LINE上場、初値48%上昇!時価総額は1兆円!買おうと思ったけどやめた理由

LINE新規上場 IPO
スポンサーリンク

無料通話アプリを提供するLINEが日米に上場しましたね!

日本では東証1部に上場し、公開価格3,300円に対して、初値は4,900円公募価格を48.4%を上回って上場しました。初値での時価総額は、なんと1兆円!!

今年、最大の新規公開株(IPO)案件となりました。一時は、5,000円まで上昇しました。

私自身は、こちらの記事でも書いたように、LINEの申し込みはせずに、ただ見守るだけでした。思った以上に人気があり、また、このところの円安や日経平均株価の上昇も追い風となってくれたようですね。

当選された方はおめでとうございます。さて、私は途中でセカンダリーに参戦しようと思っていたんですが、やめました。

スポンサーリンク

LINEの上場、熱狂に加わらず

LINEの株価の予想をしていたというよりも、取引前の買い注文の状況を見て、このくらいに下がるんじゃないかなぁと予想していました。

LINEの初値は爆上げ!

公募価格 3,300円

初値価格 4,900円

上昇率  48.4%

(参考・アメリカ・ニューヨーク証券取引所)

公募価格 32.84ドル

初値価格 42ドル

上昇率 約28%

初値は爆上げしたわけですが、おそらく買いは続かず、下げるだろうなぁと思っていたんです。

その株価は、4,400円。

そのあと、反発するだろうとちょっとだけ稼ごうかなって思ったんです。

でも、よくよく考えるとそれは投資ではなく、投機というやつですね。いわゆるマネーゲームです。

冷静になったお昼休みに「投資しないと決めた企業に、ちょっと稼ぎたいという欲求で買ってはいけない」と思い返し、買い注文をキャンセルしました。

LINE 上場

結局、終値は4,345円と大体予想通りくらいに落ち着きましたね。週明けは上げるかもしれませんが、やっぱり投資したいと思える企業ではありません。

これから見ることもないでしょう。

PERもPBRも割高

終値ベースで見ると、

  • 株価収益率(PER) 233倍
  • 株価純資産倍率(PBR) 42倍

決して割安な水準ではなく、ものすごく割高です。

業績の伸びは鈍化していますし、利用者数も伸び悩んでいますね。

LINE2億人

Facebookなどグローバルで見ると、競合相手も多く、また、その競合相手はかなりの巨人です。LINEが割って入っていくには、相当なハードルを乗り越えないといけないでしょうね。

  • LINE 2億1,840万人
  • Twitter 3億2,000万人
  • Facebook 15億9,000万人
  • Instagram 4億人

日経ヴェリタスにもこんな記事がありました。

事前には成長の限界を不安視する向きも多かった。10億人を超える米フェイスブック系など競合アプリに比べて規模が小さいにもかかわらず、直近四半期の利用者数増加率は1%台にとどまる。

はやばやと失速したのがLINE関連銘柄です。LINE上場当日の騰落率では、

  • GMOテック ▲11.1%
  • メディアドゥ ▲10.0%
  • エムアップ ▲9.1%
  • ネオス ▲14.9%

など。LINEの成長戦略が明確に打ち出されないと、LINE自体も厳しいのかもしれません。

スポンサーリンク

欲望で投資をしない

ちょっとだけ稼ぎたい。。

たまに株価を見ていると、そんな気持ちに乗せられて投資をしようとしちゃうときがあります。今回のように買い注文まで出すのはほとんどありませんが、

なんとなく買い注文を出してしまった自分が情けない。

こうした行動がきっとお金を減らしてしまう行為なんだと思う。そうしたことをしないように、群集心理に負けないようにしないといけない。

ここでバフェットの言葉を残しておきましょう。

一生のうちに必要となるのは、ほんの数度の正しい行為である。

山ほどのまちがった行為を連発しないかぎりにおいては。

ホントに大事な判断というのは、何回もできるものではなく、ほんの何度かなんだと思います。大きなミスを連発さえしなければ、財産を築いていける。

そう、バフェットは教えてくれています。

判断ミスは誰でもありますが、それは正しいプロセスを踏んだミスであれば次に活かせます。

ちょっと儲かるかもしれないという気持ちが先行した投資でうまくいくことはほとんどありません。”投機”ではなく”投資”を続ければ、ちょっとずつお金は増えていくんですね。

今日は、LINE上場と任天堂の話題で持ち切りでしたね。株式市場でも歴史的な1日となりました。備忘録として残しておきます。

ではでは。

IPO
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント