住宅ローンを借りるならどこがいいのか?変動金利・固定金利の特徴まとめ

住宅ローンの基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日銀のマイナス金利政策が発表され、長期金利はどんどん下がっています。

長期金利がマイナスになったこともあって、住宅ローン金利は歴史的に低い水準です。

これから借りる人にとっては、とても有利な条件ですね。

銀行も金利引き下げに熱を入れていますので、借り手としてはかなり有利です。2,3年前に借りた人でさえ、借り換えをすると総返済額を減らせる可能性もあります。

改めて住宅ローンを借りる際のポイントをまとめておきます。

スポンサーリンク

住宅ローンはどうやって選ぶ

住宅ローンを借りる際には、一番悩ましいのが金利です。金利以外に手数料も含めた総負担額で考えるのがいいですね。

審査に通らないと貸してもらえないので、審査に通ることが前提ですが。

いくらまで借りたほうがいいの?

住宅ローンを借りる金額は少ない方がいい、というわけではなく、手元の現金をどのくらい残すかというのも大事な視点です。

場合によっては、あえて多く借りるというのも選択肢。これだけ金利が低いことや住宅ローン控除を考えると、少ないほうがいいとは言い切れません。

ただ、1点だけ考えておきたいことが。

銀行は税込年収の35%を借りる限度額として提示することが多いですが、手取りベースで考えると40%をゆうに超えるので、ギリギリで借りることは強くおすすめしません。税込年収の25%を目安に考えるといいですね。

借りる金額はどうやって決める?

物件ありきになってしまうと予算オーバーが起こってしまうので、まずは借りる金額、返せる金額を決めてから物件を探すといいですね。

もうすでに、物件が決まっている方は、借りる金額をどうするかというのは悩ましい問題です。

まず、手元に残す現金を把握しておくべきです。貯金すべてを頭金に費やすと、何かあった時に対応できません。1か月30万円で生活をしているなら30万円×6か月=180万円くらいは手元に残しておくと安心です。

家を買う際には融資手数料や登記、引っ越し代などいろんな諸費用がかかってきます。

少なくても200万円くらいは必要になります。

目安としては、先ほどのもしもの場合の生活資金と合わせて350万円~400万円くらいは手元に残し、残りが頭金として入れてもいい金額です。

変動金利と固定金利どっちがいい?

金利のタイプによっても、借りる金額は変わってきます。金利の低さで言うと、変動金利のほうが低いです。それでは、変動金利のほうがいいのでは?ってなりますが、そうでもありません。

預金金利などを考えれば分かりやすいですが、金利は変動しています。株価や為替と同じで動いているものです。

そうした金利の変動リスクを銀行が負うのが固定金利。

一定期間はこの金利をお約束しますというもの。金利変動リスクを銀行が負ってくれるため、変動金利より高くなるのです。一方、変動金利の場合、変動リスクを負うのが借り手であるわたしたち。

銀行としては、金利が上がればその分多くの利息を借り手からもらえばいいので、金利を安くすることができるのです。

金利変動のリスクを負ってもいいと考えるか。

これが一つのポイントだと思います。変動金利もしばらく変わっていないので、変動金利でいいって方は多いですが、この先上がらないとは限らないですからね。

変動金利の場合、金利が下がれば下がるメリットもあるんじゃないの?って思いますが、今銀行が金利を下げているのは、優遇幅を広げているだけなので、基準となる金利は下がっていません。

この基準金利が下がらないと、下げてもらえないのです。

変動金利の注意点ともいえると思います。

● 住宅ローンは変動金利?固定金利?借りるときは結局どっちがお得なの?

スポンサーリンク

変動金利で借りるなら

変動金利の魅力は、金利の低さです。ちょっと前までは0.7%~0.9%台が多かったのが、今では0.5%台の銀行も珍しくないですね。

変動金利は金利が低いので、固定金利より元本の減りが早いです。

金利が上がらなければ、それは顕著に表れます。

借入期間が短い、資金に余裕がある、いざとなれば借入金額を大幅に減らすことができる方は、変動金利が有利だと思います。

人気のある住宅ローンを簡単にまとめておきます。借りるために事前審査が必要です。無料で審査を受けることができるので、まずは受けてみるのが大事ですね。


じぶん銀行

三菱UFJ銀行とKDDIが共同で設立したネット銀行であるじぶん銀行。

変動金利0.457%(2018年11月適用金利)、がんとなれば住宅ローン残額が半分になる特典もあります。すべてネットで完結できる住宅ローンとしても話題になりました。融資事務手数料は借入金額×2.16%。


【新生銀行住宅ローン】パワースマート住宅ローン

融資事務手数料が安いのが魅力。審査も1度だけなので、借りるまでが早いです。変動金利は0.48%(キャンペーン適用の方のみ、それ以外は0.63%)。


住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン

変動金利0.447%(2018年11月適用金利)。金利をどんどん下げてくれていますが、ネット銀行でも人気があるのでその体力があるのかなと思います。全疾病保障が無料というのがうれしいですね。通常は金利が上がるのが住信SBIネット銀行の場合は、金利上乗せ負担なしです。融資事務手数料は借入金額×2.16%。


ソニー銀行

変動金利0.457%。金利の低さがウリでしたが、ほかの銀行も同水準まで下げてきているので、新規の方以外はそれほどメリットがないかも。融資事務手数料は借入金額×2.16%。


イオン銀行

変動金利0.47%(借換、新規は0.52%)。イオングループでの買い物が毎日5%OFFになる特典があるので、イオンで買い物をメインにしている人は断然お得ですね。融資事務手数料は借入金額×2.16%。


●三菱UFJ銀行

変動金利0.525%。三菱UFJ銀行は住宅ローンの取り扱い残高がナンバーワンですが、グループ会社のカブドットコム証券経由で借りると変動金利の金利がさらに下がります。

10年固定でも0.85%とメガバンクでも最低の三菱UFJ銀行。メガバンクだからこその安心感があります。


 

スポンサーリンク

フラット35で借りるなら

フラット35も過去最低金利を更新しています。

フラット35と言っても、35年借りないといけないわけではありません。20年未満と21年以上で金利も違ってきます。

共通点は、借入期間ずっと同じ金利であるということ(※当初5年または10年間、0.25%金利引き下げのフラット35sという商品もあります)。

フラット35の最新金利を更新しました。

2018年11月適用金利フラット35フラット35S
返済期間/融資比率9割以下の場合
()内は9割超の場合
15年以上~20年以下1.15%(団信なし)0.90%(団信なし)
1.35%(団信込み)1.10%(団信込み)
(返済比率9割超)(1.59%)(団信なし)(1.34%)(団信なし)
(1.79%)(団信込み)(1.54%)(団信込み)
21年以上~35年以下1.25%(団信なし)1.00%(団信なし)
1.45%(団信込み)1.20%(団信込み)
(返済比率9割超)(1.69%)(団信なし)(1.44%)(団信なし)
(1.89%)(団信込み)(1.64%)(団信込み)

資金返済計画が立てやすいので、将来の金利上昇のことを考える必要がありません。


住信SBIネット銀行のフラット35

融資事務手数料は2.16%です。また、全疾病保障を付けることができるのも特徴ですね。


イオン銀行

イオン銀行もフラット35を取り扱っています。融資事務手数料は借入金額×1.7%。


楽天銀行住宅ローン・フラット35

楽天銀行を返済口座にすると融資事務手数料が借入金額×1.08%に下がります。楽天銀行は楽天スーパーポイントが貯まる銀行なので、楽天ユーザーにとっては特典の多い銀行です。


ARUHI

web審査で融資事務手数料が1.0%と安いです。スーパーフラットは除きます。

WEBからでも事前審査を受けることができますし、まずは資料請求だけでもいいと言ってくれている金融機関です。フラット35を専門に扱う会社です。

スポンサーリンク

住宅ローンは借り換えの検討も

bykst / Pixabay

住宅ローン選びは頭を悩ますものです。

これだけ金利が低いと有利なのは間違いありません。借りる際、または、借り換えを考えている場合は、それができるかどうかを判断するため、事前審査をたくさん受けておきましょう。

審査さえパスすれば、あとは、こちらが選ぶ番です。特に借り換えの場合は、交渉材料にもなりうるので、面倒くさがらずに受けるといいですね。

今から借りる人はホントうらやましいほどの低金利です。

これを機会に固定金利にしよう!と思ったあなたにとって、もっともメリットがあるのがフラット35です。その中でも、優良住宅ローン(追記:募集停止中)は、金利が最も低く、手数料が一番安いため、あなたの頭金を増やすこともできますよ。

資料請求をするか、事前審査を受けておきましょう。仮審査にパスしておけば、中古物件を買うときにもメリットが大きいです。

どれかわからん!って方には、一度の申請で複数の銀行の仮審査を受けるサービスが便利です。

何を隠そう、我が家もこれを利用して住宅ローン借りました。

pickup  住宅ローン一括審査申込

参考  住宅ローンの見直しはモゲチェック・プラザ

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
住宅ローンの基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
Apple watchシリーズ4

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市 ※終了
・大分県国東市 ※終了
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント