「106万円の壁」が始まると手取りが減っちゃうってホント?

仕事

「130万円の壁」ってよく聞きますが、2016年10月から新たに「106万円の壁」というのが新制度として始まります。

女性の活躍推進というのが目的ですが、手取りが減ってしまうと働き損という思いもでてくるんじゃないでしょうか。

社会保険料を支払うことでメリットもあるので、そのあたりも知っておくといいと思います。

スポンサーリンク

106万円の壁の対象は全員ではない

130万円の壁というのは、会社員の妻などは、年収130万円未満であれば社会保険料(健康保険、厚生年金)を支払わなくて済むんです。

そのため、年収130万円未満に働き方を調整する人が多いんですね。

この制度が、10月から変わります。

年収130万円未満➡年収106万円未満に引き下げられるんです。

ちょっとイメージにしてみると、手取りが減るステージがいくつかあります。

例えば、103万円を超えると配偶者控除が受けられなくなります。その代わり、配偶者特別控除を受けることができますが、141万円を超えると特別控除も受けられなくなりますね。

106万円の壁1配偶者控除

ちなみに、育休中も配偶者特別控除を受けることができるので申請しておくべき。

年末調整の時期ですが、共働き・育休中の相方さん!配偶者控除・配偶者特別控除を申告していますか? 育児休業中だと配偶者控除・特別控除が使えるんです! 共働きだと配偶者特別控除はス...

税金で見ると、100万円を超えると住民税が、103万円を超えると所得税が課税されることになります。

106万円の壁2税金

社会保険料は、130万を超える場合と新たに106万円を超える場合に発生することになるワケです。

106万円の壁3 社会保険料

社会保険料は収入の15%程度なので、年収106万円を少し超えるだけで手取りが90万円程に下がってしまうわけです。

年収106万円の壁になる人

106万円を超えて収入がある場合に社会保険料を負担する必要がある人は、要件を満たしている人だけです。全員じゃありません。

2016年10月から社会保険に加入する要件
  1. 週の労働時間が20時間以上
  2. 月収が8.8万円以上
  3. 勤務期間が1年以上
  4. 学生でないこと
  5. 従業員が501人以上

です。大企業のパートの方などは対象になる可能性が高いですね。

従業員500人以下は、平成31年からの予定です。

月収8.8万円に含まれない収入

月収8.8万円のなかには、残業代、交通費(通勤手当)、ボーナスなどは含まれません。

また、厚生労働省に確認するとあくまで月収8.8万円以上かどうかで判断し、年収÷12か月で8.8万円以上かという判断はしないということ。

社会保険に入るメリット

年間の損得だけで考えると働き損になる可能性が高くなりますが、社会保険に加入することでメリットもあります。

ポイント
  • 厚生年金を受け取ることができる
  • 出産手当金がもらえる
  • 育児休業給付金がもらえる
  • 傷病手当金がもらえる

などです。社会保険って負担は大きいんですが、その分メリットも充実しているんですよね。年金制度は将来の受給額が減っていくことが予想はされますが、もらえることは大事な老後の収入です。

出産手当金は、妻の収入によりますが、月収20万円くらいの人であれば約40万円くらいもらえます。※条件があります

おめでとうございます!まず、妊娠されたことはとても喜ばしいことですね。 これから我が子を見ることのできることはほんと楽しみですよね。でも、ちょっぴりお金の不安もあると思います。頭...

また、育児休業給付金は収入の67%を6か月、そのあとは子どもが1歳半になるまで50%総統が支給されるので、結構大事な収入ですね。

傷病手当金は、最長1年6か月間、月収の67%相当が支給されますよ。

こうしてみると社会保険ってめっちゃ大事ですね。確かに手取りが減ってしまう場合もあると思うんです。まず、自分が新制度の対象かを把握し、働く時間を増やす、あるいは、減らすという選択をしていく必要がありますね。

公務員 配偶者手当廃止

女性の活躍推進のための、今回の制度ですが、国家公務員の配偶者手当が2017年度から段階的に減額される予定です。

日経新聞によると、最大73%減額する予定です。

現在は配偶者に月額1万3000円を支給しているが、課長級は段階的に廃止し、課長級以下の職員についても50~73%まで徐々に減らす。女性の就業を促すのが狙いで、民間企業への波及効果も期待する。

逆に子ども手当は、6,500円から10,000円に増額予定。まずは官から示すってことでしょうか。この影響は大きそうですね。

手取りが減った場合に考えること

社会保険料を支払うことでメリットがある一方で、手取りが減ってしまうというのはやっぱり寂しいもの。そして、生活にも影響が出てきます。

手取りを減らしたくない!って方は、106万円を超えないように働き方を調整する必要がありますね。

ただ、社会保険に加入することで老後の年金が増えるというメリットもあります。長生きリスクと言われる時代ですので、私は社会保険に加入するほうがメリットは高いと考えます。加入期間を満たすのが大前提ですが。

参考  年金受給額シミュレーション

楽に節約できる方法を

例えば、家計の支払いをクレジットカード1本化にするということをすれば、クレジットカードの還元率分節約することができます。

10年で30万円お得!?家計を節約するためにクレジットカードを活用しよう。

王道なんですが、4大ポイントのクレジットカードがおすすめです。

カード名リクルートカードdカード楽天カードYahoo! JAPANカード
国際ブランドJCB、VISAVISA、MasterJCB、VISA、MasterJCB、VISA、Master
年会費無料1,250円×税(初年度無料。年1回以上利用で翌年度無料)無料無料
還元率1.2%1.0%1.0%1.0%
貯まり方利用額×1.2%100円→1p100円→1p100円→1p
貯まるポイントリクルートポイントdポイント楽天スーパーポイントTポイント
ポイントが付く電子マネー楽天edy・スマートICOOCA(VISAのみ)、モバイルsuica、nanaco、Quickpayなし楽天Edy、モバイルSuica、nanaco(JCBのみ、但し2017年11月分より対象外)モバイルSuica、nanaco(JCBのみ)
家族カード無料400円×税(初年度無料。年1回以上で次年度無料)無料無料
旅行傷害保険(国内)1,000万円(利用)なしなしなし
旅行傷害保険(海外)2,000万円(利用)なし2,000万円(利用)なし

還元率が高いことに加え、期間限定でポイント付与されることも多いですし、そのポイントを使えば節約につながっていきます。

制度が変わったとき

制度はたびたび変わるものですが、自分にとって何か影響があるのかをきちんと知ったうえで、対応していきたいですね。

うちの母からどうなの?と聞かれましたので、調べてみました。どうやら、社会保険を入ってもらうことになりそうです。

母のようにもうすぐ定年の場合は、あんまりメリットがないのかもしれないなぁ。年金受給期間を満たさないし、単純に手取りが減るだけのような。

ではでは。

【追記】配偶者控除が拡大されますね。詳しくはこちらにまとめました。

≫≫ 配偶者控除150万円に拡大!減税の恩恵は大きいけど増税の人も。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly