熊本で大地震。寄付はすぐにできる支援。金額は関係ない。少額でもまず行動を。

九州・熊本でマグニチュード7.3の大地震が起きました。そのあとも余震が続いています。

気象庁によると、M6クラスの直下型地震が起きた後に、その規模を上回る本震が起きるのは1885年以降では初めてのようです。震源域も熊本、阿蘇、大分と広がっており、前例がない規模で地震活動が活発になっています。

とりあえず、今できることは、寄付をすることだと思いました。被災された方のことを思うと、ただただ余震がはやく止まってほしいこと、一刻も早く普通の生活に戻れることを祈るばかりです。

被災地に必要なのは、物資とお金です。

 寄付は今すぐできる支援

Yahoo!天気・災害を見ると、今回の地震状況は次の通りです。14日の大きな地震のあとに、さらに大きな地震があったのがあまりにも驚きです。誰もが14日で大きな地震は終わったと思っていた矢先のこと。

【発生事象】
■前震(14日21:26頃発生)
発生時間 :2016年4月14日(木)21:26頃
震源地  :熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.8度)
震源の深さ:11km
地震の規模:M6.5(当初6.4)

[震度4以上が観測された地域]
震度7:熊本県熊本
震度5弱:熊本県阿蘇、熊本県天草・芦北、宮崎県北部山沿い
震度4:山口県西部、福岡県福岡、福岡県北九州、福岡県筑後、佐賀県北部、佐賀県南部、長崎県南西部、長崎県島原半島、熊本県球磨、大分県中部、大分県南部、大分県西部、宮崎県北部平野部、宮崎県南部山沿い、鹿児島県薩摩

Yahoo!基金

Yahoo!基金 熊本

Yahoo!基金を利用すれば、100円からクレジットカードでもTポイントでも寄付することができます。金額は関係ありません。少額だからと気にする必要はありません。100円でも集まれば大きなお金になります。

被災地に必要なのは、被災された方の支援のための、そして、これからの復興のためにもお金が必要です。

私も自分の家計の中でできる範囲でさせていただきました。

熊本 寄付

繰り返しになりますが、金額は関係ないと思います。ホントに。

➡ 【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金

ふるさと納税という方法

寄付もふるさと納税という方法を利用することができます。

ふるさと納税をすれば、翌年の住民税が自己負担2,000円を除いて控除されます。寄付金証明書も出ます。

あなたの年収によってできる上限額は変わってきます。

地震が観測された市町村は次の通りです。

[震度5弱以上が観測された市町村]
震度7:
<熊本県>益城町
震度6弱:
<熊本県>玉名市、西原村、宇城市、熊本市東区、熊本市西区、熊本市南区
震度5強:
<熊本県>菊池市、宇土市、大津町、菊陽町、御船町、美里町、山都町、氷川町、合志市、熊本市中央区、熊本市北区
震度5弱:
<熊本県>高森町、阿蘇市、南阿蘇村、八代市、長洲町、甲佐町、和水町、上天草市、天草市
<宮崎県>椎葉村

Yahoo!天気・災害

ふるさと納税に対応していない自治体もあるかもしれませんが、ふるさと納税なら寄付もしやすいかもしれません。

共働き夫婦であれば、中学生以下の子どもまたは子どもがいないご家庭で、

年収300万円 31,000円

年収400万円 46,000円

年収500万円 67,000円

年収700万円 118,000円

が、ふるさと納税をして税金が安くなる上限の目安です。

最近、ドラマ「半沢直樹」の小説を読み返して、ハマっているジンです(古いですね)。タイトルの「倍返しだ!」は使ってみたかっただけです。はい、すいません。 ところで、 ふるさと納税...

ワンストップ特例を利用すれば、確定申告をせずに税金の控除を受けることができます。

ふるさと納税をすると、お礼のお品をもらえますが、今回は辞退するのがいいのではないでしょうか。返戻品を辞退すれば、寄附金額すべて自治体が使えます。返戻品をすればその分のコストと手間という負担が発生しますしね。

ふるさと納税は、ふるさとチョイスなどのサイトから利用すると便利です。

熊本 ふるさと納税

私は熊本県を選択しました。

熊本県を選択すると、被害の大きい熊本県内の市町村を選ぶことができました。

熊本 ふるさと納税2

特産品は辞退したいと思います。

熊本 ふるさと納税3

ふるさと納税をした際の住民税は還付ではなく、控除です。

3問診断はパソコンのみご利用いただけます。スマホでも出てきますが、ご利用いただけません。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。 昨年、我が家は初めてふるさと納税...

クラウドファンディング

熊本 被災支援

寄付やふるさと納税以外に自治体クラウドファンディングという方法もあるようです。コメントで教えていただきました。

ふるさと納税だと事務負担を与えてしまうのでは・・・と、私も思っていたのですが、そう思う方はこの方法での寄付もいいですね。

➡ http://www.furusato-tax.jp/gcf/81

ひとりひとりの力が必要です

寄付はだれにでもできる支援だと思います。避難所での生活、被災された自宅、まちの復旧などこれからの生活が大変なことは容易に想像できます。

少しでも支援できればと思います。

そんなときに残念なニュースも見ました。

被災された家に空き巣が入るニュースには、あまりにも心が痛い。世の中、くそ以下の人間がいるんだと思った。ただただ怒りを感じる。何やってんだよ。

テレビを見るたびに、余震のニュースが相次いでいます。地震はいつどこで起きても不思議ではありません。

熊本への支援と防災への取り組み。

防災備品を各家庭でそろえておくことが、減災にもつながります。我が家も少しずつ揃えていきたいと思います。

日本は地震大国。いつ、このさき大きな地震が起きるかわかりません。首都圏では今後30年で70%の確率で大地震が起きると想定されています。地震が起こった時のことを家庭で想定しておくこと...

一日も早い復興を願います。そして、一日でも早く通常の毎日を迎えることができる日が来ることを心より願います。

では。

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. テツ より:

    ふるさと納税ですが、自分はこちらの自治体(ガバメントクラウドファンディング)に寄付しました!

    http://www.furusato-tax.jp/gcf/81

    何となく、今被災の真っただ中でてんやわんやしている所より、外部から支援に向かう団体の方が、受け取ったお金の処理の手続きも落ち着いてできるのではないか、と思いまして。

    他には茨城県も、熊本地震への寄付の窓口になっていたりするみたいです。ご承知でしたらすみません。

    • ジン より:

      テツ様
      おおお、自治体(ガバメントクラウドファンディング)ってあるんですね。
      実は私もふるさと納税は余計な事務を増やすのではないかな・・・と、寄付するのをためらっていました。(ってもうしちゃいましたが)。
      茨城県もされていましたね。
      この方法はよいので、記事で紹介させてもらいます。
      ありがとうございます。