配当金がもらえると投資のやる気も出て、続けられる。投資資産の7割は振り向けたい。

配当投資

6月は、3月期決算の会社からの配当金が振り込まれました。

収入が減っているので、こうした資産(株式)から生まれるお金は、ありがたいですし、家計的にも助かりますね。

投資をしていると、どうしても買い値(自分が買った株価)に気を取られてしまいがちになります。時には、大きな価格下落が起こると、衝動的に売りたくなる気持ちにもなります。

ただ、毎年のように配当を出している企業だと、不思議なもので株価が下がってもほとんど気にならない。

なぜなら、配当をもらい続けているからです。

一方、配当を出さない企業の場合は、ちょっと違う気持ちになるんですよね。

給料減や年金減など将来の収入が減ることが予想されるため、資産がお金を生む手段を利用することが求められる私たち30代の投資戦略はどのようにしたらいい?

スポンサーリンク

配当再投資が最強である

アメリカ株で運用しているはちどうきゅうどうさんのレポートによると、年金を預かるGPIFの運用益の53%は、配当や利子でもたらされているようですね。

また、配当再投資が最強と著者で公表したシーゲル教授の分析によると、過去の統計では配当再投資が値上がりの97%に寄与しているというではないですか。

それだけ、配当を重視すべきことがよくわかります。

精神衛生上も、配当が出ている企業を持ち続けることで、キャッシュインが増えるので、よろしいところ。

投資資金が小さいうちは配当再投資にこだわりすぎないほうがいい?

配当利回りが3%と仮定すると、1,000万円投資しても年間30万円です。四半期ごとの配当は7万円程度なので、大きな金額ですが、再投資をどんどんしていく金額ではありません。

日本株であれば、例えば15年連続で増配を続けていKDDIの単元株(100株)は約30万円ほど。

1000万円だと3300株ほど持てる計算ですが、それだけ投資して配当金でようやく100株投資でき、年間9000円ほどの配当が増える計算です。NISAを利用していなければ、税金が取られますので手取りは2割ほど減ります。(税金たっか!)

KDDI 配当 株式投資

資料:KDDIホームページ

ただ、1,000万円を投資するというのは、一般家庭ではかなりハードルが高いですよね。私と同じ30代の貯金は410万円という統計もあります。

統計 金融広報中央委員会2016(H28) 年齢別貯金

資料: 金融広報中央委員会2016(H28) 年齢別貯金 より作成

投資はリスク資産で値動きがありますので、余剰資金でするのが鉄則です。

1,000万円の貯金を持っていたとしても、そのすべてを株式投資に投じることは、なかなか難しいです。

配当再投資戦略は息の長い戦略なのです。投資資金が小さいうちは、効果も感じにくい金額ですので、途中で息絶えるかもしれないなぁと思うのです。

それでも配当金が出る企業にこだわろう

配当金がもらえる企業に投資を続けることは、株価の値動きに捉われすぎないというメリットもあります。

増える現金に着目することで、落ち着いて投資を続けることができます。

株価も上がってくれたらうれしい!と思いますし、特に買い値よりも下がると残念な気持ちになることもあります。

それでもゴールは、配当をもらえる企業を持ち続けてキャッシュを増やしていくことです。資産がお金を生む仕組みを家計に作ることです。

そう考えると、株価に一喜一憂するよりも、着実にリターンを得られる配当金狙いの投資は、のんびり投資の私には合っているように思います。

なにより配当金が出る企業、もっと言えば配当金を出し続けている企業は、きちんとキャッシュを作れる事業モデルを確立している会社という証拠でもありますしね。

Pickup! 25年以上増配米国企業をピックアップ。現金を増やす選択肢を作っていこう!

配当金重視の投資

投資信託:配当金狙いの投資:値上がり益狙いの投資=1:7:2くらいの割合で投資をしていこうとしています。

毎月、投資信託(セゾン資産形成の達人ファンドひふみ投信)には少額ですが積立投資をしていますので、これは続けていきます。

配当狙いの投資は、はちどうきゅうどうさんのブログ:アメリカ株でアーリーリタイアをめざすやきびなごさんのブログ:株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログなどを参考に、配当金を出し続ける企業に投資をしていきます。

ちょっぴり冒険ではありませんが、値上がり益を狙いたい気持ちもやはりあるので、そうした会社にも投資をしています。自動運転や創薬技術、最近では仮想通貨関連もおもしろそうです。

未来の世界を変えるようなそうした会社を見つけて、応援したいですね。それが実ったときには、大きなリターンも期待できます。

投資は魅力的です。

自分の考えに合った投資方法を続けていくことこそが、リターンを生む一歩ではないかと感じる今日この頃です。

ではでは。

【米国株投資はSBI証券がおすすめ】

住信SBIネット銀行利用で為替手数料を25銭から4銭に減らせるSBI証券を選びましょう

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. かず より:

    GRIPではなくGPIFでは?

  2. たなぼた より:

    ジンさんこんにちは
    セキュリティ?の文字が見えるようになりました。
    今回は配当金がテーマでしたけど、まさにおっしゃるとおりですね。私の場合パートナーの理解が得られないため、自分の小遣いの範疇で株とか買ってるんですけど、FXのスワップより実感できますし、モチベーションもあがります。先は果てしないですけど1円でも配当が増えるように頑張りたいと思います。

    • ジン より:

      たなぼた様
      こんばんわ。先日はご迷惑おかけしました。文字が見えるようになってよかったです。
      配当金が通帳に記帳されるだけで、不思議とやる気が出る自分がいることに気付きました。
      うちもパートナーの理解がなかなか進みません。。。お互い1円でも配当が増えるように取り組んでいきましょう。
      励みになります。