フラット35の隠れたメリット。賃貸に出す場合も利用できる住宅ローン

スポンサーリンク
統計 フラット35 住宅ローン

住宅ローン選びで迷う金利の種類。みずほ銀行が住宅ローンから撤退するなど、低金利の環境で銀行も根を上げはじめました。

要は、「今の住宅ローン金利では手間の割に儲からないからもうしない」というわけです。

金利が上がれば、銀行の本業である利ザヤを得ることができますが、いまはそうではない(効果が小さい)ということですね。

逆を言えば、住宅ローンを借りる私たちにとっては「金利面でかなり有利な状況である」と言えます。

金利は低いうちに、固定しておく。

これが理想的です。

住宅金融支援機構が提供しているフラット35は、借入期間中ずっと金利が上がらない住宅ローンですので、一考に値します。

フラット35では、 ARUHI住信SBIネット銀行の人気が高いですが、隠れたメリットも含めて検討してみてください。

スポンサーリンク

フラット35の隠れたメリット

統計 フラット35 住宅ローン

住宅ローンを借りるときには、「居住」が要件となっています。

自宅を住居として使用することが必須なんですよね。

もし、マイホームを買ったあとに転勤などで済むことができなくなった場合、「賃貸」に出すという選択肢があります。

民間の住宅ローンを利用している場合は、『あらかじめ銀行の承諾』を得る必要があるわけです。

一方でフラット35は違います。

賃貸として出すことも認められています。これは住宅ローンで唯一です。

住宅金融支援機構のホームページにも、明記されていますね。

○住宅ローン等の条件変更に関する取組方針の公表及び取組体制の強化

○事業系融資(賃貸住宅融資、まちづくり融資等)における返済が困難となったお客さまへの対応の拡充

○住宅ローンにおける融資住宅からの一時的な転居に関する承認手続の廃止(融資住宅を所得が回復するまでの間賃貸し、その家賃収入により返済を継続することも可)

引用:住宅金融支援機構 金融円滑化への取組について

太字・赤下線は筆者追記

転勤族にはありがたいですね。住めなくなった場合に、「売る」以外に「賃貸」に出すという選択肢も取れるわけです。

私の友人も転勤族でマイホームを購入していましたが、選択肢があることもメリットに感じているようでフラット35を利用していました。

賃貸に出す場合のデメリット

フラット35を利用していると、「賃貸に出す」というメリットを享受できるわけですが、デメリットもあります。


○住宅ローン控除が受けられなくなる

○新たにマイホームを購入する場合は、フラット35を受けられない(セカンドハウスローンになる)


住宅ローン控除が終わっている場合は、このデメリットはなくなります。

フラット35は紹介されにくい

フラット35は、全期間金利が変わらないという稀有な存在です。

変動金利よりは金利は高いとはいえ、フラット35との金利差を安心料として捉えれば、そこまで大きな差とは言えないでしょう。

フラット35には、「フラット35とは?金利優遇パターン別シミュ―レーション(まとめ)」にあるように、一定期間の金利優遇制度があります。

フラット35 金利優遇

フラット35Sは、フラット35利用者の7~8割は利用しているようなので、それほどハードルは高くありません。


○フラット35S ▲0.25%(5年又は10年)

○フラット35リノベ ▲0.6(5年又は10年)

○フラット35子育て支援型 ▲0.25%(5年)


フラット35を取り扱う最大手の ARUHI では、頭金2割だと金利を0.1%優遇する独自の制度を設けていますので、こうしたサービスも利用すると更に金利を下げれるわけです。

儲からないフラット35

利用者の私たちにとってメリットの多いフラット35ですが、紹介されることは少ないです。

自分で見つけてくる必要があります。

我が家もマンションを購入する際には、民間変動金利ローンをたくさん紹介してくれましたが、フラット35の紹介はありませんでした。

理由があります。

民間住宅ローンを利用してもらうと、『利息』という収入があるわけです。

一方、フラット35の場合は、『利息』収入はありません。住宅金融支援機構に入るわけです。

フラット35を販売する銀行には、住宅金融支援機構から管理費用(契約者とのやり取り、繰上返済対応など)を受け取るわけですが、利息収入より安いわけです。

このため、フラット35を紹介するくらいなら自分たちの住宅ローンを紹介するほうがいいわけですね。

低金利のときにはフラット35を選択肢に

170301フラット35金利2

金利が高い場合には、わざわざ金利を固定する必要はありません。

しかし、金利が低い場合には、固定金利は「将来の金利上昇を借りた時点で排除」することができるので、大きなメリットです。

金利上昇がいつ、どのように来るかはわかりませんが、今の低金利では銀行が住宅ローンで儲けるのは難しくなってきています。

みずほ銀行などは住宅ローンから撤退を表明しています。

いざ、金利が上がってきたときには、変動金利であれば銀行は「金利を上げる」という手段を使ってくるでしょう。

借りている期間中に、金利が上がらない可能性もあります。しかし、30年、35年という長い期間借りる住宅ローンですから、その間ずっと今の低金利が続くと考えるほうが難しいように思います。

フラット35は、なかなか紹介されにくいですが、隠れたメリット(賃貸に出すことができる)もあり、金利優遇制度もあります。

まずは、フラット35を見てみるのも良さそうです。

フラット35の事前審査はwebから審査で手数料が半額になる ARUHI をまずは受けておきましょう。

≫ ARUHIで事前審査を受けてみる

住信SBIネット銀行も返済口座に指定すると、融資手数料が半額となります。

≫ 住信SBIネット銀行で今すぐ事前審査をしてみる

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly