ゆうちょ銀行・かんぽ生命の新規上場申し込み結果は?意外と厳しい結果?

ゆうちょ 株式投資
スポンサーリンク

郵政株の上場は注目を集めていますね。

売出株のうち8割弱は国内の個人投資家向けになります。およそ970万口超とのこと。

郵政3社のうち、ゆうちょ銀行・かんぽ生命はさきにブックビルディング(需要予測)期間が終了し、抽選結果が発表されました。

わたしもどうしても欲しい!と思って、いくつかの証券口座から申し込みをしておりましたが、その結果は?

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行・かんぽ生命の公募価格

まずは、仮条件で発表されていた公募価格が決定しましたね。

ゆうちょ銀行の仮条件は1,250円~1,450円だったのですが、上限である1,450円で決定しました。

かんぽ生命は1,900円~2,200円の仮条件に対して、こちらも同様に上限である2,200円で決定しました。

ちょっと下限で決まればいいなぁと思っていたので残念ですが、予想通りと言えば予想通りですね。ゆうちょ銀行は14万5,000円、かんぽ生命は22万円が必要となります。

申し込みしたのは5社

私はゆうちょ銀行オンリーでとも思っていたのですが、最終的にはかんぽ生命も申し込みをしていました。ま、申し込むだけは実害ゼロなので、とりあえず申し込むかののノリです。

ゆうちょ銀行のIPO人気?実際に申し込んでみたら、すごい人数が申し込んでました
日本郵政3社が11月4日に新規上場します。それに伴って、現在、申し込みを受け付けしていますね。いくつか証券会社に申し込んでみたんですが、もうすごい人数が申し込んでいるようです。ネット申し込みだけなので、店頭申し込みも含めればどれだけの数が行

今回、申し込みをしたのは下記の5社です。保有している証券口座は、マネックス証券丸三証券などほかにもあるのですが、ブックビルディングに申し込むのに資金拘束されるので、その資金がなく、資金不足で断念しました。

このうち、SBI証券と野村證券(ホームトレード)、岡三オンライン証券はブックビルディング時の資金拘束がないので、証券口座を開設しておいて損はないと思います。IPOは数多く打て!って感じですからね。

スポンサーリンク

申し込みした抽選結果は?

それでは、抽選結果です。引っ張り過ぎ?はい、すいません。

今回は、冒頭にも書いたように国内の個人投資家に多く保有してもらいたいというのが政府の意向なので、その売出株の8割ほどが個人投資家に回ります。

だから、ちょっと当選するんじゃない?って安易に思っていましたが・・・確認した順に書いていきます。

SBI証券の抽選結果

郵政IPO

ゆうちょ銀行・・・補欠当選 ⇒繰上当選なし!

かんぽ生命・・・落選!

と、いきなり先制パンチを食らいました。補欠当選もおそらく繰り上げ当選はないものと思いますので、実質落選ですね。補欠当選で繰り上がった経験ありませんわ。

仮条件が設定されているときは、必ず仮条件上限価格で申し込みをしておきましょう。それ以外だと、上限価格で決まった場合(決まることが多い)、抽選にすら参加できないですからね。

野村ホームトレードの抽選結果

さて、次は野村証券ですが、野村ホームトレードは、

ゆうちょ銀行・・・落選

かんぽ生命・・・補欠当選 ⇒繰上当選なし!

ぎょえーー。ま、またしても落選・・・。

野村ネット&コールの抽選結果

続いて、野村ネット&コールの抽選結果は、

ゆうちょ銀行・・・補欠当選 ⇒繰上当選なし!

かんぽ生命申し込み忘れている・・・。こちらも補欠当選。事実上の落選ですね。

岡三オンライン証券の抽選結果

新たに口座開設した岡三オンライン証券ですが、

ゆうちょ銀行・・・落選

かんぽ生命は申し込み忘れです。当初はゆうちょ銀行だけを考えていたので、失敗ですね。

カブドットコム証券

カブドットコム証券ですが、まだ抽選結果がでていません。後日(10月23日)に確認する予定です。

【追記】先ほど確認しました。当選してくれました。

ゆうちょ銀行 ・・・ 当選!

ゆうちょ銀行

SMBC日興証券

最後に残ったのが、SMBC日興証券です。過去何度か当選させていただいているので、淡い期待を持ちながら・・・

郵政IPO2

 

 

ゆうちょ銀行 ・・・ 当選!

 

やっと来ました!

と、一番欲しかったゆうちょ銀行を100株だけゲットすることができました。補欠当選予備軍は、一応念のため、申し込んでおきますが、結果はおなじでしょう。資金移動すら面倒くさいけどやっておきます。

ゆうちょ銀行・かんぽ生命の配当利回り

29年度以降の配当利回り予想ですが、ゆうちょ銀行が3.45%、かんぽ生命が3.1%となっています。

こちらにまとめています。よく読まれています。

郵政3社新規上場!ゆうちょ銀行・配当利回り3.45%、かんぽ生命3.10%らしいのでぜひとも欲しいです
【この記事は、郵政3社の上場について書いたもので、8万人以上の方に読まれた記事です。その後も読んでいただく方が多いので、上場後の動向も追加しています。】 11月4日に新規上場する郵政3社がついに上場しましたね。 承認されたあとに出された

今回は、安定した配当収入を期待する人が多いと思いますので、200株とはいえ配当収入のある銘柄として長期保有しておきたいと思います。

スポンサーリンク

郵政3社のライバル会社との比較!(追記)

ここらで、日経新聞に分かりやすく記事にされていたので、ちょっと追加してまとめておきます。

日本郵政・ヤマトHD・日通の比較

社名時価総額(億円)売上高(億円)純利益(億円)配当利回りPER(倍)PBR(倍)
日本郵政63,000142,5884,8263.3%15.850.41
ヤマトHD11,02813,9673751.0%25.231.86
日通6,54919,2492631.6%18.871.18

日本郵政は金融子会社2社(ゆうちょ銀行とかんぽ生命)がぶら下がっているので、単純に比較はできないとはいえ、日本郵政は今後M&Aなどグローバルな展開が期待できます。

ゆうちょ銀行・三菱UFJ・三井住友・みずほの比較

社名時価総額(億円)売上高(億円)純利益(億円)配当利回りPER(倍)PBR(倍)
ゆうちょ銀行65,25020,7813,6943.4%16.400.47
三菱UFJ111,90556,38410,3372.3%10.520.71
三井住友69,23248,5127,5363.1%8.320.74
みずほ61,77931,8026,1193.0%9.400.77

ゆうちょ銀行は、メガバンクに比べて物足りなさはありますが、逆に伸びしろもあるのかなぁと。貸出業務ができるようになるとかなり驚異だと思う。

かんぽ生命・第一生命・T&Dの比較

社名時価総額(億円)売上高(億円)純利益(億円)配当利回りPER(倍)PBR(倍)
かんぽ生命13,200101,6928172.5%15.360.67
第一生命25,69772,5221,4241.6%14.280.70
T&D11,14924,1219421.5%13.670.79

一番倍率の高かったかんぽ生命です。30倍という報道もありましたね。

スポンサーリンク

日本郵政は申し込むべきか

郵政3社のなかでは、一番魅力が薄いと思っている日本郵政(6178)ですが、金曜日まで申し込みが可能です。

傘下のゆうちょ銀行・かんぽ生命の収益にほとんど依存しているので、もっとも今後の成長には課題が残ります。その金融2社は段階的に持分50%を目途に引き下げられる予定。

持分10%減るごとに、日本郵政の純利益は400億円程度目減りすることになるようです。

日本郵便がトール・ホールディングス(豪)を買収するなどグローバルな物流展開にシフトしつつありますが、まだ、今後の成長性は未知数。というか描きにくいというのは報道の大部分ですね。

それでも、配当利回りは魅力的ですし、今回は申し込みをしておこうかと思います。ゆうちょ銀行・かんぽ生命が思ったより当選しなかったので、日本郵政がそのまま当てはまるとは限らないですが、逆に結構人気があるんだなって思いました。

カブドットコム証券岡三オンライン証券など、証券口座を開設しておくと上場後の郵政3社も購入できますので、これを機会に証券口座を開設しておくのもいいと思います。わたしは、岡三オンライン証券を新たに口座開設しました。

こうなれば、日本郵政は当選してほしいです。

追記)こちらに書きました!

日本郵政も売出価格が決定!日本郵政の新規上場申し込み結果は?いよいよ3社が上場へ。
今日は、郵政3社上場のうちすでに売出価格が決まっているゆうちょ銀行(1,450円)、かんぽ生命(2,200円)に遅れて親会社である日本郵政の売出価格が決まりましたね。結局、ゆうちょ銀行1本に絞ろうかと思ったんですが、人気があって配分も厳しい

では。

株式投資IPO
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント

  1. 通りすがり より:

    野村はネット&コールとホームトレードは名寄せしていますので、どちらかしか抽選されていない仕様です。

    • ジン より:

      名寄せするみたいですね。ゆうちょとかんぽと別々に補欠なので、一応申し込もうかと(今、野村ホームトレード買付可能額あっても申し込みできないのであきらめようかな)。

  2. しらいゆうき より:

    私は、エントリーしたものの、抽選は明日。

    早速、正式な購入申し込みをするために、三井物産株を売りました。

    さて申し込むか。

    ん、明日の出金余力には反映されない(@_@;)

    おお~明日朝一に銀行へ走って入金せねば・・・

    ところで、これだけ人気があるなら、寄り付きで高値でますかね?

    夏の為替&株価の暴落で痛手を食らった人も少なくなかったのですが、復活しているのでしょうか?

    ちなみに私は生き延びましたが損切り130万円です(-_-;)

    • ジン より:

      しらいさん
      お、大きな損切りされましたね。うちも今するとそのくらいありますけど(泣)なので耐えています・・・・。
      ゆうちょ銀行ひとつだけしか当たらなかったので微妙です。できれば500株くらいほしかったですけどね。
      日経ヴェリタスの記事には、抽選であふれた人が買いに行くから株価は上がるだろうって書かれていました。
      これだけ人気だと意外に初値良さそうですね。お互いいい思いができますように。