セールだから買っとく?は、もう卒業したい。こだわりあるモノ選びがお金の質も上げてくれる

SALE セール

セール。嬉しい言葉ですね。

モノが安く買えるというのは、うれしいものです。

買い物をするのは楽しいですよね。私も大好きです。

最近は、セールに行くことも少なくなりました。自分たちの変化があったことも大きいですが、「セールだから買う」というのに違和感を覚え始めたからです。

ホントにお金を残すためには、セールを活用して安く買うことなのだろうか。

スポンサーリンク

収入と支出とのバランス

個人事業主であれば、「これ、経費になるから」と買ったりすることがあるかもしれません。

セールでモノを買う感覚に似ているのかな、と。

要は、「安くなる」から買っているということです。

セールだから買うは「価格」で見てる

価格 見るjon-ly-487338-unsplash

もちろん、人によって買い物の仕方は違います。

私が最近まで良くなかったかも!と思っていた行動があります。

「セールだし買っておく?50%OFFだよ」

そんな会話が夫婦であったことです。

よくよく振り返って考えてみると、これってあまりよくないことですよね。

セール。

つまり、「価格」だけで見ているわけです。

購入の判断が「価格」なのです。

全否定するわけではありませんが、賢い買い物ではないなぁと。

欲しいものがセール⇒「買う」がよい

前々から狙っていたものがセールになっていた!

そんなときは、「欲しいもの」を安く買うことができているので、最高の買い物ですね。

最近は物欲が減っているので、セールでの買い物もめっきり減っていますが、欲しい物はきちんとリサーチして、時間をあけて、セールを狙うというのがいいですね。

お金を残す観点

これを思ったことの一つに、「お金を残す」という観点から見たからなんです。

お金を増やしていくためには、当然ですが、自分たちの財布から出て行くお金を減らすことは欠かせません。

セールだから買う。

10,000円のものが50%OFF!!となれば、「わぁ!5,000円で買えちゃう!」と思って買ったこともあります。

でも、それってホントに欲しかったモノ?

結局は、財布から5,000円が出て行っただけってこともあります。

10,000円のものを5,000円で買えているので、

「5,000円節約できた」

という見方もできれば、

「5,000円お金が減った」

という見方もできます。

価格だけの買い物をしない

当たり前にできている方は、なにを「ばかな」と思われるかもしれません。

未熟な我が家は、”価格”だけを見た買い物をしたことがあります。

さきの例では、結局(それほど)欲しいものではなかったのであれば、10,000円をほかのことに使うことができます。

最近はアウトレットに行く機会もほとんどありません。

結局行っても、買わないからです。買っても「安いから」という理由で買うと結局もったいないなと思っちゃう。

ホントに欲しいものがあればいいんですけどね。

モノを買う力を身に付ける

本 ルール 人生を変えるモノ選びのルール IMG_7825-min

monographという人気ブログがあります。

iphoneやMacをはじめ、こだわりの「モノ」選びに触れることができるブログです。

その著者の本、「人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに」を最近読みました。

物欲をスマートに、というメッセージにグサッと来ました。

選ぶモノは決して高価なモノでなくていいのです。「理由を語れる」ということが何よりも大事。

買い物は楽しいことです。その買い物に対するこだわり、モノを手に入れる理由をきちんと語れるってかっこいいなと思いました。

こうした買い物へのこだわりは、お金の使い方を考えることにつながっていくと思う。

お金の使い方ひとつで変わる

支出管理が大事

財布 お金rawpixel-com-570908-unsplash

貯金を増やし、家計をよくしていくためには、「支出管理」が大事ですよね。

いくら稼いでも、支出を増やしていくと、穴に開いたバケツ状態です。

貯まるものも貯まりません。

「支出」ってスピードが出るんですよね。歯止めがききにくい。

  • 習慣的に買うもの
  • 何となく惰性で買うもの
  • 同じサービスで高いものを疑問を持たず使い続ける

「支出を管理する」って難しいことですが、意識してやる必要がありますね。

使わないお金を投資に回していたら

リターン、複利

今あるお金を投資に回すことで、1年後、2年後・・・10年後にもっと大きなお金になる可能性があります。

いつもいつもはできていませんが、「もしこのお金を使わず、投資に回したら?」と考えることがあります。

投資をしていなくても、「いま使わずに、お金を貯めたら、もっと欲しいものが出たときに使える」というのであれば、わかりやすいでしょうか。

自分たちが稼いだお金をいかに使っていくか?というのを考えていきたいですね。

参考  ブレないための配当金戦略。配当金という安定収入で住居費相当が目標

支出管理、買い物×貯金×投資

支出を振り返ること。

これが、支出管理の第一歩だと思います。

レシートをもらって、ふと眺める。

買った服を着ているかを思い出してみる。

「支出管理」という言葉はなんだか重い感じもしますが、なんてことはありません。

ただただ、「振り返る」だけでいいんです。私はマネーフォワードという家計簿アプリを利用しているので、電車中に眺めることがあります。

使ったお金は自動で記録されるので、「コンビニ行き過ぎ?」など反省できます。

また、支出管理ができれば、貯金をしやすくなります。

見通しができるからですね。

お金が貯まっていけば、投資に回すお金が生まれます。

複利の力を活用することは、お金を増やしていくことができるので、ぜひとも勉強したいところです。「セールだし買っとく?」そんな会話は夫婦で止めようと思うw

また、今日読んだ本から学んだ、モノを買う理由。

モノを手に入れる理由。

買い物を通じて、お金の管理、モノの管理、人生の豊かさにつなげていきたい。

大事なのはモノそのものではなく「なぜそれを選んだのか」という理由。モノを見つめることを通して自分自身を、そして今後の自分の人生を見つめ直す一つのきっかけになればと思い、筆をとっています。

これからは自分が持つモノ、身に付けるモノ選びにもこだわりながら、お金の使い方もよりスマートに、そして、充実した使い方を身に付けていきたい。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly