貯金・資産のゴールを具体化で変わる!我が家は資産運用の力を借りて年90万円の不労所得をめざす

スポンサーリンク
貯金 ゴール

貯金する目標を具体化していくと、不思議なもので、脳が働き始めます。

  • お金を貯めるためにはどうすればいい?
  • 収入を増やすには?
  • 無駄な支出はないかな?

人間の脳は、怠ける、楽なほうに行きがちですが、いざ目標を決めて、口に出したり、紙に書いたりすると、その実現に向けて考え始めます。

そのため、「貯金できない」「今はお金がないから」など否定的な言葉や思考は、今すぐストップしましょう。

お金を貯めるには、まずは目標額となるゴールを決めることです。

スポンサーリンク

目標額を決めてしまえ!

お金のゴールを決めてしまうと、不思議なものですが、具体的なことが思いついてきます。

例えば、「子どもの教育費の貯め方。お金のゴールを見ると不安も解消できる」では、『子どもが大学のときに600万円を貯める』ことをゴールにした場合の具体的な事例を出しています。

この場合、子どもが生まれてから毎月27,000円を続ければ、600万円貯めることができるわけです。

15歳までは児童手当があるので、それを全部貯めておけば、実質12,000円~17,000円を貯めればいいわけです(3歳未満は月15,000円、それ以降は月10,000円)。

具体的な金額を書き出すことで、見えてくる課題がリアルになってきますね。

そんな我が家の目標金額

我が家の目標金額は、1億円です。それは通過点としたい目標ですが、貯金というよりは、運用資産1億円を目標にしています。

1億円の運用資産があれば、

配当利回りごとの試算

  • 3%の利回りで年間300万円
  • 4%の利回りで年間400万円
  • 5%の利回りで年間500万円

のキャッシュフローを見込むことができます。

年収400万円以上あれば、給料収入に頼ることなく、生活をすることができますね。

収入の多角化は、これからの時代必須ですが、収入を多角化し、自由な時間を得るためにも運用資産1億円に向けて、投資を続けているところ。

参考  たった2.3%の世帯しかいない資産1億円の裏側を見てみる

5年以内に達成したい住居費相当額

年間90万円の住居費相当額を目標にし、現在は配当金投資を率先しています。

2016年から始めた配当金狙いの投資ですが、順調にいけば、2023年には税引前ですが目標を達成することができます。

税引き後では、6年後に達成予定です。

配当シミュレーション2 配当金(税込・税引き)1

コンスタントに増配してくれる銘柄への継続投資と、投資先が増配を続けてくれることが前提です。

6年後に達成することを考えると、ワクワクしかありません。

今、この投資資金のリターンを最大化してくれる投資先はどこか?というのを考えるようになりますね。

目標に対して、具体的な数字を入れて決めて見ると、はっきりしているので、それに向けた行動を続けるだけですね。

ブレやすいので、年90万円というキャッシュフローを作ることを忘れないように、ブログでもたびたび言及しています。

最近、90万円を書きまくっていたら、もう達成できるマインドになってきました。絶対に達成してやるという強い気持ちですw

参考 ブレないための配当金戦略。配当金という安定収入で住居費相当が目標

人生の経営者になろう

金融庁のサイトでは、国民の資産形成促進のためのビデオクリップ教材「未来のあなたのために~人生とお金と資産形成~」が公開されています。

こちらの記事で知りました。

あわせて読みたい

どちらも資産形成で参考になるブロガーの方々ですが、言及されているように、見ておきたいクリップです。

若い人たちに、具体的な人生のビジョンを聞いていますが、それを実現するためのお金をどう貯めるか?

ということに対して、具体的に考えれていないのです。20代では普通だと思います。私も考えれていませんでした。

どう貯めていくか?お金を増やしていくか?を考えていく必要があります。

資産運用についても全く考えていないと、お金が不足します。

その不足を埋めるためにも、投資は必要な手段ですね。

金融庁が私たちに伝えてくれているのは、インデックスファンドでの積立投資です。

私もセゾン投信ひふみ投信などで積立投資をしていますが、積立投資のいいところは、必ず投資できることです。

個別銘柄への投資は、下がっているときはまだまだ下がるだろうとなかなか買えなかったり、上がっているときは高値掴みが恐くなります。

積立投資は、そうした動けない恐怖を払しょくしてくれる方法です。というか、投資している意識すらも不要ですw

お金のゴールを決めた際には、貯金だけで対応すると考えるのではなく、お金に働いてもらうことも大事ですね。

あなたの人生の経営者は、まぎれもなくあなたです。

あなたしかいません。

自分のライフプランを考えたときに、目標金額を作っていくために、貯金だけでなく、資産運用も取り入れていくことが達成に近づく方法だといえますね。

ではでは。

≫ 過去10年間、積立投資をしていたらどれだけ増えた?&楽天・SBIで積立投資の注文方法

≫ 3%リターンでもすごい!月5万円の積立を20年間続けた場合でも数百万円めざせる

≫ 高配当株への投資。将来の配当金は10倍以上(試算)。連続増配の威力はすさまじい

簡単なライフプラン・Excelをダウンロードできます。

「マネープラン」の記事一覧です。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly