【年収以上を目標にせよ】貯金目標額の立て方と達成するために実践すべき方法

貯金 投資 貯金ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3人に1人は貯金ができていないという統計もありますが、貯金をしていくことは人生の選択肢を広げるためにも必要なことです。

けれども、貯金はその目標を設定しておかないと、途中で挫折しやすくなります。

POINT
  • 何のために貯金をするのか
  • その貯金を達成するために毎月・毎年貯める金額
  • 貯金するための具体的な方法

を考えることが大事ですね。

この記事では、貯金を達成するための目標額をまとめています。

スポンサーリンク

みんなこれだけ貯めている。平均以上をめざそう

厚生労働省の国民生活基礎調査では、年代別貯金は次のようになっています。

統計 H28国民生活基礎調査 金融資産3,000万円以上

厚生労働省 国民生活基礎調査(平成28年)より作成

もう一つ、総務省「家計調査」を見てみましょう。

2017家計調査 貯蓄 貯金 年代別

家計調査H29より作成

比較してみると、次のようになっています。

国民生活基礎調査家計調査
29歳以下154.8万円367万円
30代403.6万円556万円
40代652万円926万円
50代1,049.6万円1,390万円
60代1,337.6万円1,351万円

共通点としては、

  • 40代以下は貯金1,000万円以下
  • 50代以降は貯金1,000万円以上貯めている

です。

30代で1,000万円以上貯めることができれば、かなり大きなアドバンテージといってもいいですね。

環境にもよりますが、この平均以上の貯金を作っておきたいですね。

金融広報中央委員会の調査によると、30代の年収別金融資産です。

家計の金融行動に関する世論調査18 30代貯金

資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]2017より作成

年収以上の貯金をしておくと平均値以上ということになりますね。

貯金を貯めるにはどのくらいかかる?

ひとまず、10年で達成する場合を見てみましょう。

利回り0.1%と5%の比較です。

目標貯金額利回り 0.1%利回り 5%
100万円毎月8,400円毎月7,000円
200万円16,70013,900
300万円25,00020,800
400万円33,30027,700
500万円41,60034,700
600万円49,90041,600
700万円58,20048,500
800万円66,50055,400
900万円74,80062,400
1,000万円83,10069,300

目標貯金額を決めたら、

  • 毎月どのくらい貯める必要があるのか
  • 運用利回りはどのくらいで設定するか

は考えてみましょう。

値動きのあるリスク資産である株式は、5%~7%くらいの利回りが見込めます。

ただし、単年で見るとリーマンショックのときのように50%程度下がっていたことを考えると、目的次第では貯金のみで考えるのがいいですね。

ただし、毎月少額でもいいので、積立投資をしておくべきだったというのが私の反省点です。

20代のころからコツコツリスク資産にお金を振り向けていくことで、複利の力を活かすことができます。

時間は、資産を増やすために重要すぎるものです。

参考  新社会人の貯金の一部は積立投資しておけばよかった。月3万円×30年で2,500万円にも

新社会人の貯金の一部は積立投資しておけばよかった。月3万円×30年で2,500万円にも
社会人になってはじめておけばよかったと思うことが積立投資です。 恥ずかしながら、社会人になったときは、投資信託??という感じでまったく知りませんでした。 いまは同じ年収500万円でも、10年前と比べて、社会保険料や実質増税などで数十万円

目標額を特に決めずに貯める方法

具体的な目標額を決めなくても、貯金を増やしていける方法があります。

我が家も実践していてよかったことですが、それは2点あります。

【貯めるポイント】

  1. 手取り給料のうち10%などパーセンテージで貯金する
  2. 先取貯金をする

残業代などによって、毎月手取り収入が変動することもあります。

そのため、毎月5万円などのように「定額」で貯金額を設定するよりも、手取り収入の10%など「定率」で貯金額を設定すると長く続けやすいです。

「定額」の場合、手取り収入が減っているときなど、負担感が増すときがあります。そうなると、結局「続ける」ことに支障が出てしまいます。

我が家もそれを感じたので、「定率」で貯金するようにしています。

目安は、10%~20%は貯めておきたいですね。

さらに、先取貯金をすることです。

貯金を除いて生活をしていけば、貯金に手を付けることなく生活ができるので、文字通り勝手に貯まっていきますね。

“貯金生活をつづけていく上に、一番のさわりになるものは虚栄心である。

いたずらに家柄を誇ったり、いままでのしきたりや習慣にとらわれることなく、一切の見栄をさえなくすれば、四分の一天引き生活くらいはだれにでもできるのである。

自分の値打ちが銀もしくは銅でしかないのに、暮らしのほうは金にしたい。金メッキでもいいから金に見せかけたい。

こういった虚栄心から多くの人が節倹できないのである”

created by Rinker
¥514(2019/07/23 13:35:08時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

目標+「手取り×定率(%)」+先取貯金

貯金は急には増えないので、我慢強く続けることが大事ですね。

続けるには、

POINT

  1. 目標金額を設定する
  2. 先取貯金で対応する

シンプルですが、この2点を実践していくことで、お金は貯まっていきます。

そして、若いうちから長く続けていくと大きな力になりますよ!これホント!

30代になって、家族ができると支出も増えていくので、20代のうちから貯金を増やしていく仕組みを作っておきたいですね。

将来の人生の選択肢を増やす、対応力をつけるためには、貯金は大きな役割を果たしてくれます。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
貯金ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント