家計簿をつける理由は?1000万円貯めたけど、我が家の考え方は参考にならないかも。

家計簿

みなさん、家計簿をつけられていますでしょうか。

毎月、給料が入ると自前のExcel家計簿にせっせと数字を打ち込んでいます。普段は、Zaimやマネーフォワードといったオンライン家計簿を利用していて、そちらのデータを見ながら、家計簿に入力しているわけです。

我が家の家計簿は、結構、いや、控えめに言ってもざっくり過ぎる家計簿なので、正直ほかの方にはまったく役に立ちません。

夫婦共働きで、双方が支出をするので、ルールを決めても(レシート提出してとか)全く守られないので、ルールもほぼありません(ルールが守られずに口酸っぱく言うと、待っているのは気まずい雰囲気かケンカなので、ルールは設けないことにしました。くやしっ!)。

そんな我が家ですが、かれこれ10年近く家計簿をつけてきて、貯金は1000万円をゆうに超え、なんだかんだでお金は少しずつ増えています。

ということで、長年家計簿をつけてきて学んだことをまとめてみます。

スポンサーリンク

長年家計簿をつけてきて学んだこと

家計簿

細かいお金はまったく気にしない

細かいお金の支出は、まずもってまったく気にしていません。ジュースを1週間で何回買ったとか、正直把握できていません。

電子マネー「iD」が搭載されているdカードを使っているので、明細を見ればわかりますが。

私の同僚には、10円単位で家計簿を完璧なまでに作り、いかなる不明な支出も許さず、夫婦の支出ルールも明確。旦那が負担すべきお金は、きっちりと旦那に請求するそうです。その緻密な家計運営には頭が下がりますが、

疲れない?

ねぇ?疲れない?

と、心の中で思っていますが、勇気が出ずにまだ同僚には聞けていません。

悪いことではないですけどね。

1円単位で支出管理は不要だけど案外できる

1円単位で支出を管理する必要性も(かなり)薄いですが、現金払いを除けば、すべてクレジットカードを利用しているので、結果的にできています。

クレジットカードに抵抗を感じる人もいると思いますが、クレジットカードに支出をまとめていくと、明細が勝手に家計簿を作ってくれるので、とても楽ちんです。

あとは、クレジットカード請求代金の引き落し専用の銀行口座を作っておけば、そこにお金を入れるだけです。

家計簿づくりに時間をかけない

家計簿に1時間もかけてたときがありました。

すごーく疲れます。

家計簿をつけるのが嫌になっちゃうんです。

あれ?家計簿をつける意味ってなんなの?

それを考えるようになりました。

お金を正確に記録することだけなの?

それも大事だよな・・でも、それに固執しすぎて面倒くさくなって、結局、家計簿をつけなくなったら意味ないな。

家計簿をつけるのに、たいして時間をかけないようにしています。

給料が入ると、我が家はクレカの利用状況を確認するだけ。実にシンプルです。クレカの利用明細には、『いつ』『何に』『いくら』使ったのが明記されているので、反省もしやすいですね。

結局、先月より残高が増えているかが大事

給料が入ると、その月の予算を組み、予算の範囲内で生活をしようとします。でも、人生は予期せぬことが多々起こるので、予算通りに行くとは限りません。

そんななかでも、結局のところ、先月よりも資産残高が増えていればオッケーです。

むしろ、それ以上ないんじゃないかと思う。

お金が減っていると、

なぜ減っているのか?

を考えるきっかけとなります。

無駄遣いをしたためなのか、急な冠婚葬祭があったからなのか、株価の下落だったのか、など原因は必ず分かります。

そのためには、家計簿をつけておくことが大事ですが、支出を後で分かるようにしておくことが大事です。

『レシートを残す』、あるいは、『クレジットカードや電子マネーで支出の記録を残す』が大事ですね。

大事なことは続けること

家計簿ノート-min

家計簿を記録するメリットは、自分たちの支出行動を把握することができる点です。

家計簿診断の記事などを見かけることがたびたびありますが、例外なく、『何に』『いくら』使っているかがまとめられていますね。

1円単位で支出を管理するよりも、ざっくりとでいいので、『いくら使っているのかを把握』しておくと、対応しやすいってことです。

そのざっくりでもいいので、家計簿を続けていくことが、自分たちのお金の動きを知ることができます。

この自分たちのお金の動きを読みながら、いかにしてお金を増やしていけるかを考えて、行動していくことが大事ですね。

続けることで、未来を作る土台になります。

そして、住宅ローンを組むなどの際には、具体的に自分たちのシミュレーションを実行することができますからね。

Pickup! 年収500万円でも年間200万円貯めた経験から学んだこと

学んだこと

我が家が家計簿を続けていくことで学んだことは、

  • 自分たちの支出の流れを知ること
  • 1円単位で支出管理をしなくてもいい
  • 家計簿は続けるのが大事。面倒くさいことはしない。
  • お金が減っているときには、『なぜ?』を考える

家計簿をつけるメリットはたくさんありますが、お金を増やしていくには、「まずは現状分析」が大事です。現状分析の基礎となるのが、家計簿ってことですね。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しく読まさせて頂いております。
    素朴な疑問なのですが、オンライン家計簿を利用されて頂いて、その上でエクセル家計簿をつけられているようですが、これはどうしてですか?なにかメリットがあったりするのであればやってみようと思います。

    • ジン より:

      いつもお読みいただき、また、コメントをいただきありがとうございます。
      Excelでも管理している理由は2点あります。
      ひとつは、オンライン家計簿が出る前はExcelでしていたこともあって、過去との比較ができることです。
      マネーフォワードは無料会員だと1年しか見れませんので。月別収支、資産把握の記録に利用しています。
      もうひとつは、Excelで数字を打ち込むことで頭に入ることですかね。オンライン家計簿を見ているだけだと、
      実感が湧かなかったりするので(私だけかと思いますが)。
      そのような理由で、Excelで家計簿管理をしています。
      参考になるような意見でなくてすいません。

  2. クロン より:

    こんにちは。いつも参考にさせていただいてます。
    うちも共働きで、家計は妻の私が管理して、主人はめんどくさい派です。
    昨日、ちょうど使途不明金でケンカしてしまいました。
    うちは生活費は共同財布にいれ、現金管理で、家計簿手書きしてるんですが、主人が使うと、かならず残高が合わずに、毎回何に使ったか聞かないといけないのが面倒で、分かるように記入して、残高合わせといてとお願いしてるんですが、やってくれません。
    自分が使った分だけだと、5分もかからないと思うんですが、面倒なんですかね〜?

    ちなみに資産管理は、マネーフォワードで、エクセルにも転記してます。マネーフォワード便利すぎますね!

    • ジン より:

      クロン様

      ありがとうございます。
      分かります!家計に対する温度差があると、家計管理をしているほうがやきもきしますよね。
      マネーフォワードは便利ですが、うちもなかなかルールを決めても守られないんですよね。

      ジン