共働き家事の分担はどうしてる?喧嘩をしながらでも決めていくとうまくまわる。

By: Shawn Rossi

夫婦共働きの家庭では家事負担はどうされていますか。

昔、NHKのサラメシという番組で、夫が料理をしないから離婚したみたいな話を聞いて、それくらい家事の負担って大事なのかなって思いました。

我が家も夫婦共働き。

家事負担については、最初揉めました。というより、よく怒られました。なんせ結婚するまで一人暮らしの経験もなかった私と18歳から一人暮らしをしている妻では、家事の経験値が圧倒的に違う。勝てっこないわけですね。 これから共働きで結婚される方も、円満な夫婦生活を送るためには家事負担は重要ですぞ。

By: Shawn Rossi

スポンサーリンク

共働きでも家事は妻の負担が多い

夫の家事について、不満のある妻は4割もいるようです。毎日新聞のニュースで見たんですが、これを見たときには、意外に低いなぁというのが印象。

だって、6割の人が満足しているわけですからね。 共働き夫婦の場合、家事負担って結構揉めるのかなぁという印象です。

やっぱり、比重としては妻のほうが大きいという家庭も多いように思います。

夫は外で働き、妻は家庭を守るべき

内閣府の統計調査があるんですが、びっくりなことに「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という考えの方が男女ともに3割以上もいるようですね。

家事負担

この統計は、夫婦共働きとは直接関係はないですが、それでも「妻が家事をする」という意識は根強いんだなぁという印象を持って紹介しました。

共働きの家事は50:50が理想

私は専業主婦家庭で生まれ育ちましたので、父が家事をしている姿は今まで一度も見たことがありません。ご飯作ったことも、ゴミ捨てをしたことも、洗濯をしている姿を見たこともありません。

時代が時代なので、それを否定するつもりはありませんが、そんな環境で生まれ育った私の心の中に「家事は妻がする」という意識があったことは否めません。 一方で妻は共働き家庭で育っているので、「家事は妻」という感覚がありません。

二人とも働いているんだから、家事は両方して当たり前でしょ。 共働き夫婦の家事負担は50:50が理想かなと思います。

お互い働いているわけですし、どちらか一方に偏りすぎるとその分、負担が増えたほうは自分の時間を削られるわけですからね。

家事負担はやりながら喧嘩しながら決めちゃえばいい

我が家も結婚当初は喧嘩をよくしていた記憶があります。家事についても。 大事なことは、家事分担をきっちりは決めないこと。

でも、やんわりは決めておくこと。

久しぶりに夫婦喧嘩をしました。いつ以来だろう。 お金のことで夫婦喧嘩をする。 これってどの家庭でもあることだと思いますが、できるだけお金のことでは揉めたくありません。 でも、我...

きっちり決めると失敗する

きっちり決めるとそれ以外はやらなくなることと、決められた範囲の家事を相手がしないと腹が立ったりするんですよね。なんでやらないの!って。

だから、我が家ではきっちり決めていません。 大体の分担はこんな感じです。

  • 掃除
  • 食器後片付け
  • 食事の準備
  • 洗濯物を取り入れ
  • 洗濯物を干す
  • 保育園の送り迎え
  • お弁当
  • 夕飯
  • ゴミ出し
  • 食器後片付け
  • 洗濯物を干す
  • お風呂掃除

といった感じでしょうか。

文句はつけないこと

家事をするのに大事だなぁと思うことは、ケチをつけないことです。せっかくやっていることに対して、文句言われるとやる気が急激に落ちます。

私の場合は、洗濯物を干し方で結構言われましたが、今では乾きやすい干し方はできるようになりました。振り返れば今はそれでいいんですが、やり始めの時はやる気をなくしたことを覚えています。

これから家事分担はこうしようね!って決めても、相手がやることにケチをつけちゃだめですよ。相手がしてくれたことを認めたうえで、改善方法を教えてあげるのがいいです。

家事は面倒くさいもの。それでもやらなきゃいけないことなので、お互い気持ちよくやれるようにするとうまくいきますよね。

時短アイテムは使おう

本音のところはきちんとやりたいという理想があると思うんですが、手を抜くところは抜くべきだと思っています。

もうね、忙しい毎日なので完璧なんてできませんし、完璧なんて求めらていません。

時短アイテムがあればそれを有効活用すべき。 我が家の場合は、食洗器をめちゃくちゃ利用しています。これは本当に助かりますよね。

食洗器は、人の手で洗わないですむので、洗剤が強いこと、高温の水で洗うため、洗浄力は手で洗うより断然高いわけです。食洗器は信用ならん!と言って使っていないという同僚もいましたが、実は食洗器のほうが汚れは良く落ちるんですよね。

しかも、手荒れしないし、楽ちん。 また、ルンバなどの自動掃除機も便利です。

ちょっとした埃とか取ってくれるのでこれはこれで便利ですわ。 ルンバも食洗器も、夫婦の時間を作ってくれるアイテムです。

これは助かりますよ。

忙しい毎日、少しでも時間が惜しいですからね。

手抜きが長続きする

家事分担で大切なことは、手抜きをしっかりすること。 変な日本語ですが、手抜きはめちゃくちゃ大事です。

お弁当担当の私は、例えば、作りたくないときもあるわけですよ。あー面倒くさいって。そういうときは、冷凍食品を使ったり、ときには、明日は弁当なしね!というときもあります。 毎日、完璧にこなさなくてもいいんです。

毎日、完璧にこなさなくても、夫婦でちゃんと家事はしていくべき。どちらか一方に任せっきりは心の疲労につながっちゃいます。

気持ちよく毎日を過ごすためにも、お互い家事をすることが大切だと思う今日この頃。 ということで、まだ1歳の息子ですが、家事はできるように教えるつもりですw

では。