配偶者控除が廃止に?!年収103万円以下でしか働きたくない人はどうすればいいの?

税金ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まだ、確定ではありませんが専業主婦世帯の所得税を軽くする配偶者控除の見直しされるかもしれません。

配偶者控除って本当に必要ないのかな?

共働きで子育てをする世帯を重視するために、現行の配偶者控除を廃止する方針のようですが、その内容はどうなるんだろう?

現時点の制度をまとめてみました。
By: Dan Moyle

スポンサーリンク

配偶者控除とは?

ウィキペディアによると、

配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)とは、所得税及び個人住民税において、納税者に収入のない、または少ない配偶者がいる者に納税者の所得金額から一定の所得控除を行なうもの。

ってなっています。まとめると、課税所得を38万円減らして税金を安くしますよ!!(住民税は33万円)ってことです。

普段、所得税は給料天引きされているので気にすることはないと思いますが、

所得税は、

① 給与収入(額面)

② 給与所得控除を差し引く

③ 所得控除を差し引く(配偶者控除はここ!)

④ 課税所得(①-②-③)

⑤ 所得税(④×税率)

⑥ 税額控除がある場合は⑤から差し引く(住宅ローン控除など)

の順番で計算されますが、配偶者控除がなくなってしまうと単純に税金は上がってしまいます

共働きであっても、育児休業などで所得が低い場合、配偶者控除(あるいは配偶者特別控除)を受けることができるので、関係ない話ではありません。

我が家も配偶者特別控除を年末調整で申請しました。

共働き必見!育児休業中の配偶者特別控除の書き方を解説します!
年末調整の時期ですが、共働き・育休中の相方さん!配偶者控除・配偶者特別控除を申告していますか? 育児休業中だと配偶者控除・特別控除が使えるんです! 共働きだと配偶者特別控除はスルーしてしまいますが、忘れてはいけません。申告するだけで、数

配偶者控除が廃止されるとどうなるの?

廃止される背景には、年収103万円の壁があるから働きたくても税金が増えるので(年収600万円なら税負担が7万円ほど軽くなる)、働く意欲をそいでいるからだそうです。

配偶者控除を廃止して、新制度を設けようとしているようですが、

その新制度が、

世帯年収に対する控除をする

ってものらしいです。

世帯年収で考えるので、年収103万円に抑えないといけないとか考えなくてすむということです。

女性の社会進出につながるのかな

今では専業主婦世帯より共働き世帯のほうが多くなっているわけですけど、配偶者控除を廃止する=女性の社会進出をするとはとても思えない。

だって、それだけが原因じゃないと思う。

経済をよくするには、可処分所得を増やす必要があると思うけど、配偶者控除も新しく作ろうとしている世帯控除も両方選択できるようにしたほうが、働き方も選択肢を増やすことにつながると思う。

配偶者控除の廃止よりも、女性の社会進出を促したいのであれば就業機会、パパの育児時間の確保、保育料を下げる、待機児童を減らすなどのほうが大事なんじゃないかなって思う。

女性の社会進出を拒んでいる大きな原因とは?
とある記事を読んで、ちょっとした衝撃を受けました。 女性の社会進出、女性にもっと活躍を。政府も自治体も女性の社会進出を後押ししています。それは、一つの要因としてやっぱりダブルインカムになれば、消費があがりますからね。共働き世帯もどんど
長時間労働が育児参加させない原因だ!企業は朝型勤務を導入するべき!
ジンです。 新しい職場になってからやっとこさ1週間が経ちました。正直なところ、めちゃくちゃ疲れました。 やっとのこと慣れてきたかなって感じはしますが・・・。 ただ、時間が長い。 長いぞ!! これじゃ育児参加でき

年収103万円以下に抑えようと調整している人が一体どれだけいるのかな?そのなかでそれ以上稼ぎたい人はどれだけいるのかな?そこがポイントのように思います。

スポンサーリンク

大切なことは夫婦で働ける環境を作ること

税金の控除って大きなことだと思う。

それよりももっと大きなことがあると思う。

夫婦で働き続けようと思うと、子どものことが気になります。子どもを授かったら・・・

  • 保育園に入れるか
  • 小学校になったときの放課後が心配

この2点ってものすごく大きな問題かなって考えています。

我が子はたまたま保育園に入ることができましたけど、高い保育料は家計を圧迫させられていますし、長時間労働が育児時間をそいで家事負担も偏ったりします。

例えば、有給休暇が1時間単位で取れる、あるいは、小さい子どもがいる場合は時短勤務が夫婦で認められる(所属が違ったとしても)など、社会全体で子育て世帯をバックアップする必要があるような気がします。

税金よりもそっちのほうが先でしょって思っちゃいます。

【追記】配偶者控除が拡大されますね。詳しくはこちらにまとめました。

≫≫ 配偶者控除150万円に拡大!減税の恩恵は大きいけど増税の人も。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
税金ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント

  1. imahi より:

    今、年収103万円の壁があるから主婦が働かないとしたならば、その壁を200万円とか300万円とかに上げれば良いだけだと思うのですが?
    結局、なんだかんだ屁理屈付けて税金をとろうと企んでいるだけ、というのが真相では?