月も半ばに入ってしまいました。もう2か月も経過していますね。

今年もやります!ふるさと納税。2015年は寄付控除される額が2倍になったこともあって、各自治体のふるさと納税の実績もググンと伸びたようですね。

このブログでも、たびたびふるさと納税を紹介させて頂いていますが、ホントにお得です。

サラリーマンならしておきたい節税方法だと思います。

今回はふるさと納税の賢い方法を簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク

ふるさと納税の概要

ふるさと納税は、自治体に寄付をすることで税金を安くしますよという制度。

そして、寄付した自治体からはお礼品として、お肉だとか果物だとか特産品がもらえるようになっています。iPadとかパソコンを特産品にしている自治体もありますね。

自治体を監視する総務省は過度な特産品は自粛するようにと言っているようですが、自治体も必死です。そんなこと言ってられず、どんどん過熱競争していますね。

で、ふるさと納税の概要。

●寄付した額のうち、自己負担はたったの2,000円

●所得税・住民税が安くなる

●5つの自治体までなら確定申告が不要

●住宅ローン控除や医療費控除とも併用ができる

とーってもお得ですね。注意点としては、専業主婦(夫)の方など、所得がない人はしてもお得にはなりません。また、住宅ローン控除で所得税や住民税がすべて控除されると、ふるさと納税をしてもそれ以上減税できないので、自己負担が増えるだけになってしまいます。

➡ 住宅ローン控除とふるさと納税は併用できる?

2015年からできたポイント制度

ふるさと納税 ふるぽ

2015年から自治体が徐々に取り入れているのがポイント制度です。私も昨年、初めて利用してみました。

➡ ふるさと納税のポイントは「ふるぽ」を活用しよう

とっても簡単で、ふるさと納税金額によってポイントが付与されるのです。そのポイントの範囲内で特産品を選べるという優れもの。

ふるさと納税をしたいときに、ほしい特産品が品切れ・・・ということが多くあります。その場合は、ポイント制度を導入している自治体に寄付をしておけば、あとでゆっくりと特産品を選ぶことができます。また、このポイントは合算することが可能です。

おすすめサイト

おすすめサイトをまとめておきます。

自分が使いやすいサイトを利用していただければいいんですが、ふるなびふるさとチョイスさとふるがおすすめです。

参考  ふるなびの口コミ!ふるさと納税で家電がもらえるサイトはここ

ふるさと納税をお得に使うには

ふるさと納税をお得に使うには、「1万円くらいを複数の自治体に」がお得だと思います。1万円でも結構いい特産品を送ってもらえます。5つの自治体までなら、確定申告は不要という利便性まであります。確定申告自体は簡単なので、「5つの自治体まで」というのはあまり気にしなくていいかもしれませんが。

➡ ふるさと納税の確定申告の方法

➡ ふるさと納税を確定申告不要にする方法

さらに、クレジットカードによる納付ができる自治体がおすすめ。イチイチ現金振り込みとか面倒くさくてやってられません(振込手数料もかかりますし)。

クレジットカードは何を選んだらいいの?たまにクレジットカードまとめサイトなどを見るのですが、結局どれがいいのか選べません。どれも良く見えてしまうんですよね。ポイントをたくさんもらお...

自分の上限額は必ず確認を

年初めは、年収が決まっていないのでふるさと納税をしづらい面もあります。それでも、大体の年収は分かると思いますので、その年収でまずは自分の上限額を確認しておく必要があります。

自己負担2,000円になれば、最もお得な寄付(ふるさと納税)ができる金額です。

ふるさと納税をしていますか。 ふるさと納税は、自己負担2,000円でお肉、お米、家電などの返礼品がもらえるお得な制度です。 サラリーマンの節税対策としても人気が高いです。 そ...

年収600万円であれば、大体7.5万円~8.0万円くらいが目安となります。自分の年収だったらいくらになる?って思ったときは、「ふるさと納税控除額計算サイト」「税理士試験と税務メモ」が分かりやすくて、便利です。色んなパターンを試していただけます。

ふるさと納税

今年実施したいふるさと納税

-shared-img-thumb-PAK85_pennigiru20140312233042_TP_V

我が家の予算は大体9万円くらいがふるさと納税の目安。

88,000円の税金があとで戻ってくるわけです。特産品の価値にもよりますが、3掛けとしても26,000円も節税することができます。

これを10年すれば、26万円も節税できることに。早く始めたもの勝ちですね。

やっぱりお肉!

毎年、各務原市にふるさと納税を実施して、A5ランクのすきやき牛をもらって食べていますが、今年はレポートを増やすためにも違うところに実施してみます!

●松坂牛500g 三重県度会郡玉城町 1万円

●近江牛サーロインステーキ 滋賀県蒲生郡竜王町 2万円

●飛騨牛 愛知県犬山市 3万円

●佐賀牛 佐賀県三養基郡(みやきぐん)上峰町 5万円

このあたりが雑誌などにも掲載されており、人気が高いようです。いずれもクレジットカード納付が可能。

フルーツも見逃せない

高いフルーツで普段絶対に買わないですよね。それがふるさと納税をすることで、安く手に入ります。ふるさと納税本来の趣旨とは違うんですが、まぁ、それは仕方がないって思っています。ガンガン利用させてもらっています。

フルーツも人気の高い特産品。今年狙いたいのはここ。

●マンゴー 鹿児島県肝属郡(きもつきぐん)錦江町(きんこうちょう) 1万円

●メロンマンゴー 高知県南国市 1万円

●スカイベリー 栃木市 1万円

●あまおう 福岡県 糸島氏 1万2,000円

昨年は、さくらんぼを特産品に選んだのですが、夫婦幼い子供一人だと、とてもじゃないと食べきれませんでした。。。大量にあるのも嬉しいですが、お肉とかいちごとか食べれる範囲のものがいいですね。

しばらく冷蔵庫がパンパンで、邪魔でしたもの(汗)

ふるさと納税レビューは今年もします

今年は昨年と違うところにふるさと納税を実施して、レビュー記事を増やしたいと思います。

特産品ではずれを取りたくないので、ここよかったよ!ってところを増やして、読者の方と共有したいと思います。

予算は9万円。昨年は運よく10万円以上できましたが、今年は無難にやっていきます。

とりあえずマンゴーゲットしようと思ったら、すでに品切れ!!

スピードも命ですね。

あなたもふるさと納税をして、お得に節税してみましょう

≫ ふるさとチョイスでふるさと納税をしてみる

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly