LINEの新規上場報道!当選すれば利益期待ですね。でも本当に上場するの?

LINE IPO
スポンサーリンク

無料対話アプリを提供しているLINEが7月にも新規上場する見通しとなった、と各紙が報道しています。時価総額は約6,000億円と2016年最大規模になる公算が大きいようです。

IPOに当選すれば、大きなリターンは見込めそうです。しかし、現在のところ、情報が錯そうしていますので、あまり期待しないほうがいいかもしれませんね。

Twitter、Facebookなどとも業績比較をしてみました。LINEはアジア圏が強いです。今後の成長シナリオも確認したいところですね。

スポンサーリンク

LINEの利用者数は伸び悩んでいる

LINEアプリ

出典 LINE HPより

2016年3月のLINE月間利用者数は約2億1,840万人と、日本では圧倒的な利用者数を誇るLINE。四半期ごとで見ると、利用者数は伸び悩んでいるようです。

他のサービスとざっくり比べると、

  • LINE 2億1,840万人
  • Twitter 3億2,000万人
  • Facebook 15億9,000万人
  • Instagram 4億人

となっていますので、LINEの伸び余地はあるという見方もできます。LINEは、特にアジア圏での利用が多いみたいですね。

私も今ではLINEを使うほうが多くなりましたが、LINEはその対話アプリで利用するスタンプの売上やLINEゲームでの収益、そのほかはブログで言えばライブドアブログを運営しています。

私自身は、LINEを使うのにあたって1円も使ったことがないので、どうやって収益を上げているんだろう?と疑問に思っていましたが、いろんなところで課金する仕組みを設けているんですね。

ちなみに、LINEの売上は2015年は約1,200億円程度です。四半期ベースで行くと、300億円程度ですね。ゲームなどの課金が好調のようです。

こちらも他と比べると、

  • LINE 売上高 約1,200億円
  • Twitter 売上高 約2,200億円
  • Facebook 売上高 約6,000億円
  • Instagram 売上高 約1,800億円

TwitterとFacebookはアメリカで上場していますので、すぐにわかりますね。1ドル100円として計算しています。Instagramは2016年の予想。Facebookが親会社ですが、Facebookは優良な事業を持っていますね。

こうしてみると、王者はFacebook、安定性も含めれば最強です。Twitterは赤字続きでボロボロですしね。

スポンサーリンク

LINEの関連銘柄

2014年はLINEが上場すっぞーーー!!って報道されたときには、取引先など関連銘柄がどんどん上がっていました。今回の報道では2014年のようなバブル上げはなかったですね。

ちなみに関連銘柄は、日経新聞の報道によると、

銘柄LINEとの事業関連
アドウェイズ広告業務をLINEから受託
メディアドゥ電子書籍を配信
ネオススタンプを提供
エムアップスタンプを提供
メディアSスタンプを提供
DLEスタンプを提供
メディア工房占いコンテンツを提供
グリーゲーム事業で協力
イマジニアゲームを提供
ボルテージゲームを提供

ちなみに2014年、アドウェイズは上がりに上がっていたのを記憶しています。今回も発表後は前日比7.7%上昇で一覧表の中では、一番高い上昇率でした。

スポンサーリンク

LINEの新規上場情報

LINEの上場話はこれまでも出てきては消え、を繰り返しています。2014年、15年と立て続けてに「上場する!」と報道がありながらも、結局は親会社であるネイバー(韓国)との意見の食い違いによって、ポシャっています。

また、さらに今回の上場報道についても、会社からは一切報道されておらず、また、「確定的な情報ではない」ということも言われています。

2014年上場時には時価総額1兆円とも言われていましたが、今回の上場では時価総額6,000億円となっていますので、約4,000億円が失われた格好ですね。

それにしても、今回も上場報道は、各社の先走りの可能性もあるため、期待しているとがっくりきそうです。

ポイント【追記】新規上場が決定!

東証が承認しました。

7月15日に新規上場が決定です!

ブックビルディング期間:6月28日~7月8日

新規上場株を手に入れるには、証券口座の開設が必要となるので、いまのうち口座を持っていない人は、開設しておくといいですね。どの証券会社がLINEの新規上場を取り扱うかは今のところ不明ですが、岡三オンライン証券カブドットコム証券、SBI証券など主要なところは開設しておくといいでしょう。

新規上場(IPO)は、「数打てば当たる」という方法しかないですからね。

では、また。

あわせて読んでみる ⇒   営業利益率30%のコメダ珈琲の新規上場が決定!収益率は外食業界最強!

あわせて読んでみる ⇒   LINEが新規上場決定!LINEは赤字会社だったんですね。さて申し込む?

IPO
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント