ふるさと納税とはどうやってする?3分でパッとわかる3つのポイント

スポンサーリンク
ふるさと納税 税金控除 上限 自己負担

ふるさと納税って興味あるけど、どうしたらいいんだろう?

この記事では、

  • 「ふるさと納税ってなに?」
  • 「ふるさと納税の注意点は?」
  • 「ふるさと納税はどうやってするの?」

について、3分でわかるようにまとめてみました。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

2,000円の負担で返礼品がもらえちゃう

収入がある人であれば、だれでもお得に返礼品をもらうことができます。

収入が多いほど、選べる返礼品のバリュエーションは増えていきますね。

ふるさと納税というネーミングですが、実態は「自治体への寄付」です。

寄付した翌年に確定申告をすることで、税金が安くなります。

●「寄付した金額-2,000円」分が”所得税”と”住民税”が安くなる

●「寄付した金額」の30%相当(高いと50%相当)の返礼品が自治体から送られてくる

収入がある人は、お得なのは間違いないです。

ふるさと納税 税金控除 上限 自己負担

やらなきゃ損なくらいですね。

2,000円の負担ですむボーダーラインが年収などによって決まっています。

総務省が目安を示してくれています。

ふるさと納税 上限額一覧(一部)

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

年収500万円で10万円の寄付をしてしまうと、負担は2,000円どころか数万円になります。

それは、年収などによって税金が安くなる限度額が決められているから

ここは注意です。

納税額によって、控除額が変わるんですね。

そのため、給料収入以外に不動産所得や雑所得などがあれば、限度額も上がっていきます。

2015年にふるさと納税の上限額が2倍に引き上げられたことで、ふるさと納税をしている方が爆発的に増えていますね。 総務省のふるさと納税のページでは、”給与収入のみ”の場合のふるさ...

ふるさと納税の注意点は?

ふるさと納税の注意すべき代表格が、さきほどの限度額。

  • 会社員
  • 自営業者
  • 年金受給者

など属性によっても変わりますが、要は負担している税金によって変わる。

多く税金を払っている方ほど税金が控除される金額も大きくなるわけです。

ただし、注意点もあります。

例えば、住宅ローン控除を受けていたり、個人型確定拠出年金(iDeCo)などほかの税金控除を利用している場合です。

この場合は、ふるさと納税の限度額も下がっていきます

ほかで税金控除を受けているので、納めている税金が減ることになるので、ふるさと納税の限度額も減るわけですね。

我が家も一度やらかしました。

住宅ローン控除を受けていますが、限度額が下がることを知らなくて、そのままふるさと納税をしたら自己負担が少し増えてしまいました。

それほど限度額が下がるわけではないとはいえ、ちょっぴり悲しいですよね。

住宅ローン控除やiDeCoなどを加味して、ふるさと納税の限度額を確認できるツールを利用すると、こうした失敗を防ぐことができますね。

このほか、細かい失敗事例もあるので、次の記事を参考にしてみてください。

チェック ふるさと納税の失敗事例を踏んじゃうとお得じゃないよ。賢く節税しよう。

ふるさと納税はどこでしたらいいの?

最後に、税控除の上限額を確認したあとは、ふるさと納税を実際にする方法です。

ふるさと納税をする場合には、自治体と提携しているふるさと納税サイトを活用することになります。

方法は簡単で、ネットで買い物をする感覚でできます。

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは、掲載自治体数ナンバーワンです。

利用している方も多いですし、使い勝手も抜群です。

お肉やお米、果物などを選ぶ際にもとても使いやすいサイトですね。まずは登録しておきたいサイトと言えます。

さとふる

さとふるは、定期便や特集などが豊富です。

ランキングも見やすいので、初めてのふるさと納税をするときには、参考になりますね。

定期的に抽選でAmazonギフトがもらえるなどのキャンペーンを実施しているので、利用しています。ふるさとチョイスにはない返礼品も取り扱っているので、登録しておきましょう。

ふるなび

ふるなびは、返礼品で家電を取り扱っているので貴重なサイトです。

また、還元率50%(寄付額の半分)の旅行ギフト券などもあるので、必須のサイトです。個人的には最も使っています。

また、寄付額の1%のAmazonギフトが必ずもらえるのもお得ですね。昨年末は10%に跳ね上がっていたので、さらにお得度が上がっていました。年末に期待。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税の魅力は、楽天スーパーポイントがもらえる・使える、です。

提携自治体が少ないのがデメリットですが、楽天スーパーSALEやお買い物マラソンも対象なので、効率よくポイントを使えます。

楽天スーパーセール:6月14日(木)~6月21日(木)1:59まで

≫ 楽天でふるさと納税をするとお得過ぎてビビった!スーパーSALEがねらい目

ふるさと納税は、やり方がわからない・・・という意見を聞きますが、とっても簡単です。

自分の限度額を確認して、上記のサイトで返礼品を選んで、クレジットカード払いをする。

これだけです。

あとは、返礼品と寄付金控除証明書(確定申告に必要!)が送られてきます。

そして、翌年に確定申告をすれば、税金が控除されるので、ふるさと納税完了です。

返礼品は、自分たちでもらわず、家族などにも送ることができます

大変喜ばれますので、我が家も毎年実践していますw

最後にまとめておきましょう。

ふるさと納税のまとめ~3つのポイント~

○自分の税金控除される限度額を確認(→税金控除シミュレーション

○ふるさと納税サイト(ふるさとチョイスなど)を利用して返礼品を選ぶ

○ふるさと納税の翌年に確定申告→税金控除(所得税・住民税)

手軽にやってみましょう。お得に返礼品がもらえるとうれしいものです。

食費の節約にもつながりますね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly