XSERVERはWordPressのインストールが簡単すぎます!

photo credit: Eric M Martin via photopin cc

WordPressを始めるにあたり、WordPressをインストールする必要があるわけですが、レンタルサーバーのXserverではめちゃくちゃ簡単にインストールすることができました。

つまり、サーバーさえ借りてしまえばWordPressすぐに始めれてしまうってこと!すぐにブログが書けてしまうってこと!

サーバーを借りると日々お金がかかっていますからね。どんどん記事を書いていきたいのでこの簡単さは助かります。

スポンサーリンク

XserverでWordPressを簡単にインストールする手順

Xserverのホームページにも分かりやすく書いていますので、そちらを見ながらインストールしました。

WordPressを自動インストール/Xserver

まず、MySQLを登録します。これめっちゃ重要。あとあと大事です。

Xserverの申し込みが完了するとパスワードやIDなどが記載されたメールが届くはずです。それらを見ながら設定します。

140928-4 サーバアカウントメール

↑こんな本文で始まるメールです。

Xserverの管理画面でWordPressを選択

140927-1 インストール

Xsereverの管理画面に入ると、「自動インストール」ボタンがあるのでそちらをクリックします。

WordPress日本語版をクリック

140928-3 インストール画面

出典:XSERVER

インストール設定する画面がでてきますので、WordPress 日本語版をクリックします。

ブログ名を考えておこう

140928-2 ワードプレスインストール

必要な情報を入力して、インストール(確認)ボタンをクリックします。

インストールURLは事前にお名前.comなどで取得しておきます。ブログ名はあとからでもWordPressで変更できます。

これで準備は終わり。驚くほど簡単でした。

もうこれでWordPressを始めることができちゃいます。

ファイル転送ができる「FFFTP」でも可能

Xserverでサーバーを借りている場合、上記の方法でWordPressを自動インストールをするほうがめちゃくちゃ簡単なのですが、ファイルを転送できるソフト「FFFTP」を使ってもインストールすることができます。

これはあとあと思ったのですが、「FFFTP」に慣れるためにも「FFFTP」でインストールしてもいいです。↓この記事が参考になりました。

FFFTPを使ってWordPressをアップロードする手順

こちらも勉強になります。

FFFTPの使い方

FFFTPってなんですの?といまだによくわかっていませんが、WordPressのテーマを「Simplicity」にしているので、ガンガンバージョンアップしてくれていることに対応しようと思うと「子テーマ」を活用したほうがよさそうです。そのためには「FFFTP」が絶対に必要です。

そもそも「子テーマ」ってなんですの?あちゃーわからんわ!って頭を抱えておりましたが、少し分かったのでまた記事にしたいと思います。

僕は「子テーマを使うこと」そのために「FFFTP」を使うことが必須、だと事前に調べて思っていたのでXserverを借りてWordPressをインストールし記事を書くまでに時間がかかりました。1週間くらい調べました。これがまず大前提かな、と。それ以外のプラグイン何にするか、デザインどうするかは走りながらでもいいと思っていましたが、「子テーマ」を使うことは重要、超重要だと思っていたのでその設定ができるまでは記事書かないぜ!くらいの気持ちでした。(下書き書いていました)

FFFTPをダウンロードして、子テーマを使う準備をしよう。
photo credit: Vineet Radhakrishnan via photopin cc FFFTPって便利です! WordPressを始めて、Wo...
https://jin-plus.com/child_wordpress/

XserverだとWordPressをすぐに使える!

自動インストール機能があるので、煩わしい手間も悩みもなく、時間短縮でWordPressを始めることができますね。

時間がある方は「FFFTP」によるインストールにもチャレンジしてみてください。

私はすぐに記事を書くことに着手したかったのでエックスサーバーの自動インストールを使ってWordPressをインストールして書きました。ほんとに楽ちんでした。