30代半ばでも転職は考える。面接では決して言えない転職理由。

仕事pexels-photo

就職超氷河期に就職した世代ですが、そのときには就職ができればいいくらいのスタンスでした。そのくらい大学生の就職状況は厳しかったんです。

今では、あまり考えられないですね。売り手市場というか、どこも人手が足りない、採用したいという声を多く聞きます。

そんななか、年齢的には厳しいものの、私もひっそりと昨年転職活動をし、あっけなく玉砕しました。

参考  35歳で転職活動をしたけど失敗した!在職しながら転職がベストな選択

今年も転職活動を行うのか、それはまだ決めていません。

ただ、現在、思っていることをまとめておこうと思います。

どんな理由で転職をしたいのか。

スポンサーリンク

転職の年齢

一説によると、転職年齢の上限が「35歳」というのもよく聞いたところですが、最近では、転職する年齢も上がっているみたいですね。

転職年齢 doda

出典:DODA(デューダ)

転職サイトのDODA(デューダ)のデータを見てみると、10年ほど前は30歳前後だったのが、現在では32.3歳まで上がってきています。

年齢が転職の阻害要因になるというのは、薄れて行っているのかもしれません。

忘年会・新年会の時期には、旧友と会う人も多いと思います。忘年会の際には、毎回のように、誰かが転職をしていたんですが、さすがに35歳を超えると転職する人はいないだろう・・・と、思っていたら、いました!

転職業界先にもよると思いますが、自らの経験をきちんと伝え、戦力であることがPRできれば、年齢に関係なく転職も可能なのではないか、そう思える話を聞けました。

転職理由

ちなみに、ほかの方はどんな転職理由で転職しているのだろう?

転職年齢 doda

出典:DODA(デューダ)

第1位は「ほかにやりたい仕事がある」!!

かっこいい。やりたいことがあるってステキですね。

そのほかには、「会社の将来性が不安」「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」と続きます。

転職理由 doda

出典:DODA(デューダ)

いずれでもない転職理由

私が転職をしたい理由は、いずれでもありません。

会社に不満があるわけでもないんです。

その転職理由は、転職での面接では決して言えないことです。

迫る3歳の壁、小1の壁

ひとつは、子どもです。今年の春には3歳になる息子ですが、同時に時短勤務も終了します。

俗にいう「3歳の壁」が登場してきます。

今よりも、勤務時間が伸びるため、送り迎えもきつくなりますね。特にお迎えについては、

退社時間 4時 → 5時半 

となることから、家事時間も減ってしまうのです。

その3年後には、「小1の壁」がやってきます。放課後児童クラブもありますが、年々児童数は増えている状況。

保育園 児童数

出典:全国学童保育連絡協議会調査より作成

実際、3年後にどのように利用できるのか、不安です。

妻がぽつりと言っていたのは、

「小学1年生の子どもが家に帰って、親がいないのは異常な状態。」と言っていましたが(言葉には語弊はあるかもしれませんが)、親のいる環境づくり、というのは大事ではないかと思います。

ここで言いたいのは、子どもとの時間作りです。

そのためには、通勤時間の短縮が不可欠なんですよね。職住近接が言われるなか、職場が遠いというのは結構チクチクとダメージを受けています。

まだ、本社勤務だからいいものの、それ以外になるとさらに通勤時間は増えてしまうんです。サラリーマンは辞令には逆らえませんので、辞令の時期にはいつもビクビクしています。

ダブルケアラー

もう一つは、親の介護です。

いや、いまはピンピンしています。もう超元気。

でも、でもですね。10年すればその景色はガラリと変わる可能性があります。20年後になると、両親も80歳くらいになります。

20年後、まだ私はサラリーマンをやっているでしょう。しかし、定年間際とはいえ、その数年間の生活がすんごいきついことになるのかもしれません。上司の話を聞いていると、リアルにイメージされてしまいます。

ちなみに、育児も介護も行うダブルケアラーは、15歳以上の人口の0.2%とまだまだ低いですが、育児をしているものであれば2.5%と増えます。

ダブルケアラー

出典:内閣府男女共同参画局「育児と介護のダブルケアの実態に関する調査報告書

また、ダブルケアラーの平均年齢は39.6歳。

親が近くにいるわけではないのですが、車で1時間も走れば親許には行けるわけで。もし、介護が必要になった場合、時間を作る必要があります。

転職活動をする

仕事pexels-photo-200303

現状は、会社に不満はなく、おそらくこのままいた方が給料的にもポスト的にもいいのではないかと推測できます。

ただ、3年、6年、10年・・・・と、先に見たときには、「通勤時間の長さ」が大きくネックになるのではないかと思うんです。

消極的な理由です。

ただ、それでも「時間を捻出する」ための転職活動も必要なのかもしれません。年齢的にはもうギリギリなんじゃないかな、と。

人生には、悩みがつきものです。

だから、おもしろい。

行動していこう。

ではでは。

参考  通勤時間が長いってほんと無駄。この無駄を有意義にしないと人生消耗するだけ。

公式 リクルートエージェント

公式 DODA(デューダ)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly