ボーネルンドあそびのせかい「キドキド」で目いっぱい子どもを楽しませよう!

親バカなこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キドキドってご存知ですか。

平日は子どもと遊べないので、週末は子どもと遊ぶ時間!

そこで前々から気になっていたキドキドに遊びに行ってきました。

面白いし、子どもを目いっぱい遊ばせるにはいいところですよ。

スポンサーリンク

キドキド(ボーネルンドあそびのせかい)とは?

キドキド HP

キドキドは、簡単に言うと室内の子供たちの遊び場です。

家で遊ばせるにも、音が気になったりして思いっきり遊ばせることができなかったりましよね。そんなときに、キドキドに行くと、はしゃぐ、飛び跳ねる、走る、いろんな遊び道具もあるので、目いっぱい遊ばせることができます。

もちろん、キャーキャーワーワー大声を出してもオッケー。

遊んで健やかに育つ

そんなコンセプトのもと、全国21か所で展開されています。

遊び道具がいっぱい

キドキド3-min

キドキドはどちらかというと歩き出す年齢くらいの子が多いかもしれませんが、わが子のようにハイハイやつかまり立ちをする子も遊べるようになっています。

6か月~18か月の子は、ゾーンの分かれていました。行ったときは、うちくらいしかいませんでしたが・・・。2歳以上の子は休日ということもあって、たくさんいました。もう走り回っているので、すごく楽しそう。うちの子はハイハイでしか行動できないので、蹴飛ばされるのが恐くて6か月~18か月ゾーンで遊んでいました。

キドキド-min

キドキドでハイハイを全力で

キドキドは、思いっきり遊んでもらうことで人の動きを幼少期に体験してもらおうということをコンセプトにしています。幼少期にできるだけ体を動かすことが、一生涯その人の動きに影響するんですって。

そういえば、ハイハイをたくさんする子は野球したときに肩が強いとか聞いたことがあるような・・・。

家ではできない動きをするのはいいことだと思います。

わが子もこれでもかっ!って言うくらいハイハイを全力でしていました。こんなに長い距離をハイハイすることは家ではありえませんからね。

キドキド2-min

ボールプールにも入って、なんとか抜け出そうとするわが子はとっても面白かったです。普段しない行動なので、いい運動になったと思います。

広い場所で遊ぶのって大切。

キドキドの利用料金

無料ではないです。最初の30分をお金払って、あとは出るときに30分を超えていたらその分を払うという仕組みです。

子どもは600円(30分)おとなは500円(30分)となっています。

キドキド  利用料金

 

会員になると子どもの料金が100円引きになります(最初の30分500円に)。会員カード発行に100円必要ですが、今後も行きそうだったので、作りました。

キドキド5-min

 

90分以上利用するときは、1日フリーパス券が1,700円があります(こっちのほうがお得)。おとな1名、こども1名のお値段。

今回、我が家は子ども500円+延長400円、大人500円に会員カード代100円で、1,500円でした。1時間ちょっといましたので、子どもも遊び疲れてそのあとは良く寝ていました。

お誕生日月に利用すると(要証明書、母子手帳とか)、次回子どもの30分が無料になるサービス券をもらうことができます。

キドキド4-min

 

発行してもらってから2か月以内の利用なので、また、行ってこようと思います。

授乳室もあります

お店にもよるかもしれませんが、授乳室もありました。利用している人は多かったように思います。

オムツも替えれます

もちろん、おむつを替える場所もありました。

スポンサーリンク

ママに休息を

毎日、子育てをしているとほっとする時間ってなかなか取れません。

特にママはずっと子どもといると自分の時間すら取れないこともあります。いや、そのほうが多いかもしれません。

おひとりタイム。

これを作ってあげることが、夫婦で子育てをしていくには欠かせないことだと思います。

心の余裕がないと何事にもイライラしたり、子どもがかわいくない!って思ってしまうこともあるかもしれません。

まずは親が自分たちの心の休める時間を30分でも1時間でもいいから持つこと。

これって何気に大事なことなんだと思います。

うぎゃあああああってなる前に、ちょっとお茶でも飲んで来なよ、美容院でも行って来たら?って声をかけてあげることは大切なことなんだと思います。

自分たちが楽しめば、子どもも楽しい!

育児は成長の日々ですね。

ちなみに今回行ったキドキドの由来は、ドキドキから来ているようです(反対にしている)。

でわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
親バカなこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント