新規上場!はてなブックマークの株式会社はてなが東証マザーズに上場

IPO
スポンサーリンク
スポンサーリンク

※ 上場初日は買い注文が殺到して取引が成立しませんでした。2倍以上の値上がりは確実ですね。

はてなブックマークで有名な「はてな」が2月24日(水)に東証マザーズに新規上場することになりました。

2016年初めての新規上場となりますね。1月は1社もなかったので、申し込みが殺到しそうです。

(株)はてなは、はてなブログやはてなブックマークなどオンラインサービスを提供する会社です。東証マザーズ市場への上場、そして、ネット関連株、今年第1号の上場と当選すれば値上がり益は得られそうな条件が揃っていますね。

スポンサーリンク

株式会社はてなとは?

はてな

「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにすることをミッションに掲げている会社です。京都が本社の会社なんですね。てっきり東京の会社かと思っていました。

株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)は、 本日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を承認されましたことをお知 らせいたします。

なお、上場日は2016年2月24日(水)を予定しております。

ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援、ご高 配に心より感謝申し上げます。 弊社は、今後も“「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、 人の生活を豊かにする”をコーポレートミッションとして、多くの方に楽しん でいただけるWebサービスの開発、提供を通して、企業価値の向上に努めてまい ります。

東京証券取引所マザーズ市場への新規上場承認に関するお知らせ

はてなの事業

はてな 事業

はてなブックマークはいまやネットでは見ないことはないってくらい、多くの媒体でも採用されていますね。主な事業は、はてなブックマーク、はてなブログ、はてなフォトライフなどのインターネットサービスの提供です。

  • コンテンツプラットフォーム
  • コンテンツマーケティング
  • テクノロジーソリューションズ

この3つが収入を得るための事業です。はてなブログなどの有料プランによる課金収入やアフィリエイト広告収入(コンテンツプラットフォーム)、はてなブログMediaライセンスフィーや広告商品(コンテンツマーケティング)、ビッグデータサービスなどのテクノロジーソリューションズが収入源。

直近の3年間では、月間ユニークユーザーは5,400万人となっています。

はてな ユーザー

登録ユーザーも直近では、450万人と年々伸びていますね。

業績推移は?

(株)はてなの売上高は、概ね右肩上がりとなっています。平成27年7月期には初めて10億円を突破しています。

はてな 売上高

経常利益も鈍化している年度もありますが、伸びつつありますね。経常利益率は10%前後で推移していますね。

はてな 経常利益

純利益率は、5%程度です。インターネット事業としては、高い印象ではないですね。

はてな 純利益

スポンサーリンク

上場スケジュール

公開価格の決定方法

ブックビルディング方式

ブックビルディング方式とは?

証券投資への専門性が高い機関投資家などからの意見をもとに「仮条件」を設定し、投資家に提示します。その後、発行会社は「仮条件」を基に投資家からの需要を把握し、市場動向にあった発行価格を決定します。

引用:カブドットコム証券

仮条件決定日

2016年2月5日(金)

ブックビルディング期間

2016年2月8日(月)~15日(月)

公開価格決定日

2016年2月16日(火)

申込期間

2016年2月17日(水)~22日(月)

上場日

2016年2月24日(水)

スポンサーリンク

上場規模

はてなのIPOの規模は、最大で約6.1億円と小粒です。

想定価格は700円ですので、70,000円が必要です。正式な2月5日の仮条件日に決まります。

上場市場は、東証マザーズです。

スポンサーリンク

申込をする?

(株)はてなは、そのサービス内容や東証マザーズ市場への上場など、値上がりの可能性が高いと思います。ほかの方の予想でも好調な情報ばかり。

私が特に参考にしているのは、このサイトです。

私は、申込参加をします。当選するとうれしいですね。今年はIPOにも積極的に参加していこうかと思います。

スポンサーリンク

申込証券会社

SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
岡三証券(岡三オンライン証券?)
エース証券

岡三オンライン証券は、口座数が少なくライバルが少なめなので、取り扱いが決まればチャンスありとみています。

追加情報は随時更新していきます。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IPO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント