スタバ利用で還元率2.5%!JCBオリジナルシリーズのメリット・デメリットまとめ

クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCBのORIGINAL SERIES(オリジナル シリーズ)は、ポイントが貯まりやすいって初めて知りました。世界約190か国で利用できるJCBの国際ブランドですね。

JCBカードを持っていると、Oki Dokiポイントというポイントが貯まっていきます。クレジットカード払いの魅力は何といってもポイントが貯まっていくことですね。

JCBには、オリジナル シリーズ パートナーと言って、オリジナル シリーズ対象の優待店を利用すると、通常よりもOki Dokiポイントが貯まりやすいのです。

Amazon利用でポイント3倍(還元率1.5%)になるなど、色々と見ていると結構お得です。

そんなJCBオリジナル シリーズのメリット・デメリットをまとめました。

スポンサーリンク

JCBオリジナルシリーズはJCBのスタンダード

JCB

オリジナルシリーズを利用できるJCBカードは以下のカードです。

  • EXTAGE(29歳以下限定)
  • JCB CARD
  • GOLD EXTAGE(29歳以下限定)
  • JCB GOLD

JCB2

プレミアムカードとして、一定の基準を満たした方のみが持つことができる「JCBザ・クラス」「JCBゴールド・ザ・プレミア」があります。

ザ・クラスになるには、ゴールドカードの利用が年間100万円以上を2年連続で続けることで持つことができるみたいですね。年間100万円というのはそんなにハードルは高くないように思います。我が家は、できるだけクレジットカード払いするようにしているため、光熱水費なども含めて月に10万円以上は余裕でクレカ払いしています。

ポイント還元率

ポイント還元率は0.5%(1,000円につき1ポイント)と一般のクレジットカードと変わりません。

利用金額に応じて翌年のポイント付与率がアップします。

年間50万円以上(月額約42,000円)利用すると翌年は20%ポイント付与率アップです。還元率は0.6%ですね。

年間に100万円以上(月額約83,000円)利用すると翌年は50%ポイント付与率がアップします。還元率は0.75%になりますね。

JCB

また、ANAマイレージ搭載のカードにすることもできて、Oki DokiポイントをANAマイルと交換しやすくなります。これは、ANAユーザーにとってはメリットですね。

このほか、JALにもOki Dokiポイントを移行することもできます。

年会費

年会費は初年度無料で、次年度以降は1,250円(税抜)がかかってきます。家族会員は400円(税抜)。

年間50万円以上であれば、次年度は年会費無料になります。年間50万円はひとつキーですね。ポイント付与率も上がるボーダーラインです。

JCBゴールドは、年会費10,000円(税抜)となっています。家族会員は1,000円(税抜)。

本会員が年会費無料になれば、家族会員も無料です。

ETCカードは無料ですね。

今ならJCB一般カード、JCBゴールドカードが初年度年会費無料!

スポンサーリンク

JCBオリジナルパートナーでお得な優待店

Amazonの利用はポイント3倍

Amazonユーザーにとって嬉しいことが、MyJチェックに登録するとOki Dokiポイントが2倍貯まるようになります。しかも、Oki Dokiランドを利用することで、ポイントは3倍も貯まります。

普段からAmazonを利用している身としては、これは嬉しいです。オムツやら赤ちゃんの保湿ローション、など子ども関連はAmazonから購入していますし、定期的に購入するので、ポイントは大事なんですよね。

あなたもAmazonを定期的に利用しているならば、JCBカードを利用すると家計の節約につながりそうですね。

  • 還元率1.5%

イトーヨーカ堂での利用はポイント3倍

イトーヨーカ堂での利用はやはりセブンイレブングループということでnanacoの利用がお得のように思いますが、そのためにnanacoを作るのはちょっとって方はJCBがおすすめです。

ポイント利用が3倍に跳ね上がるので、nanacoとカードを使い分ける必要もないですね。

QuicPayでの支払いは対象外なので注意です。

  • 還元率1.5%

セブンイレブンの利用でも3倍に

ナナコ ポンタ-min

セブンイレブンでの利用でもポイントが3倍になりますが、イトーヨーカ堂との違いはQuicPayの利用でもポイントが貯まることです。

Nanaco-min

nanacoにJCBカードを紐づけすると、QuicPayを利用することができます。これでOki Dokiポイントもnanacoポイントも貯めることができるので、お得度は上がりますね。

1ポイントあたりnanaco5ポイント(5円相当)に交換することができるので、交換レートはかなり高いですね!これ以外に、楽天スーパーポイントの移行もOki Doki1ポイントを5ポイントに交換可能です。

  • 還元率1.5%

関連記事 漢方からリクルートへ!nanacoチャージに登録しているクレジットカードを変更する方法

昭和シェル・エッソ・モービルはポイント2倍

車を保有している方にとっては、ガソリンスタンドの利用は必須ですね。JCBカードを保有していれば、昭和シェル、エッソ、モービル、ゼネラルがポイントを貯めるにはお得です。

  • 還元率1.0%

驚きのスターバックス利用でポイント5倍

スターバックスを利用する私にとってもビックリです。なんとポイント5倍。スターバックスカードでのチャージももちろんできます。

スターバックスカード

Oki Doki500ポイントで2,500円分のスターバックスカードへチャージすることができます。普段JCBカードを利用してポイントを貯めるだけで、スターバックスをお得に利用することができますね。これはスタバによく言っている相方に薦めたいカードです。

スタバ利用で、還元率2.5%が実現されます。すごいですね。

スターバックスカードにチャージする専用カードとして使ってもいいくらいの還元率の高さです。家から徒歩3分のところにスターバックスがあるので、スタバはよく利用します。これはいいかも。

ポイント移行のまとめ

移行メニューは多いですね。主だったものを挙げておきます。

Oki Doki移行先交換レート
1nanaco5
1dポイント5
1au Wallet5
1ビッグポイント5
500ベルメゾン2,500
1楽天スーパーポイント5
1楽天Edy3

nanacoや楽天ポイントが1ポイント1円ですし、利用勝手もいいので一番の候補ですね。最近注目はドコモユーザー以外も利用できるdポイントもおすすめ候補に浮上です。交換レートが高いとポイント交換する気もおきますね。

関連記事 Pontaとの交換もできる「ドコモのdポイント」が始まるよ。DCMXもdカードと生まれ変わってより便利に。

スポンサーリンク

付帯保険も充実している

今ならJCB一般カード、JCBゴールドカードが初年度年会費無料!

クレジットカードにはいろんな保険がついていますね。

ショッピング保険

JCBカードで購入した日から90日間、年間最高100万円を上限に保険が適用されます。特に、家電製品など金額の大きいものはできるだけクレジットカード払いのほうがいいなぁと思います。

こうしたサービスは、現金支払いではついてきませんからね。

旅行保険

ショッピング保険以外にも、JCBオリジナルシリーズで旅行代金を支払った場合に、旅行保険が適用されます。いわゆる利用付帯というやつです。

一般カードの場合、

  • 死亡・後遺障害 最高3,000万円(以下いずれも上限額)
  • 治療費用(傷害) 1事故100万円
  • 治療費用(疾病) 1病気100万円
  • 賠償責任 1事故2,000万円
  • 携帯品損害 1旅行20万円
  • 救援者費用等 100万円
  • 補償旅行対象期間 3ヶ月

となっています。

スポンサーリンク

オリジナルシリーズは優待店利用がミソ

JCB

JCBオリジナルシリーズは、還元率0.5%と通常です。今では年会費無料で1%のクレジットカードもあるので、魅力的ではないのがデメリットです。dカードJCB EIT楽天カードが実質年会費無料で還元率1%になっています。

ただ、優待店でのショッピングやOki Dokiランド経由でネットショッピングするときには、還元率がアップします。

一番は、スターバックスの利用で2.5%の還元率が魅力ですね。

クレジットカードで支払うことで、お金の流れって変わります。

pearchina / Pixabay

あなたが週に1回スタバを利用すれば、1回500円として年間で3万円スターバックスに使っているわけです。これを、このクレジットカードで支払えば1.5杯は無料で飲めることになりますね。たまには、サンドイッチを食べたりすると、1回500円以上支払うことになるので、2杯、3杯と無料になりますよ。

まだ現金支払いしていきますか。

JCBはディズニーランド招待などエントリーすることで手に入るサービスが充実しています。我が家もディズニーランドは毎年申し込んでいますが、まだ当たっていません。

JCBが好きなので、JCBを持っている枚数が一番多いです。

今なら年会費10,000円のゴールドカードも初年度無料のようです。

スターバックスヘビーユーザーならいい選択肢のカードですね。

今ならJCB一般カード、JCBゴールドカードが初年度年会費無料!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント