弊社も持株会始めるらしい。従業員持ち株会のメリット・デメリットとは

持株会 株式投資
スポンサーリンク

持株会というのをご存知でしょうか。

社内制度である「従業員持ち株会」というものですね。

毎月の給料から天引きで、会社の株を購入することができる制度です。

従業員持ち株会を始めると聞いて、早速資料を取り寄せてみたけど、持株会ってどうなの?

スポンサーリンク

従業員持ち株会のメリット

従業員持ち株会への参加は任意なので、本人希望がある場合のみ、参加すればいいので、参加は強制ではありません。

自分が勤める会社の株式を購入することで、


◎会社の成長が実感できる

◎会社への忠誠心が高まる

◎市場で買うよりもお得


というようなことが考えられます。ま、株を持ったから忠誠心が高まるかは人によりますが。

さて、持ち株会のメリットは、弊社の場合、

10%の会社からの補助が出る(奨励金)

これに限ります。

10%安く買えると思ってもいいかもしれません。かなりお得な制度です。

また、株式投資はある程度数十万円などまとまった金額が必要ですが、持株会のメリットは毎月の天引きで積立投資ができることも利点です。

未上場企業ならIPO(上場)も狙える

昔,勤めていた会社でストックオプション(新株予約券)という制度を設けていましたが、そのときはさっぱり意味が分からず、利用していませんでした。

会社が上場することで、株式の価値が上がって大きな利益を得ることができる可能性が高まりますね。一方で、上場しない場合は、極めて流動性の低い株式なので、価値があってないようなもの・・という危険もあります。

スポンサーリンク

従業員持ち株会のデメリット

メリットの一方で、当然ながらデメリットもありますね。

最大のデメリットは、

給料も株式資産も会社に依存する

ということです。

会社の業績が下がったり、期待以上の業績が上がらなかったり、市場全体が冷え込めば、当然ながら株価下落という形で保有する株の資産価値が下がっていきます。

当然ながら、給料は会社に依存していますので、株式の資産価値目減りとのデメリットも考えられます。

この点は、持株会だけの株を持っているだけではなく、むしろ、持株会の株は毎月天引きなので少額投資のため、デメリットは小さいとも言えますね。時間が経てばそれなりの資産になっていきますが。

また、上場廃止によって100%減資すれば、株式は無価値になります。

最近の事例では、スカイマーク、日本航空(JAL)などが上場廃止後、100%減資して株価が無価値になりました。

参考  スカイマークが民事再生で破産!上場廃止で保有株はどうなるの?

上場廃止は逃れましたが、東芝株も最近までは上場廃止になりそうでしたので、株主は冷や冷やしていたと思います。

株主優待がもえらない

従業員持ち株会の場合、株主名義が”持株会”であるため、優待はもらえません。ま、優待していないので、あれですが、株主になる楽しみのひとつが利用できないわけです。

スポンサーリンク

持株会は利用すべきか?

我が家は、すでに資産の半分程度を株式に投資しています。

また、毎月積立投資もしています。

積み立て投信先

積立投資のほかに、 SBI証券(iDeCo) 楽天証券(iDeCo)で個人型確定拠出年金を利用しています(夫婦別口座のため)。

こう考えるとすでに積立投資余力は限られており(というか限界に近く)、家族会議でも持株会まで利用すべきではないのでは?という声も出てきました。

会社の株自体は、優良株であるため、保有してもいいという思いもあります。

悩んだ末、月1万円程度で始めることにしました。単元株になるまでかなりの歳月がかかりますが。

従業員持ち株会を利用すべきかどうかは、その会社の株によりけりだと思います。

制度としては、

◎会社からの奨励金(例:10%)が出るのでお得

◎毎月積立投資が利用できる

 

というメリットを活かせるため、上場しているのであれば、IRなどを見て判断すればいいでしょう。

スポンサーリンク

毎月の積立投資は資産形成につながる

積立投資

毎月の積立投資は、資産形成につながる投資手法だと思っています。

◎資産を分散できる

◎買う時期を分散できる

◎毎月コツコツと積立できるので一度に大金不要

 

積立していることを忘れるくらいがちょうどいいです。

我が家も積立投資をしていますが、価格を見ることなく、ただただ続けているだけです。

つみたてNISAも始まっていますが、積立投資で資産形成しよう!というのは国からのメッセージでもあります。

20年先を見据えて、道中は気にすることなく積立を続けていきたい。

持株会も同様に積立投資ができるので、(会社を辞めなければ)できるだけ続けていきたいですね。

≫ 積立投資では下落相場はリターンに貢献する。短期志向ではなく長期志向がいい

セゾン投信は、人気の高い投資信託のひとつ。長く続けていくために、毎月積立しています。

≫ セゾン投信(資産形成達人ファンド)2017年度は25%上昇!コツコツ積立の強みを活かそう

ひふみ投信は、アクティブファンドですが信託報酬も低めです。また、国内株だけでなくMicrosoftやAmazonなど海外の株にも投資を始めており、これからますます楽しみです。

≫ ひふみ投信で長期積立投資。2017年のリターンは44.8%と好調

iDeCoは、60歳まで引き出せないデメリットがありますが、現役時代は節税できるなどメリットの大きい制度です。活用しておきたい制度。

≫ 20年以上積み立てるという時間を活かした資産形成。節税できるiDeCoは有効な手段

株式投資
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント