自分で考えるってステキなこと。ブログを書くことも同じようにするとよいね。

日経新聞 blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケモンGOが配信されて、すごい人気ですね。私はポケモンGOで遊ぶよりも、任天堂やサノヤスホールディングスの株が欲しいと思っちゃいます。

とか言いながら、ポケモンGOダウンロードしてログインしてみました。物は試し。やってみないと分からないですからね。

ポケモン世代じゃないので、キャラクター全然知りませんので、どこまで楽しめるのか分かりませんが。

話はそれますが、久しぶりにブログのことを書こうと思います。特に意味はありませんが、ただなんとなく無性に文字にしたい感じなので吐き出す感じです。

スポンサーリンク

ブログ運営も考えるのが大事

ブログ運営っておおげさな言葉使っていますけど、なかなか難しいですね。ブログの目的は、書くことが目的だったり、日記を書くことだったり、お金を稼ぐことだったりと人それぞれ違うと思いますが、ある程度書いていくとアクセスも増えてきます。

そして、壁にぶつかるわけです。そこからブレイクスルーを起こせる人と起こせない人がいるわけです。ちなみに私は後者の方でまったく成長しておりません(汗)。でも、楽しく毎日書いております(キラリ!)。

そのブログもやっぱり自分で経験して、考えて、読者のことを思い浮かべて書くって大事だなぁとつくづく思います。

私のブログは”お金”を題材にしているのですが、サラリーマンの傍らやっていますので時間に限りがあります。例えば、有名な節約術が書かれたブログもあるわけですが、そこを目指すと息苦しさを覚えたりします。

あと、私の場合はお金系のブログはほとんど読みません。読んでいるのは、Wordpressのことや子育てのこととかジャンルが違うブログばかりです。

理由は、過去そういうお金系のブログを読んでいて「それが答え」かのように思ってしまって、似たような記事を書いてしまいそうになるからです。過去記事ではそういうのもあると思います(少しずつ修正していますが)。

自分の予防線として、頭に残像が残らないようにするにはどうしよう?って考えたときに、極端ですけど「読まない」という選択肢を取りました。

たぶん、あほかこいつって感じだと思うんですよね。だって、上のブログを読むことで勉強になるし、成長止まってんだったら余計にそういうブログからヒントを見つけなきゃいけないはずなんです。それよりも、自分にとってのリスクを回避するほうが優先かな、と。リスクではないかもしれないですが。

スポンサーリンク

2つの新聞記事をご紹介します

日経新聞

文脈ぐちゃぐちゃですが、ここで2つの記事をご紹介します。

私は私 答えは一つじゃない DeNA創業者 南場 智子

任天堂と言えば、スマホで連携しているDeNAですね。その創業者であり、会長の南場智子(なんば ともこ)さんのインタビュー記事が日経に掲載されていました。

南場さんのお父さんは、新潟で石油卸業を営む経営者でボスのように怖い存在だったようです。なんでもお父さんが敷いたレールを歩いてきた人だったみたいです。そんな人が、会社を創業し、日本有数の大企業にまで成長させたのだからすごいことですね。

この記事は、就活生向けに書かれていることですが、社会人である私たちにとっても有益な言葉です。

自分の頭で考えて答えを導き出す訓練のほかに、学生のうちにやっておいてほしいのが「ものすごく狭い領域を深める経験

深めるという豊かな時間を過ごした経験は人間の厚みを増す。

どんなことでも、ブログであっても、一つ狭い範囲でその知識や経験を深めることって大事なんだと思います。「こだわる」と言い換えてもいいかもしれません。

それはオリジナルになり、オリジナルは欲しがられるものです。

日本人は「答えは一つ」という教育を受けてきた。高度に均質化した工業製品をつくっていたころにはそれがベストだったが、今は邪魔になる。

答えって一つのように思えて、一つじゃないんですよね。私がしている仕事も「答えのない仕事」なので、考えて考えないとできないです。南場さんは、「思考の独立性」って表現をされていますが、「自分の頭で考える」ってできるようでできていないことも多いです。

指示に頼らない、思考の独立。こういうのは、日々の積み重ねなんだと思う。そして、自分の考えを整理する、作っていくというときには、紙とペンが最適ですね。手を動かすっておもいのほか効果は大きいものです。

サッカー日本代表 本田 圭佑

もう一つは、ACミラン所属の本田 圭佑選手のおはなし。

日本は「ミスを許さない、怖がる社会」と映る。

欠点をなくす教育を否定はしないが、チャレンジしない、自分の意見を言わないネガティブな性格を構築している面はあるでしょう。

10割のうち1割か2割でも違う動きを足して、子どもの才能を伸ばすことに関わっていきたいなと

南場さんと同じことを言っていて、答えは一つじゃないんですよね。はみ出したところに、品となりおもしろさなり、才能なりがあるかもしれません。

スポンサーリンク

自分らしく生きましょう

自分らしく、自分オリジナルをどんどん作る経験を積んで発信できるのがブログの良さだと思います。あなたがブログを書くことで迷ったときには、自分で小さい大きいを判断せずに、この経験がどう役立つか、という視点にたって文字にして見ると、きっと誰かの役に立つはずです。

自分らしく生きる軌跡の記録として、今後もブログを活用していこうと思います。

深夜に書いためちゃくちゃな記事になってしまいました(後で消すかも)。

そんな記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

明日はポケモンGOデビューしてみます。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント