ブログを始めたらやっておこう!最初にグーグルアナリティクスで設定したのはこれ。

photo credit: Erwin Boogert via photopin cc  

ブログを始めるとアクセス解析をしてきちんと分析しておきたいですね。

まだまだ使い方は勉強中ですが、グーグルアナリティクスを導入しているのでそこで設定したことを備忘録的に残しておきます。

【参考記事】 Simplicityでグーグルアナリティクスを設定する方法

「アクセス解析」カスタマイズに関する解説    

スポンサーリンク

グーグルアナリティクスのトラッキングコードを取得

まずはグーグルアナリティクスにログインしてトラッキングコードを取得してWordPressテーマ「Simplicity」に設定します。

wpid-wp-1412463063706.png

トラッキングコードを取得しましたら、WordPress「外観」→「カスタマイズ」→「アナリティクス解析」とクリックして、トラッキングコードを書き込みます。これで終わり。「Simplicity」すごいですね!こんな細かな配慮もして頂いてます!使いやすい! 

wpid-2014年10月5日-73926-jst.png.png  

アクセス解析がきちんと反映されているかは、自分のブログをスマートフォンなどで見た状態でGoogleAnalyticsの「リアルタイム」を確認すると分かります。必ずユーザーが「1」以上になっているはずですから。  

グーグルアナリティクスで設定したこと

自分除外!アクセス対象に自己アクセスをノーカウントに

当然ですが自分のアクセスも対象にしているとリアルな数字がよくわからなくなりますので、「PC」「スマートフォン」などでの自分でのアクセスを除外します。

わざわざ自分のアクセス除外?って感じかもしれませんが、自分のブログを一番読むのは自分です(笑)誤字ないかな、書き方悪くないかな、振り返るために投稿画面ではなく実際のページを見て確認します。

「アナリティクス設定」画面から「フィルタ」画面に入って新しいフィルタを作成します。PC除外とか適当に名前をつけます。「除外」ボタンを押して除外方法を選択します。IPアドレスなどを入力して「保存」を押せば除外できます。

141003-2 アナリティクス自分除外  

ページを見やすくしておこう

初期のままだとどの記事が読まれているのかよくわかりません。

なぜなら、URLでの表記だからです。さすがにURLはイチチイチ覚えていないですから。そこでURLを日本語(タイトル)に変更する方法です。

アナリティクス141003-3 

  • フィルタ名を任意で記載しています。「記事見える」など
  • 「詳細」を選択します。
  • 「リクエストURI」を選択 →  (.*) 「ページタイトル」を選択 →   ([^\|]*) 「リクエストURI」を選択 →   $A1# $B1

あとは「保存」ボタンを押せば、記事URL表示がタイトル表示に変更されているはずです。  

これからも追加していきます

まだこのくらいしか設定できていませんので、勉強して随時更新していきたいと思います。GoogleAnalyticsはブログを成長させていくために分析データを確認する大事なツール。大事なことはきちんとを把握していきたいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly