年収800万円超だと12万円以上のふるさと納税(寄付)ができて返礼品も充実

今年も残りわずか。ボーナスも支給され、今年の年収は大方決まっているのではないでしょうか。

私の年収は昨年よりも10%も削減してしまいました。子育て中でお金もかかるので痛いですが、給料が下がったのではなく、残業しなかったからです。残業代が大幅に減った結果、早く帰ることができているので生活の満足度は上がっています。

さて、平成30年税制改正では一部の会社員の増税はほぼ確定です。子育て世帯は関係ありませんが、個人の増税ラッシュが続きますね。

間接的に節税できるのが、ふるさと納税です。

寄付額から2,000円を差し引いて、残りは税金控除してくれます。返礼品が寄付額の30%ほどもらえることが多いので、その分お得(節税?)ですね。

今回の税制改正で増税対象となる会社員は年収850万円超です。

納税額も多いですが、ふるさと納税できる金額も大きいので、返礼品選びも選択肢が増えますね。

スポンサーリンク

ふるさと納税の上限額(限度額)

税金控除額は住民税所得割の2割が上限と決まっているので、いくらしてもいいというわけではありません。

総務省が目安を示してくれています。

その目安に見てみると、独身又は夫婦共働き(配偶者特別控除を受けていない)の方であれば、


  • 年収800万円 129,000
  • 年収900万円 151,000
  • 年収1000万円 176,000
  • 年収1500万円 389,000

が限度額となります。控除上限額シミュレーションで試算することもできますので試してみてください。

年収におけるふるさと納税の上限額の割合をグラフにしてみると、年収が高いほど、ふるさと納税を多くすることができますね。

ふるさと納税 上限額 年収に対する割合

繰り返しになりますが、単身者や夫婦共働き(配偶者特別控除を受けていない)方の寄付額の目安は129,000円です。

この寄付額だと、自己負担は2,000円で残りの127,000円の税金は控除されます。

一度に寄付してもいいですし、複数の自治体に寄付をしてもオッケーです。おすすめは、複数の自治体に寄付をして、返礼品を楽しむ方法ですね。

複数しても自己負担2,000円はそのまま変わりません。

詳しくは、「ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?」を読んでいただけばと思います。

所得税は銀行振り込み、住民税は毎月の給料から減額という形で税金控除を受けることが確認できます。住民税は、毎年6月から翌年5月までの12か月間にわたって、控除されますね。

年収800万円以上でおすすめ

飯山市のディスプレイ 寄付額45,000円~

iiyamaブランドのディスプレイやパソコンを返礼品で用意されています。

大きい画面で見ると、やはり作業効率もいいですね。

1年以上使っていますが、かなり快適です。職場にも導入してほしいくらい。

≫ 飯山市のディスプレイ(寄付額45,000円)

さとふるの発送月が選べる定期便

さとふる 定期便

出典:さとふる

一度に返礼品を頼むと、冷蔵庫がパンパンで困る・・・というのはよく聞く話です。

しかし、今年中に寄付をしないと来年に税金控除を受けることができません。でも、冷蔵庫パンパンは避けたいという方には、発送月を選べるさとふるのサービスがおすすめです。

ステーキセットなどのテーマに合わせた定期便もありますが、現在、すべて品切れ中です。残念。

ただ、4月発送、6月発送など発送してほしい月を選ぶことができる定期便があります。

これだと、寄付は年内に、返礼品は来年に受け取るということができますね。

≫ 2018年に発送月が選べるさとふるの定期便

EPSON ランニングウォッチ

ランニングウォッチっていいものを買おうと思うと、2万円前後するのでなかなか手が出せなかったりします。

長野県塩尻市は、EPSONのランニングや登山用ウォッチを返礼品として用意しています。

寄付額は50,000円~220,000円と幅がありますが、その分、バリエーションに富んでいるので一見の価値ありですね。

≫ 長野県塩尻市の返礼品(時計)を見てみる

12月中なら還元率40% ふるなびグルメポイント&トラベル

ふるさと納税サイト「ふるなび」は寄付額の1%分のAmazonギフトがもらえますが、特定のお店で使える「ふるなびグルメポイント」や旅行商品に使える「ふるなびトラベル」に関しては、

12月限定で寄付額の10%のAmazonギフトをもらうことができます。なんと10倍ですね。

ふるなびグルメポイント・トラベルは、寄付額の30%分のポイントがもらえまるので、Amazonギフトと合わせると実質40%還元ですね。

ふるなびグルメポイント

有効期限がないので、毎年寄付をしてポイントを貯めて、食べに行くということもできますね。私も毎年実践して、ポイントを貯めています。

≫ ふるなびグルメポイント

≫ ふるなびトラベル

12月限定!日本旅行ギフト券は寄付額の半分もらえる

ふるさと納税 日本旅行ギフト券 2017年12月限定

岐阜県池田町の返礼品で12月限定ですが、寄付額の50%分の日本旅行ギフト券がもらえる返礼日が用意されています。

有効期限がないので、とりあえず寄付をするというのもいいですね。


寄付額100,000円(50,000円分)

寄付額300,000円(150,000円分)

寄付額500,000円(250,000円分)

寄付額1,000,000円(500,000円分)


ふるさと納税は楽しい!

年収800万円超は増税狙い撃ちと疑問も残る税制改正。

多く税金を納めている分、ふるさと納税の返礼品も選択肢が増えて選ぶ楽しさが出てきますね。

ふるさと納税をするには、ふるなびなどのふるさと納税サイトに登録して、返礼品を選び、クレジットカードで支払うだけです。

ものの5分もあればすることができちゃいます。

せっかく多く税金を納めているんだから、年末にふるさと納税をしてちょっぴりお得になりましょう。

「ふるさと納税いつまで大丈夫?」という質問もいただきますが、多くの自治体が

12月31日23:59まで

です。クレカ決済必須です。

ではでは。

> ふるなびを見てみる

> さとふるを見てみる