収入が増えると財布のひもが緩む。その体質を改善しないと貯金ができない。

家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

収入が増えるとなんとなくそれにつられて支出が増えていませんか。

実は我が家もそうです。収入が増えると、それ以上には増えませんが、多少なりとも支出が増えてしまいます。

子どもが生まれたことで、収入減、支出増になったこともあり、結婚して初めて赤字家計に転落しました。

一度、支出が増えた生活を知ってしまうと簡単には落とせません。

だから、夫婦で意識改革が必要だと思う。あなたの家計も支出が増えていませんか。

By: Rafael J M Souza

スポンサーリンク

収入が増えると財布のひもが緩みがち

我が家は夫婦共働きで世帯年収は約700万円くらいですが、これは基本給ベースです。

実際には、残業代や休日出勤手当などもあるので、ここ数年は上振れしています。つまり、家計の予算よりも収入が上回っている状態が続いています。

実はこれはちょっと問題じゃないかとうすうす思っていながら、何の策も講じてきていません。

問題というのは、収入が増えたことにより支出も増えていることです。家計予算よりも収入は増えても、支出も増えていてはよくありません。

仕方がないと思ってしまうこと

致し方ない部分もあります。残業をすると、それだけ拘束時間が長くなるため、家事にあてる時間がなくなります。我が家は結構自炊をしますが、それでも夫婦だけのときは週末には外食をしたりしていました。ちょっとした喫茶代もありました。

また、残業などで長時間労働をしていると、ストレスも溜まりますこれは残業をしている夫または妻、だけではなくて、もう一方にも影響します。それだけ家事などのしわ寄せがいきますからね。

そうして、ストレス解消のための出費があったことは否めません。

でも、ストレスを解消するための消費は必要な時もあるし、必要じゃない時もある。

恒常的な支出にしてはいけない!って思っています。

いつまでも続く収入ではない

我が家の問題点は、支出が増えた家計体質になっている部分があるので、残業代がなくなると貯金できない家計になってしまうことです。厳密には貯金額の少ない家計です。

残業代は水物です。

子どもができてからできるだけ残業しない意識が働きまくってもいますので、以前のように月に100時間近い残業をする気なんて全くありません。というか無理。

お金より子どもとの時間です。

そして、水物である残業代はいつまでも続く収入ではありません。当初は、そういう意識が強かったので残業代=全て貯金にしていましたが、ここ2,3年はそれができていません。

財布のひもはゆるりと縛ろう

最近、夫婦で家計の話をすることがめっきり減っています。というかほぼありません。私のほうから言うこともありますが、うんうんって聞いて終わり。これはよくないです。

例えば、スマホ代。私はDMM mobileなどのMVNOを活用して固定費を削減し、家計の余力をねん出したいと考えていますが、「MVNOはあんまし」というイメージから夫婦でそれをしようということにはなっていません。これでは、キャリアにお金を吸い取られているだけのように思います。

我が家はお金を必要としています。

これから教育費を貯めていかないといけません。

子どもの教育費はどうやって貯める?学資保険が正解?それともまだ学資保険?
子どもの教育費ってどうやって貯めていますか。 同僚には子どもを持つ割合も多いのですが、お金の話ってほとんどしません。お金って大切なんだけど、情報交換できないデリケートなことらしいですわ。 自分としては、せっかく同じ子育て世代なんだから、

今までとは決定的に違います。

財布のひもをゆるりと縛る作戦を実行していこうと思います。

作戦といっても、これから作戦を練ります・・・(←オイオイ・・・)

スポンサーリンク

「貯まる」家計から「貯める」家計に

収入が多いと、それなりに「貯まる」家計を作れます。でも、それでは収入が落ちたときに「貯まらない」家計になりかねません。

だから、私は思う。

「貯まる」家計の次の一歩が必要。

自分たちで「貯める」家計を作っていく。収入を増やす、支出を減らす。自分たちの努力によって生み出した貯金は無駄遣いしない。また、貯めればいいやって思わない。

そうして「貯める」家計が作った貯金は、あとあと資産となっていく。そう思います。

お金を減らさない意識は夫婦で共有すべき。

マネーフォワードを使えば簡単に資産チェックができます。これはかなり重宝。

こうした家計簿アプリも使いながら、貯金を作っていきたいと思います。そして、肥やす意識も忘れないようにしたいです。セゾン投信など投資信託や株式投資の活用もしていきたい。ただ、この意識が強すぎてもよくないとも考えています。

セゾン投信の利回りは上昇!貯金以外の選択肢として持っておく投資方法とは?
久々に投資の話です。 最近、投資の方針お考えています。 投資って言うと敬遠する方も多いとは思いますが、お金を増やしていこうと考える場合には外せない選択肢です。預金金利だけでお金を増やすことはなかなかできません。 かといって、投資をする

基本は、コツコツ貯金。軸足はそこ。

夫婦の話し合いをしよう。もっと、「貯める」意識を共有すべきだ。

でわ。

お金が貯まる家計の仕組み
日本文芸社
¥ 1,404(2018/10/16 22:15時点)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家計簿
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント