2020年から変わる税金。増税ラッシュに備えて年収が高い人ほど対策必須

税金 節税方法
falco / Pixabay
スポンサーリンク
スポンサーリンク

増税ラッシュが続くので、家計の可処分所得は減ってしまいます。

大企業を除けば、給料の伸びはそれほど期待できないですし、リーマンショックから10年が経ち、いつ不景気が来てもおかしくありません。

どんな増税が待ち受けているのかを、自分でも整理してみようと思い、まとめてみました。

また、可処分所得(いわゆる手取り)が減るなかでの対策もぼちぼちしていきましょう。

スポンサーリンク

40代の給料は減っている

統計 賃金構造基本統計調査H29-28

給料の減少は40代が大きく減っていますね。

統計 賃金構造基本統計調査H29-28

管理職を減らしたりしている影響かもしれません。

我が家も世帯年収はピーク時から減少しています。

ピークと比較すると税込ですが年60万円、月5万円相当が減っています。

大きいです。

スポンサーリンク

2018年からの増税

2018年からは、すでに増税になっている世帯もあります。

大きなポイントは、配偶者控除を受けられる人が増えています。

配偶者控除38万円×税率なので、税率20%の場合は76,000円の節税です。

  1. 配偶者控除(38万円)が受けられる配偶者の年収を103万円→150万円に引き上げ【減税】
  2. 配偶者特別控除を受けられる配偶者の年収上限を141万円→201万円に引き上げ【減税】
  3. 配偶者特別控除は、年収1,220万円超えで適用外【増税】

配偶者控除 拡大

ただ、配偶者控除の上限が上がったとしても、配偶者の収入が増えることで配偶者の税負担も増えます。

  • 100万円超えで住民税
  • 103万円超えで所得税
  • 106万円超えで社会保険料

ですね。

個人的には税負担が発生したとしても、収入は増やすべきかなと思います。

増税となるのは、世帯主の年収1,220万円を超える世帯です。

この場合は、配偶者控除および配偶者特別控除を受けることができません。

配偶者控除 拡大 一覧

年収が高い世帯から税金を取るっていうのは楽なんでしょうけど、すでに所得税・住民税で最高税率55%と稼ぐ意欲を失わせる税率です。

稼げる人にもっと稼いでもらって消費に回してもらえるようになれば、自然と税収も増えると思うんだけどな。

参考  配偶者控除150万円に拡大!減税の恩恵は大きいけど増税の人も。

スポンサーリンク

2019年からの増税

一覧はこちらになりますが、まず2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。

単純に使えるお金が2%減ることを意味します。

年300万円の生活費であれば、306万円となり、月5000円の負担増です。

かなり大きな金額ではないでしょうか。

消費税増税と合わせて、食料品などの生活必需品は軽減税率も予定されているようですが、今のところ詳細不明です。

スポンサーリンク

2020年からの増税

所得税 給与所得控除2017

2020年からの増税です。

  1. 基礎控除38万円 ⇒ 48万円へ引き上げ【減税】
  2. 給与所得控除を一律10万円引き下げ【増税】
  3. 給与所得控除の上限額引き下げ【増税】

基礎控除がアップしたので、フリーランスや自営業の方は減税ですね。「10万円×税率」が減税される金額となります。

  • 課税所得195万円以下 → 税率5%(5,000円の減税)
  • 課税所得195万円以上 → 税率10%(10,000円の減税)
  • 課税所得330万円超 → 税率20%(20,000円の減税)
  • 課税所得695万円超 → 税率23%(23,000円の減税)
  • 課税所得900万円超 → 税率33%(33,000円の減税)
  • 課税所得1,800万円超 → 税率40%(40,000円の減税)
  • 課税所得4,000万円超 → 税率45%(45,000円の減税)

給与所得控除も一律10万円下がりますが、基礎控除が増えるので、納税額は変わりません。

ただし!

給与所得控除の上限額が大幅に下がりました。

2019年まで

  • 1,000万円超えの年収で給与所得控除は220万円

だったのが、

  • 850万円超えの年収で給与所得控除は195万円

給与所得控除を受ける年収の上限が下がり、給与所得控除も大幅に引き下げられました。

【平成32年】2020年 (平成30年度税制改正)

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,625,000円以下550,000円
1,625,000円超~1,800,000円以下収入金額×40%-100,000円
1,800,000円超~3,600,000円以下収入金額×30%+80,000円
3,600,000円超~6,600,000円以下収入金額×20%+440,000
6,600,000円超~8,500,000円以下収入金額×10%+1,100,000
8,500,000円超~1,950,000円(上限)

赤字が変更箇所。

消費税増税の翌年には、特に高所得者は打撃です。

子育て世帯を除く年収850万円超えは、実質増税となるからですね。

サラリーマン狙い撃ちや。

年収850万円以上は2020年から増税。高年収者は節税策をしていこう
年収850万円を超える方は、増税になります。 給与所得控除の上限額に達する年収は平成27年(1,500万円)→平成28年(1,200万円)→平成29年(1,000万円)と年々下げてきていたわけですが、850万円まで下げることになりました。
スポンサーリンク

3つの節税対策を実施しよう

iDeCo、ふるさと納税、NISAの3つが節税対策として効果的です。

個人型確定拠出年金idecoは加入しておこう

40代になれば、老後まで20年ちょっとしかありません。人生100年時代と言われ、老後資金を増やすのに越したことはないです。

現役時代の節税と老後資金を増やす一助になるのがidecoです。

所得の高い人ほど節税になるので使わない手はありません。

掛け金は全額控除されるので、確実に節税できます。

属性(自営業、会社員、公務員)にもよりますが、月23,000円×12か月が一般的でしょう。

年間276,000円×税率が節税できます。

年金 DC iDeCo(イデコ)3-min

我が家も夫婦揃ってiDeCoを利用していますが、税金が安くなっています。

次のふるさと納税もありますが、住民税が25,000円→21,000円→17,000円と年々下がっています(年収減もありますが)。

iDeCoのいいところは、運用益も非課税(通常は税率20%+復興所得税)というところです。

人気が高いのは、楽天証券(iDeCo) SBI証券(iDeCo) などです。

ふるさと納税を大いに活用しておこう

食費の節約には、ふるさと納税の返礼品が充実しているので、活躍してくれます。ふるさと納税は、所得税の還付と住民税の減税という恩恵があります。

おまけに各自治体から返礼品がもらえるのがお得です。

お米やお肉などもらえるので、食費の節約になります。

デメリットは、寄付したときにお金が出ていき、戻ってくるのは翌年の確定申告後のため、戻ってくるまでに時間がかかるという点でしょうか。

我が家は、支出が前に来たとしても税金控除と返礼品があるので、実質家計所得を上げることになるので、フル活用しています。

さとふるふるなびをよく利用しています。

NISA、つみたてNISAの活用

最後に、NISAです。

売却益や配当金に対する税金がゼロとなります(投資上限はあります)。

iDeCo NISA Green White Geometrical Background Comparison Graphic Organizer-min

つみたてNISAの人気が増えていますね。

特に、20代など若い世代に好評のようです。

コツコツと積立投資していくことで、預貯金以上の資産形成をしていくことができます。もちろん、積立投資、特にインデックスファンドによる投資では、短期で大きく値上がりするわけではありません。

10年、20年と積立投資を続けて、ようやく実りが出てくる投資手法です。

少額で始められるので、続けていくことが大事ですね。

スポンサーリンク

税金を抑える方法を考えよう

給与天引きだとなかなか税金のことを考える機会に乏しいです。

税金、社会保険料の支払いは最も人生で大きい支出になるので、知っておくことが大事ですね。

節税できるものは節税できるように、勉強は欠かせないですね。

サラリーマンの所得税について、まとめているのでぜひ読んでみてください。

≫ サラリーマンの所得税ってどうやって決まるの?基本的なことは知っておこう。

ではでは。

≫ 平凡な会社員が実際にできた節税方法「厳選5つ」。方法と金額公開。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節税方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
福岡県行橋市(iPadなど家電)(福岡県行橋市)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

Apple watchシリーズ4(福岡県行橋市)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

ふるさと納税認知度・利用度No.1のふるさと納税サイト。
ランキング別で返礼品を探すことができるので探しやすい。
また、定期便利用の自治体を多くそろえているので、一度の手続きで複数の返礼品ももらうこともできる。

おさいふプラス

コメント